ニッサン 2022スーパーGT第1戦岡山 レースレポート – autosport web

ニッサン 2022スーパーGT第1戦岡山 レースレポート – autosport web

ニッサン 2022スーパーGT第1戦岡山 レースレポート 2022スーパーGT第1戦岡山 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ)【805990】.

2022スーパーGT第1戦岡山 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ) | ニッサン 2022スーパーGT第1戦岡山 レースレポートの画像・写真(1) | autosport web

日産アリアとニッサンパビリオン、独iFデザインアワードを受賞 – Carview

日産自動車は、『日産アリア』と『ニッサンパビリオン』がドイツの「iFデザインアワード」を受賞したと発表した。iFデザインアワードは1954年に創設されて …

日産アリアとニッサンパビリオン、独iFデザインアワードを受賞(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
日産自動車は、『日産アリア』と『ニッサンパビリオン』がドイツの「iFデザインアワード」を受賞したと発表した。iFデザインアワードは1954年に創設されて以来、世界で最も権威のあるデザイン賞の一つ。今回は132名のデザイン専門家による審査員が...

日産 リーフ が新デザインに、米国仕様…ニューヨークモーターショー2022

NissanConnect」と「Nissan Door to Door Navigation」がオプションで選択できる。また、「NissanConnect EV」とテレマティクスサービスにより、遠隔操作で車両 …

日産 リーフ が新デザインに、米国仕様…ニューヨークモーターショー2022 | レスポンス(Response.jp)
◆フロントグリルや空力パーツが新形状に ◆バッテリー容量の異なる2グレードを設定 ◆最新「プロパイロット」を採用 ◆急速充電は40~45分でバッテリー容量の8割を充電

日産 パスファインダー 新型にオフロード仕様…ニューヨークモーターショー2022

日産自動車の米国部門は4月13日、ニューヨークモーターショー2022において、新型『パスファインダー』(Nissan Pathfinder)のオフロード仕様「ロック …

日産 パスファインダー 新型にオフロード仕様…ニューヨークモーターショー2022 | レスポンス(Response.jp)
◆最大8インチの車高アップが可能なサスペンション ◆3.5リットルV6は最大出力を295hpへ強化 ◆12.3インチのデジタルディスプレイ

テインの車高調キットに車種を追加…ルークス、ライズ、ロッキー、アクア

FLEX Z装着車 NISSANルークス. サスペンションの専門メーカー、テインの車高調キットとローダウンスプリング製品に適合車種ラインナップが追加された。

テインの車高調キットに車種を追加…ルークス、ライズ、ロッキー、アクア | レスポンス(Response.jp)
サスペンションの専門メーカー・テインの車高調キットとローダウンスプリング製品に適合車種ラインナップが追加された。

「テスラと戦える国産EV」日産の新型EVアリアに試乗して見えたこと(動画レビュー)

アリアには日産独自の「ハローニッサン」と呼びかける車両制御系の操作のほか、アマゾンのアレクサを使うこともできる機能が備わっている。

「テスラと戦える国産EV」日産の新型EVアリアに試乗して見えたこと(動画レビュー)
日産の新型EVアリアの最廉価モデル「B6」の発売に先立って、報道陣向けの公道試乗会を開催しました。実車の公道市場では、「テスラと戦える国産車」を感じさせる世界戦略車にふさわしい完成度といえます。

日産アリア B6【試乗レビュー】 自動運転、高速走行、室内空間をチェック – YouTube

【目次】00:00 オープニング・外観など01:13 ルーフ01:50 センターコンソール02:54 ハンドルとアレクサ、そして「ハローニッサン…

日産 アリア B6【試乗レビュー】 自動運転、高速走行、室内空間をチェック
日産の最新の電気自動車「アリア B6」を試乗してきました。500万円という決して安くはない価格、その乗り心地、車内の空間、デザインが一体どのようなものかをレビューします。【目次】00:00 オープニング・外観など01:13 ルーフ01:50 センターコンソール02:54 ハンドルとアレクサ、そして「ハローニッサン...
タイトルとURLをコピーしました