ランボルギーニ ウラカン、2万台目がラインオフ…ガヤルド の記録を更新中

ランボルギーニ ウラカン、2万台目がラインオフ…ガヤルド の記録を更新中

ウラカンは、ランボルギーニのV型10気筒エンジン搭載スーパーカー、ガヤルドの後継車として、2014年春に発表された。最新バージョンの『ウラカン・テクニカ』の …

ランボルギーニ ウラカン、2万台目がラインオフ…ガヤルド の記録を更新中 | レスポンス(Response.jp)
ランボルギーニは4月21日、2万台目の『ウラカン』がラインオフした、と発表した。2019年には、先代の『ガヤルド』の10年間の総生産台数1万4000台に半分の期間の5年で並んでおり、その後も生産台数を伸ばしている。

ランボルギーニ『ウラカン・テクニカ』はV10自然吸気、アジア太平洋地域初公開

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、4月12日に発表されたばかりのランボルギーニ『ウラカンテクニカ』を、4月22日に東京都内で公開した。

ランボルギーニ『ウラカン・テクニカ』はV10自然吸気、アジア太平洋地域初公開 | レスポンス(Response.jp)
アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、4月12日に発表されたばかりのランボルギーニ『ウラカンテクニカ』を、4月22日に東京都内で公開した。アジア太平洋地域において初の公開となる。価格は約3000万円だという。

ランボルギーニ ウラカン、2万台目がラインオフ…ガヤルド の記録を更新中 – Yahoo!ニュース

ランボルギーニは4月21日、2万台目の『ウラカン』がラインオフした、と発表した。2019年には、先代の『ガヤルド』の10年間の総生産台数1万4000台に半分の …

ランボルギーニ ウラカン、2万台目がラインオフ…ガヤルド の記録を更新中(レスポンス) - Yahoo!ニュース
ランボルギーニは4月21日、2万台目の『ウラカン』がラインオフした、と発表した。2019年には、先代の『ガヤルド』の10年間の総生産台数1万4000台に半分の期間の5年で並んでおり、その後も生産台数

走りも快適性もちょうどいい理想のランボルギーニが日本上陸! ウラカン テクニカ発表会をレポート

5.2リッターV10自然吸気という珠玉のエンジンを搭載するランボルギーニ ウラカン。その最終章とも噂されるウラカン テクニカが早くも日本に上陸し、発表会が …

走りも快適性もちょうどいい理想のランボルギーニが日本上陸! ウラカン テクニカ発表会をレポート
5.2リッターV10自然吸気という珠玉のエンジンを搭載するランボルギーニ ウラカン。その最終章とも噂されるウラカン テクニカが早くも日本に上陸し、発表会が開催された。

時代の最高速モデル 1960年代 ランボルギーニ・ミウラP400 初のスーパーカーで280km/h …は

そんなダラーラは、フェラーリに先駆けてミドシップ・モデルに取り組むべきだと、フェルッチオ・ランボルギーニ氏を説得。名前をまだ持たない、次期モデルの開発 …

時代の最高速モデル 1960年代 ランボルギーニ・ミウラP400 初のスーパーカーで280km/h(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
近年は、週末の国道ですれ違うことも珍しくないスーパーカー。その言葉の響きには、特別感が薄れてしまったように思える。

ランボルギーニ「ウラカン・テクニカ」は日常もレースもこなせる万能型? | マイナビニュース

ランボルギーニは新型車「ウラカン・テクニカ」を発表した。V型10気筒の自然吸気エンジンを搭載する「ウラカン」シリーズの新顔「テクニカ」は、超高性能な …

ランボルギーニ「ウラカン・テクニカ」は日常もレースもこなせる万能型?
ランボルギーニは新型車「ウラカン・テクニカ」を発表した。V型10気筒の自然吸気エンジンを搭載する「ウラカン」シリーズの新顔「テクニカ」は、超高性能な心臓部を持ちながら日常づかいもこなせるバランスの取れた1台に仕上がっているそうだ。

最強スーパーSUVはどっちだ! ランボルギーニ ウルスとアストンマーティン DBX707を徹底比較

Lamborghini Urus × Aston Martin DBX707 · ランボルギーニのベストセラー vs アストンマーティンの新アスリート · 加速性能ではDBXが“やや”優勢 · ボディはウルス …

最強スーパーSUVはどっちだ! ランボルギーニ ウルスとアストンマーティン DBX707を徹底比較
アストンマーティンは、2022年2月に「DBX」のハイパフォーマンス仕様「DBX707」をリリースした。同社はこれを、“世界で最もパワフルなラグジュアリーSUV”と謳う。ハイパフォーマンスSUVの代表選手といえばランボルギーニ ウルスだが、DBX707はその好敵手となり得るのか。両車のスペックやディメンション、価格帯な...

ランボルギーニの中身はトヨタ車、驚きの大改造 こだわり満載でも値段は「ちょっと内緒です」

トヨタMR-Sからランボルギーニ・カウンタックが誕生【写真:山口比佐夫】TwitterFacebookHatena外装、内装も満足 トータル90点の出来栄え この …

ランボルギーニの中身はトヨタ車、驚きの大改造 こだわり満載でも値段は「ちょっと内緒です」
このランボルギーニ、中身はトヨタ車と知って驚く人は多いだろう。人事コンサルタントの進士慎夫さん(55)は1971年に発表されたカウンタックのコンセプトカーを令和の時代によみがえらせた。米国から輸入した左ハンドルのトヨタMR-Sをベースに、4ケタ以上の金額をかけてボディーを入れ替えた。3年がかりで子どものころの夢をかなえ...

ランボルギーニ「ウラカン・テクニカ」は日常もレースもこなせる万能型? – BIGLOBEニュース

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは新型車「ウラカン・テクニカ」を発表した。V型10気筒の自然吸気エンジンを搭載する「ウラカン」シリーズの新 …

ランボルギーニ「ウラカン・テクニカ」は日常もレースもこなせる万能型?(2022年4月23日)|BIGLOBEニュース
アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは新型車「ウラカン・テクニカ」を発表した。V型10気筒の自然吸気エンジンを搭載する「ウラカン」シリーズの新顔「テクニカ」は、超高性能な心…|BIGLOBEニュース

自動車史上最悪の失敗 エドセル たった3年で消えた幻のブランド 前編 – AUTOCAR JAPAN

954記事 · ランボルギーニ 291記事 · 日産 565記事 · CX-60 13記事 · RZ 8記事 · タイカン 74記事. + 人気テーマをもっとみる.

自動車史上最悪の失敗 エドセル たった3年で消えた幻のブランド 前編 - AUTOCAR JAPAN
「失敗」の代名詞として悪名高いエドセル。僅か3年という短命に終わった悲運の自動車ブランドを振り返ります。
タイトルとURLをコピーしました