F1スプリントレースは“決勝に直接関係しない”独立イベントに変えるべき? ド ライバーからは賛同 …

F1スプリントレースは“決勝に直接関係しない”独立イベントに変えるべき? ドライバーからは賛同 …

F1ドライバーの中には、スプリントレースが決勝レースのグリッドには影響しない“独立したイベント”に変えるべきだと望む者もいる。

F1スプリントレースは“決勝に直接関係しない”独立イベントに変えるべき? ドライバーからは賛同の声上がる
F1ドライバーの中には、スプリントレースが決勝レースのグリッドには影響しない“独立したイベント”に変えるべきだと望む者もいる。

イモラでのポーパシングは「これまでで一番ひどかった」とラッセル。背中や胸を痛めたと明かす

背中や胸を痛めたと明かす/F1第4戦. レースを愛してやまないファンの方々へ autosport web Premiumが登場。 詳細を見る.

イモラでのポーパシングは「これまでで一番ひどかった」とラッセル。背中や胸を痛めたと明かす/F1第4戦 | F1 | autosport web
 ジョージ・ラッセルは、イモラでメルセデスのマシンに起きたポーパシングは今シーズン一番ひどいものであり、この現象は身体的にドライバーが「ずっと耐えられるものではない」と主張している。 2022年の4レースが終わった時点で、メルセデスはまだポーパシング問題を解決できていない。高速でストレートを走行すると、マシンが縦方向に...

レッドブル、F1エミリア・ロマーニャGP完勝の”鍵”はタイヤ上手く使えるかどうか – Motorsport

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、タイヤをより良い作動領域に収める”力”が、F1エミリア・ロマーニャGPでフェラーリを打ち負かすため …

レッドブル、F1エミリア・ロマーニャGP完勝の”鍵”はタイヤ上手く使えるかどうか
レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、タイヤをより良い作動領域に収める”力”が、F1エミリア・ロマーニャGPでフェラーリを打ち負かすための鍵になったと考えている。

フェルスタッペン、イモラでは完璧な勝利を収めたものの「次戦F1マイアミGPがどうなるかは全く …

先週末にイモラで行われた2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで完全勝利を収めたマックス・フェルスタッペンだが、実際のところレッドブルの2022年型F1 …

フェルスタッペン、イモラでは完璧な勝利を収めたものの「次戦F1マイアミGPがどうなるかは全くわからない」(TopNews) - Yahoo!ニュース
先週末にイモラで行われた2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで完全勝利を収めたマックス・フェルスタッペンだが、実際のところレッドブルの2022年型F1マシンがフェラーリに追いつくことができた

アルファタウリF1代表 「角田裕毅にはまだまだポテンシャルがある」 – F1-Gate.com

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、チームが競争力を高める必要があることを認める。

アルファタウリF1代表 「角田裕毅にはまだまだポテンシャルがある」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、チームが競争力を高める必要があることを認める。昨年、コンストラクターズランキングを6位で終えたスクーデリア・アルファタウリは、今季の目標を5位以内に掲げていたが、現状では7位に沈んでいる。フランツ・トストは、問題はドライバーではないと語る。

アルボン「結果に満足。ポジションを守るのに新しいリヤウイングが役立った」:ウイリアムズ F1 …

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは11位、ニコラス・ラティフィは16位でレースを終え …

アルボン「結果に満足。ポジションを守るのに新しいリヤウイングが役立った」:ウイリアムズ F1第4戦決勝 | F1 | autosport web
 2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは11位、ニコラス・ラティフィは16位でレースを終えた。 ■ウイリアムズ・レーシング アレクサンダー・アルボン 決勝=11位

F1王者マックス・フェルスタッペン、ローレウス世界スポーツ賞を受賞 – F1-Gate.com

F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が、2022年 ローレウス世界スポーツ賞の年間最優秀男子選手に輝いた。

F1王者マックス・フェルスタッペン、ローレウス世界スポーツ賞を受賞
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が、2022年 ローレウス世界スポーツ賞の年間最優秀男子選手に輝いた。ローレウス世界スポーツ賞は、各年にスポーツの各分野で活躍した選手及び団体を称える賞。スポーツ界のアカデミー賞とも呼ばれている。

2021年のF1王者フェルスタッペン、ローレウス賞を受賞「世界タイトルを獲得は – autosport web

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2021年F1世界選手権を制覇したことで、ローレウス・ワールド・スポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

2021年のF1王者フェルスタッペン、ローレウス賞を受賞「世界タイトルを獲得は、とてつもない努力の賜物」 | F1 | autosport web
 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2021年F1世界選手権を制覇したことで、ローレウス・ワールド・スポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 フェルスタッペンはこの名誉ある賞を授与された4人目のF1ドライバーで、過去の受賞者にはミハエル・シューマッハー、セバスチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトンがいる。

フェラーリF1代表、終盤にプッシュしたルクレールの選択を支持「限界まで走るのは彼らの仕事」

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP決勝の終盤にシャルル・ルクレールがプッシュする決断を下 …

フェラーリF1代表、終盤にプッシュしたルクレールの選択を支持「限界まで走るのは彼らの仕事」/F1第4戦(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP決勝の終盤にシャルル・ルクレールがプッシュする決断を下したことについて、その後彼が表彰台を逃すミ

F1、2026年にシャシーを大幅変更…次世代PUのパワー低下を受け

F1を統括する国際自動車連盟(FIA)は4月26日のF1コミッションを経て、次世代F1パワーユニット(PU)が導入される2026年の車体レギュレーションの方向性.

F1、2026年にシャシーを大幅変更…次世代PUのパワー低下を受け | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
F1を統括する国際自動車連盟(FIA)は4月26日のF1コミッションを経て、次世代F1パワーユニット(PU)が導入される2026年の車体レギュレーションの方向性
タイトルとURLをコピーしました