クラッシュしたサインツ「プッシュしていないのに突然コントロールを失った」フ ェラーリ/F1第 …

クラッシュしたサインツ「プッシュしていないのに突然コントロールを失った」フェラーリ/F1第 …

2022年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、フェラーリのカルロス・サインツは予選Q2でクラッシュし、10番手に終わった。 Q2は雨が激しくなることが予想され …

クラッシュしたサインツ「プッシュしていないのに突然コントロールを失った」フェラーリ/F1第4戦金曜 | F1 | autosport web
 2022年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、フェラーリのカルロス・サインツは予選Q2でクラッシュし、10番手に終わった。 Q2は雨が激しくなることが予想されていたため、フェラーリはドライバーたちに、早く良いタイムを出すよう指示した。サインツはQ2で2番手タイムを出した後、2周目に最終コーナーにおいてコースオフ、ウォ...

フェラーリの最新ハイブリッド・スポーツに早くもオープン・モデル登場(ENGINE WEB)

フェラーリの新しいミドシップ・スパイダーとなる「296GTS」が公開された。フェラーリ・ブランドの公道向けモデルとしては初の6気筒オープン・トップ・ …

フェラーリの最新ハイブリッド・スポーツに早くもオープン・モデル登場(ENGINE WEB) - Yahoo!ニュース
フェラーリの新しいミドシップ・スパイダーとなる「296GTS」が公開された。フェラーリ・ブランドの公道向けモデルとしては初の6気筒オープン・トップ・モデルとなる。

フェラーリ代表、ミス続くもサインツJr.を信頼……課題は「トップで戦うプレッシャーを …

フェラーリでチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q2でクラッシュを喫したチームのカルロス・サインツJr.は「トップ …

フェラーリ代表、ミス続くもサインツJr.を信頼……課題は「トップで戦うプレッシャーをコントロールすること」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 フェラーリでチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q2でクラッシュを喫したチームのカルロス・サインツJr.は「トップで戦うプレッシャーをコントロールすること」

ルクレール予選2番手「ポールを獲れなくて悔しい。タイヤ戦略が赤旗で台無しに」フェラーリ

2022年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールは予選2番手を獲得した。 フェラーリは、ホームグランプリでポールポジションを …

ルクレール予選2番手「ポールを獲れなくて悔しい。タイヤ戦略が赤旗で台無しに」フェラーリ/F1第4戦金曜 | F1 | autosport web
 2022年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールは予選2番手を獲得した。 フェラーリは、ホームグランプリでポールポジションを取り逃したことを「悔いが残る結果」であると述べている。インターミディエイトタイヤでの戦いになったQ3で、ルクレールはまずマックス・フェルスタッペンよりわずかに速い1...

フェラーリF1代表 「メルセデスよりもレッドブルを恐れている」 – F1-Gate.com

2022年のF1世界選手権は、現時点でメルセデスが両方のチャンピオンシップでスクーデリア・フェラーリに次ぐ2位につけているが、チーム代表のマッティア・ …

フェラーリF1代表 「メルセデスよりもレッドブルを恐れている」
2022年のF1世界選手権は、現時点でメルセデスが両方のチャンピオンシップでスクーデリア・フェラーリに次ぐ2位につけているが、チーム代表のマッティア・ビノットは、現役コンストラクターズチャンピオンよりもレッドブル・レーシングを恐れていると語る。今年のチャンピオンシップでは、スクーデリア・フェラーリがウィニングチームとし...

22 – Yahoo!ニュース

時代の最高速モデル 1980年代 フェラーリF40 エンツォが …

時代の最高速モデル 1980年代 フェラーリF40 エンツォが遺した323.4km/h(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
自社の記念日を祝したF40は、綿密に練られたマーケティング主導の新モデルではなく、純粋に最高を求めた結果といえた。販売に陰りが見えていた1980年代、親会社のフィアットのもとで、ブランドが軟化するこ

「サインツはフェラーリF1特有のプレッシャーに苦しんでいる」とロズベルグ – F1-Gate.com

元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、2022年のスクーデリア・フェラーリでのカルロス・サインツJr.の“酷いスタート”の背景にはフェラーリ …

「サインツはフェラーリF1特有のプレッシャーに苦しんでいる」とロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、2022年のスクーデリア・フェラーリでのカルロス・サインツJr.の“酷いスタート”の背景にはフェラーリ独特のプレッシャーがあると考えている。カルロス・サインツは、バーレーンとサウジアラビアで連続表彰台を獲得したが、チームメイトのシャルル・ルクレールが両方のレースでサイ...

フェラーリ代表、ミス続くもサインツJr.を信頼……課題は「トップで戦うプレッシャーを …

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1エミリア・ロマーニャGP予選Q2でクラッシュを喫したカルロス・サインツJr.は「トップで戦うプレッシャーを …

フェラーリ代表、ミス続くもサインツJr.を信頼……課題は「トップで戦うプレッシャーをコントロールすること」
フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1エミリア・ロマーニャGP予選Q2でクラッシュを喫したカルロス・サインツJr.は「トップで戦うプレッシャーをコントロールすること」を学ぶ必要があると考えている。

好タイムでQ3進出もクラッシュ!2回目の赤旗中断。メルセデス勢がQ2敗退/F1エミリア …

セッション開始4分過ぎ、2番手タイムを出していたカルロス・サインツ(フェラーリ)はティフォシが見守る中、スピンしてクラッシュ、左フロントアームが折れ …

【予選Q2】フェラーリのサインツ、好タイムでQ3進出もクラッシュ!2回目の赤旗中断。メルセデス勢がQ2敗退/F1エミリア・ロマーニャGP(TopNews) - Yahoo!ニュース
F1エミリア・ロマーニャGP(イモラ・サーキット)初日の午後に予選が行われた。15分間のQ2の序盤は、走行ラインが部分的に乾いたパッチ状態になったことから、全車ドライ用のソフトタイヤ(レッド)で走行

ルクレール、赤旗に阻まれフェラーリF1の地元でポール獲れず「優勝を争える力はある」 – TopNews

F1エミリア・ロマーニャGP(イモラ・サーキット)初日の午後に予選が行われ、ウェットで難しいコンディションの中、フェラーリの地元で最高の結果を残し …

ルクレール、赤旗に阻まれフェラーリF1の地元でポール獲れず「優勝を争える力はある」 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。
タイトルとURLをコピーしました