日産「アリアB6」試乗 eパワーの知見が、EVを進化させている その走りとは – Yahoo!ニ ュース

日産「アリアB6」試乗 eパワーの知見が、EVを進化させている その走りとは – Yahoo!ニュース

クルマの電動化は既定路線。将来的にBEVが主流を成すのも間違いないだろう。そのBEV市場をリードする1社となるニッサンが満を持して投入したモデル …

日産「アリアB6」試乗 eパワーの知見が、EVを進化させている その走りとは(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
クルマの電動化は既定路線。将来的にBEVが主流を成すのも間違いないだろう。そのBEV市場をリードする1社となるニッサンが満を持して投入したモデルが「アリア」である。

2021年度下半期の国内登録車販売 電動車トップは日産「ノート」「ノート オーラ」

日産アリアとニッサンパビリオン、独iFデザインアワードを受賞. レスポンス 4/18(月) 16:15 · 日産高級SUV「アリア」は他社とナニが違う?

2021年度下半期の国内登録車販売 電動車トップは日産「ノート」「ノート オーラ」(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース
 日産自動車が2021年度下半期(2021年10月~22年3月累計)の国内登録車販売の結果を発表し、ハイブリッド車を含めた電動車国内トップが「ノート」「ノート オーラ」だと分かった。2車種で計5万6

【日本の至宝、フェアレディ。誕生から初代Zまで Vol.1】フェアレデー – Yahoo!ニュース

1978年式 日産 フェアレディ Z-T · >> ニッサンワークス幻のクロスフローエンジン「LY」で「S30最高のストリートカー」を作る|1977年式 日産 フェアレディ …

【日本の至宝、フェアレディ。誕生から初代Zまで Vol.1】フェアレデー、フェアレディの時代。(Nosweb.jp) - Yahoo!ニュース
フェアレディという車名は、日産のスポーツカーの名前として、今なお、さん然と輝いている。そのルーツは、1959年6月に登場したダットサン・スポーツ(S211)にさかのぼる。翌60年1月にエンジン排気量

より手軽に買えるようになった日産リーフの秘密とは?【週刊クルマのミライ】 – エキサイト

2022年4月時点で国産・電気自動車で最長距離を走れるのはスバル・ソルテラという事実【週刊クルマのミライ】 · 日産アリアとニッサン パビリオンが世界で …

最大19万2500円の価格ダウンで、より手軽に買えるようになった日産リーフの秘密とは?【週刊クルマのミライ】 (2022年4月24日) - エキサイトニュース
■40kWh車で一律11万6000円のプライスダウン日本車を代表する電気自動車(BEV)であり、いろいろな意味でスタンダードになっている日産リーフが商品改良を実施しました。外観では、イルミネーション付...
タイトルとURLをコピーしました