名車存続の危機!? ホンダCB-Fの続報がない!! ニッポンのCB存続に黄色信号点灯か – ベ ストカー

名車存続の危機!? ホンダCB-Fの続報がない!! ニッポンのCB存続に黄色信号点灯か – ベストカー

各出展ブースも盛況だったが、今回密かに話題になっていたのは、ホンダCBが展示されなかったこと。 今年はリアルサイクルショーが実施されることから、2020 …

名車存続の危機!? ホンダCB-Fの続報がない!! ニッポンのCB存続に黄色信号点灯か - 自動車情報誌「ベストカー」
東名阪モーターサイクルショーで「あれ?」っと思った方もいるだろう。今年はCBの展示が見送られてしまった。その背景となるCBにまつわる異変とはどのようなものなのか? そして期待されていたCB-Fコンセプトの行方は?

ホンダ、4月の減産拡大(時事通信) – Yahoo!ニュース

ホンダ <7267> は21日、国内2工場で4月の減産規模を拡大すると発表した。半導体不足や海外の新型コロナウイルス禍、ロシアのウクライナ侵攻をめぐる物流の …

ホンダ、4月の減産拡大(時事通信) - Yahoo!ニュース
 ホンダ は21日、国内2工場で4月の減産規模を拡大すると発表した。半導体不足や海外の新型コロナウイルス禍、ロシアのウクライナ侵攻をめぐる物流の混乱などを受け、部品調達難が解消されてい

ホンダ、東京都心での自動運転モビリティに向けタクシー2社と協力 – Impress Watch

ホンダ(Honda)は、2020年代半ばの東京都心部での自動運転モビリティサービス開始に向け、タクシー・ハイヤーを展開する帝都自動車交通、国際自動車と協力 …

ホンダ、東京都心での自動運転モビリティに向けタクシー2社と協力
ホンダ(Honda)は、2020年代半ばの東京都心部での自動運転モビリティサービス開始に向け、タクシー・ハイヤーを展開する帝都自動車交通、国際自動車と協力する。ホンダモビリティソリューションズ(HMS)とタクシー2社は、関連法令やサービス設計、事業者間の役割・責任分担などを検討するための基本合意書を締結した。

ホンダ、4月の減産が拡大 5月上旬は鈴鹿で5割減 – ロイター

ホンダは21日、4月の四輪車生産の稼働率について、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で計画に比べて約5割、埼玉製作所(埼玉県寄居町)で約3割減産すると発表 …

ホンダ、4月の減産が拡大 5月上旬は鈴鹿で5割減
ホンダは21日、4月の四輪車生産の稼働率について、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で計画に比べて約5割、埼玉製作所(埼玉県寄居町)で約3割減産すると発表した。半導体不足や海外情勢など複合的な要因で、部品入荷や物流に遅延が生じ、減産幅が拡大する。

ファン失望 ホンダの「2030年電動化計画」 – Yahoo!ニュース

ホンダはこの「商用軽EV」に続き、「再生可能エネルギーの普及状況も見ながら、パーソナル向け軽EV、SUVタイプのEVも適時投入していきます」(青山氏)という。

ファン失望 ホンダの「2030年電動化計画」(ニュースソクラ) - Yahoo!ニュース
 「ハイブリッド車が普及している日本では、まず2024年前半に商用の軽EV(電気自動車)を投入し、配送業など稼働率の高いプロフェッショナルユースの領域からEVの普及に取り組んでいきます。この商用EV

ホンダ、タクシー大手と自動運転サービス検討 都内で – 日本経済新聞

ホンダの子会社で、モビリティーサービス事業を運営するホンダモビリティソリューションズ(HMS、東京・港)がこのほど、タクシー大手の帝都自動車交通(同・ …

ホンダ、タクシー大手と自動運転サービス検討 都内で
ホンダは21日、2020年代半ばから東京都内で自動運転のサービスを始めると発表した。国内のタクシー大手2社と連携し、ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)などと共同開発する自動運転車両「クルーズ・オリジン」の利用などを検討する。都市部での交通課題の解決などにつなげる。ホンダの子会社で、モビリティーサービス事業を運営する...

ホンダ、4月の減産拡大 日野自も工場稼働停止 – 時事通信

ホンダは21日、国内2工場で4月の減産規模を拡大すると発表した。半導体不足や海外の新型コロナウイルス禍、ロシアのウクライナ侵攻をめぐる物流の混乱 …

ホンダ、4月の減産拡大 日野自も工場稼働停止:時事ドットコム
ホンダは21日、国内2工場で4月の減産規模を拡大すると発表した。半導体不足や海外の新型コロナウイルス禍、ロシアのウクライナ侵攻をめぐる物流の混乱などを受け、部品調達難が解消されていないため。

頼もしさと危なっかしさが併存? ホンダのEV戦略説明会に感じた“堅実性”と“不安” – webCG

ホンダがモビリティーの電動化を柱とした次世代戦略の説明会を開催。三部社長が語った計画の進捗(しんちょく)状況と今後の展開は、“頼もしさ”と“不安”を …

頼もしさと危なっかしさが併存? ホンダのEV戦略説明会に感じた“堅実性”と“不安” - webCG
ホンダがモビリティーの電動化を柱とした次世代戦略の説明会を開催。三部社長が語った計画の進捗(しんちょく)状況と今後の展開は、“頼もしさ”と“不安”を同時に感じさせるものだった。2040年の電動化率100%を掲げる彼らの戦略にみる、堅実さと危なっかしさを解説する。

ホンダ 鈴鹿製作所で来月上旬5割減産 上海からの部品調達滞る | NHK | 新型コロナ 経済影響

【NHK】大手自動車メーカーのホンダは、新型コロナウイルスの感染拡大で外出制限が続く中国 上海からの部品の調達が滞っている影響など…

ホンダ 鈴鹿製作所で来月上旬5割減産 上海からの部品調達滞る | NHK
【NHK】大手自動車メーカーのホンダは、新型コロナウイルスの感染拡大で外出制限が続く中国 上海からの部品の調達が滞っている影響など…

「電動化はまだか!」無敵すぎるホンダ N-BOX、唯一の弱点は「実用燃費」にあり!?

ホンダの軽自動車「N-BOX」が、2021年度(2021年4月から2022年3月)の新車販売台数 第1位に輝きました。軽ジャンルでは7年連続首位で、2021年度は登録車も …

「電動化はまだか!」無敵すぎるホンダ N-BOX、唯一の弱点は「実用燃費」にあり!?
ホンダの軽自動車「N-BOX」が、2021年度(2021年4月から2022年3月)の新車販売台数 第1位に輝きました。軽ジャンルでは7年連続首位で、2021年度は登録車も含め総合1位を獲得しています。2017年の現行型(2代目)デビューから5年目を迎えてもなおTOPを走り続けるN-BOXに弱点はないのか、改めて検証して...
タイトルとURLをコピーしました