ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは? – Yahoo!ニ ュース

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは? – Yahoo!ニュース

スーパーカー四天王(?)が堂々そろい踏み! 自動車業界の大変革をクルマ好きたちはどんな気持ちで眺めているのだろうか。電動化も …

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは?(マイナビニュース) - Yahoo!ニュース
自動車業界の大変革をクルマ好きたちはどんな気持ちで眺めているのだろうか。電動化も自動化も趣旨と理想は理解できるが、夢のクルマといえばやっぱりスーパーカーだという御仁もいらっしゃるのではなかろうか。今

あの鬼才、ゴードン・マーレーが作るスーパーカーは既存ブランドと何がどう違うのか!?

価格は億超えと超高額のスーパーカーがなぜ売れるのか? そこにはマーレー氏が培ってきた技術やノウハウが21世紀にも充分通用する証かもしれない。GMAの2台の …

あの鬼才、ゴードン・マーレーが作るスーパーカーは既存ブランドと何がどう違うのか!? - 自動車情報誌「ベストカー」
ゴードン・マーレー氏はF1界のみでなくスーパーカー界でも名車を生み出した稀有な技術者だ。そのマーレ―氏が恐らく内燃機関で最後となる究極のスーパーカーを世に出した。自らのブランドGMAのT.50とT.33の2台である。即完売となったこの2台の凄さに迫る!!

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは? | マイナビニュース

電気で走るクルマも悪くはないのだが、夢のクルマといえばやっぱりスーパーカーだという人も少ないのでは。今回の「オートモビル カウンシル」 …

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは?
電気で走るクルマも悪くはないのだが、夢のクルマといえばやっぱりスーパーカーだという人も少ないのでは。今回の「オートモビル カウンシル」では「ミウラ」「パンテーラ」「カウンタック」「356GTB ベルリネッタボクサー」の4台を一度に見ることができた。

「リジェJS2」「インターセプター」「バゲーラ」! クルマ好きでも知らないスーパーカー6選

スーパーカーと言えばランボルギーニとフェラーリのトップ2にマセラティやポルシェなどが有名で、今でもよく知られた存在ですが、もちろんほかにも多くの …

「リジェJS2」「インターセプター」「バゲーラ」! クルマ好きでも知らないスーパーカー6選(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 スーパーカーと言えばランボルギーニとフェラーリのトップ2にマセラティやポルシェなどが有名で、今でもよく知られた存在ですが、もちろんほかにも多くのクルマがスーパーカーとして騒がれた時代がありました。

ランボルギーニ「ウラカン・テクニカ」世界初公開! 後輪駆動で最高時速325kmを誇るスーパーカー

ウラカンSTOと同じ640馬力仕様の5.2リッターV10エンジン搭載. 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2022年4月12日、スーパーカー「Huracan(ウラカン)」の最新 …

ランボルギーニ「ウラカン・テクニカ」世界初公開! 後輪駆動で最高時速325kmを誇るスーパーカー
これが「ベビー・ランボ」と呼ばれるランボルギーニ「ウラカン」シリーズ最後のモデルになるかもしれません。ウラカン・エボRWDとウラカンSTOの間を埋める、640馬力のV10エンジン搭載の「ウラカン・テクニカ」が初公開されました。

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは? – エキサイト

電気で走るクルマも悪くはないのだが、夢のクルマといえばやっぱりスーパーカーだという人も少ないのでは。今回の「オートモビルカウンシル」 …

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは? (2022年4月20日) - エキサイトニュース
電気で走るクルマも悪くはないのだが、夢のクルマといえばやっぱりスーパーカーだという人も少ないのでは。今回の「オートモビルカウンシル」では「ミウラ」「パンテーラ」「カウンタック」「356GTBベルリネッ...

「リジェJS2」「インターセプター」「バゲーラ」! クルマ好きでも知らないスーパーカー6選

この記事をまとめると スーパーカーといえばランボルギーニとフェラーリが人気だった メジャーではないが、サーキットの狼にも登場していたモデルが存在した …

「リジェJS2」「インターセプター」「バゲーラ」! クルマ好きでも知らないスーパーカー6選 | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1975年頃、日本では漫画「サーキットの狼」が話題となり、スーパーカーブームが巻き起こっていた。当時はランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ365GT4BBが2トップだった。同時期に登場した、いわば影に隠れたモデルも存在。あらためて紹介をしていこう。

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは? – BIGLOBEニュース

これらのクルマが登場した1970年代には日本でも「スーパーカーブーム」が巻き起こり、大人も子供も熱狂したものだ。 ○これぞスーパーカー! 「カウンタックLP400 …

ミウラ、デ・トマゾ、BB、カウンタック! 伝説的スーパーカーの魅力とは?(2022年4月20日)|BIGLOBEニュース
自動車業界の大変革をクルマ好きたちはどんな気持ちで眺めているのだろうか。電動化も自動化も趣旨と理想は理解できるが、夢のクルマといえばやっぱりスーパーカーだという御仁もいらっし…|BIGLOBEニュース

フェラーリの最新スパイダー、296 GTS登場!シリーズの主流を担うミッドシップスーパースポーツ

No SUPERCAR, No LIFE! … シリーズの主流を担うミッドシップスーパー … 最新のプラグインハイブリッドスーパースポーツ、フェラーリ 296 GTBの新たな …

フェラーリの最新スパイダー、296 GTS登場!シリーズの主流を担うミッドシップスーパースポーツ
プラグインハイブリッドシステムを備え、エンスージアストの注目を集めているフェラーリ 296 GTBに、早くもシリーズモデルとして「296 GTS」がラインナップに加わった。スタイリッシュかつ魅惑のオープンエアドライブを約束する296 GTSに迫る。

マツダ・ロードスター990S 軽さは正義。カンペキなスポーツカー – モーターファン

マツダ・ロードスター990Sの完成度と楽しさについては、伊豆スカイラインで体験済みだ。いつか必ず手に入れたい現行ロードスター。日常使いで不便はないだろ …

マツダ・ロードスター990S 軽さは正義。カンペキなスポーツカー
マツダ・ロードスター990Sの完成度と楽しさについては、伊豆スカイラインで体験済みだ。いつか必ず手に入れたい現行ロードスター。日常使いで不便はないだろうか? 普通に街乗りしたら燃費はどのくらいなのか? 試してみた。
タイトルとURLをコピーしました