『フェラーリF40』GT1の時代に奮闘した至高の80'sスーパーカー【忘れがたき銘車 たち】

『フェラーリF40』GT1の時代に奮闘した至高の80’sスーパーカー【忘れがたき銘車たち】

日本でもF40は数多くのメディアに露出していたため、この時代のもっとも有名なスーパーカーと言っても過言ではないだろう。 当初F40は、モータースポーツへ …

『フェラーリF40』GT1の時代に奮闘した至高の80’sスーパーカー【忘れがたき銘車たち】(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶

昭和オヤジが少年の日にときめいた! ザ・スーパーカー「どストライク」な4台とは

会場のド真ん中に展示されたスーパーカーは、ランボルギーニ・ミウラ P400、ランボルギーニ・カウンタック LP400、フェラーリ 365GTB4 BB、デ・トマソ・ …

昭和オヤジが少年の日にときめいた! ザ・スーパーカー「どストライク」な4台とは | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
2022年4月15日〜17日まで、千葉県幕張メッセでオートモビルカウンシルが開催された。主催者テーマ展示は「DTMの主役たち」と「スーパーカードリーム」だったこともあり盛況だった。今回は、展示されていたスーパーカーをあらためて紹介していこう。

ランボルギーニが『ウラカンGT3 EVO2』のティザーを公開。2023年のデビューを予定 | ル・マン …

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは4月22日、新型GT3カーの正式発表に先駆け、SNSで次世代GTカーのティザーイメージを初公開した。 イタリアのスーパー …

ランボルギーニが『ウラカンGT3 EVO2』のティザーを公開。2023年のデビューを予定 | ル・マン/WEC | autosport web
 ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは4月22日、新型GT3カーの正式発表に先駆け、SNSで次世代GTカーのティザーイメージを初公開した。 イタリアのスーパーカーブランドは先週金曜日、公式Instagram(@lamborghinisc)に写真を投稿し、2023年1月に開催されるロレックス24(IMSAデイトナ24時間...

うるさい!スーパーカーの音量規制はどうなってる!? | ニコニコニュース

スーパーカーが鳴らす甲高いマフラー音は、一部の人には憧れであるとともに、騒音として批判の対象とも成りえる存在です。そもそもマフラーの音量には規制が …

うるさい!スーパーカーの音量規制はどうなってる!?
スーパーカーが鳴らす甲高いマフラー音は、一部の人には憧れであるとともに、騒音として批判の対象とも成りえる存在です。そもそもマフラーの音量には規制がかけられていますが、スーパーカーのマフラー音は合法なのでしょうか。 …

GENROQ 6月号発売中! LAMBORGHINI NOW – モーターファン

No SUPERCAR, No LIFE! … ランボルギーニ、スーパースポーツカーファンなら絶対に見逃せない。 … Recomend:3 史上最強のショーファーカー.

GENROQ 6月号発売中! LAMBORGHINI NOW
GENROQ 6月号は、スーパースポーツの世界だけにとどまらず、クルマ界全体に影響を与え続ける「LAMBORGHINI」の特集。アヴェンタードールの集大成「アヴェンタードール ウルティマエ」独占試乗を筆頭に、EVOとSTOの中間に位置づけられる追加モデル「ウラカン テクニカ」詳報、テクニカルオフィサーに就任したルーヴェ...

ディフェンダーのオープンカー!? オランダのヘリテージ・カスタムス、1号車の製作をスタート

No SUPERCAR, No LIFE! … ディフェンダーのオープンカー!? … は、ヴァリアンスをはじめランドローバーをベースとするチューニングカーを製造している。

ディフェンダーのオープンカー!? オランダのヘリテージ・カスタムス、1号車の製作をスタート
オランダを拠点にランドローバーのカスタマイズプログラムを展開するヘリテージ・カスタムス(Heritage Customs)は、新型ディフェンダー 90をベースとしたスペシャルモデル「ヴァリアンス コンバーチブル」製造工程を公開した。この魅力的なオープントップSUVは、2022年に5台のみが製造される。

5億円の世界最速マシン 1600馬力&最高時速440kmのブガッティ シロンに乗った! – Yahoo!ニュース

以上が、ブガッティ シロン スーパースポーツの主要データである。 … の最高速モデル 1960年代 ランボルギーニ・ミウラP400 初のスーパーカーで280km/h.

5億円の世界最速マシン 1600馬力&最高時速440kmのブガッティ シロンに乗った!(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
1600馬力、最高速度440km/h、ベース価格380万ユーロ(約5億1千5百万円)。以上が、ブガッティ シロン スーパースポーツの主要データである。そんな世界最速のクルマでファーストドライブ!

スーパーフォーミュラ開発車両”赤寅”&”白寅”が1/43モデルカーとして発売決定 – Motorsport

NEX50の一環として次世代マシンの開発を担うスーパーフォーミュラのテスト車両”赤寅”と”白寅”が、1/43スケールのモデルカーとして発売されることになった。

スーパーフォーミュラ開発車両”赤寅”&”白寅”が1/43モデルカーとして発売決定
NEXT50の一環として次世代マシンの開発を担うスーパーフォーミュラのテスト車両”赤寅”と”白寅”が、1/43スケールのモデルカーとして発売されることになった。

ロータス最後のエンジン車! ロータス エミーラ・ファーストエディションの日本発売が決定!

スーパーカー GENROQ web · ドレスアップ STYLE WAGON ドレスアップ STYLE WAGON. 面白くて、ためになる自動車情報プラットフォーム. おすすめ …

ロータス最後のエンジン車! ロータス エミーラ・ファーストエディションの日本発売が決定!
ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店のエルシーアイは、2022年4⽉22⽇(金)より全国の正規販売代理店において、ロータス エミーラ ファーストエディションの受注を開始した。車両本体価格(税込)は1,386万円。生産開始は2023年1月以降が予定されている。

ボディ色は全9色 どれがいい? 新型フェアレディZの価格発表 524万1500円〜696万6300円

プリズムホワイト(3P)/スーパーブラック 2トーン(特別塗装色) バーガンディー(PM) ダークメタルグレー(M) ミッドナイトブラック(P).

ボディ色は全9色 どれがいい? 新型フェアレディZの価格発表 524万1500円〜696万6300円
いよいよ新型フェアレディZの価格が発表された。発売は当初は6月下旬を予定していたが、今年夏になる。ボディ色のバリエーションは9パターン。全部並べてみてみよう。
タイトルとURLをコピーしました