スケルトン!? の ff-1 や初代 レオーネ を展示中…スバル4WDの原点、宮城スバルで

スケルトン!? の ff-1 や初代 レオーネ を展示中…スバル4WDの原点、宮城スバルで

現在、宮城スバルの旗艦店「ベストショップ栗生」(宮城県仙台市青葉区)で、フルレストア中の『ff-1』(1970年)や、初代『レオーネ4WDエステート …

スケルトン!? の ff-1 や初代 レオーネ を展示中…スバル4WDの原点、宮城スバルで | レスポンス(Response.jp)
現在、宮城スバルの旗艦店「ベストショップ栗生」(宮城県仙台市青葉区)で、フルレストア中の『ff-1』(1970年)や、初代『レオーネ4WDエステートバン』(1972年)などを展示している。5月15日まで(5月1~5日、10、11日は休)。

自動車安全性能2021試験映像:スバル BRZ – YouTube

試験は、原則、最量販グレードで実施していることから、MT車で試験を実施しています。そのため、AT車に装備されている予防安全装置については試験をしており …

自動車安全性能2021試験映像:スバル BRZ
※試験は、原則、最量販グレードで実施していることから、MT車で試験を実施しています。そのため、AT車に装備されている予防安全装置については試験をしておりません。より安全な車・チャイルドシートを選びませんか? 詳しい評価結果については、JNCAPホームページをご覧ください。 JNCAP HP →

北米スバル 新型ソルテラの価格発表 邦貨575万円から今夏発売 – Yahoo!ニュース

米国スバルは同社初の電動SUVである2023年型ソルテラの価格を発表した。ソルテラはスバルらしい安全性と走破性を維持しながら、新技術を満載した待望の …

北米スバル 新型ソルテラの価格発表 邦貨575万円から今夏発売(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
米国スバルは同社初の電動SUVである2023年型ソルテラの価格を発表した。ソルテラはスバルらしい安全性と走破性を維持しながら、新技術を満載した待望のモデルだ。

スバルの世界生産台数は10.3%減の72万6686台、半導体不足が影響 2021年度実績

SUBARU(スバル)は4月27日、2021年度(2021年4月~2022年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年度比10.3%減の72万6686台 …

スバルの世界生産台数は10.3%減の72万6686台、半導体不足が影響 2021年度実績 | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)は4月27日、2021年度(2021年4月~2022年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年度比10.3%減の72万6686台で、2年連続のマイナスとなった。

こ、この顔はっ!? レガシィアウトバックの顔が激変! アイサイトも大幅進化! 日本発売はいつ?

日本では昨年10月にフルモデルチェンジが行われたばかりのスバル レガシィ アウトバックだが、北米では2022年4月13日、ニューヨークモーターショー2022にて …

こ、この顔はっ!? レガシィアウトバックの顔が激変! アイサイトも大幅進化! 日本発売はいつ? - 自動車情報誌「ベストカー」
2021年10月に日本発売となった現行スバル レガシィ アウトバック。しかし北米では2022年4月に早くも改良新型が発表された。その顔のインパクトはもの凄い! さらにアイサイトも進化しているという。いまわかっている情報をお伝えする。

スバル城下町の群馬県太田市、金融など拠点相次ぐ – 日本経済新聞

SUBARU(スバル)の国内唯一の生産拠点がある群馬県太田市で、地域金融機関や企業の本部機能移転や事務所・拠点開設が相次ぐ。県の自動車関連産業が集積し、 …

スバル城下町の群馬県太田市、金融など拠点相次ぐ
SUBARU(スバル)の国内唯一の生産拠点がある群馬県太田市で、地域金融機関や企業の本部機能移転や事務所・拠点開設が相次ぐ。県の自動車関連産業が集積し、豊かな経済圏を形成している同地域だが、一方で電気自動車(EV)化など長期的な課題への対応も必須。金融機関は県の基幹産業を守り、発展を継続するべく動き出している。東和銀行...

北米スバル 新型ソルテラの価格発表 邦貨575万円から今夏発売 – Carview

スバル初の電動SUV米国スバルは同社初の電動SUVである2023年型ソルテラの価格を発表した。ソルテラはスバルらしい安全性と走破性を維持しながら、新技術を …

北米スバル 新型ソルテラの価格発表 邦貨575万円から今夏発売(AUTOCAR JAPAN) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スバル初の電動SUV米国スバルは同社初の電動SUVである2023年型ソルテラの価格を発表した。ソルテラはスバルらしい安全性と走破性を維持しながら、新技術を満載した待望のモデルだ。プレミアム、リミテッド、ツーリングの3つのトリムレベルを設定し...

スバルの新型EV『ソルテラ』、航続は367km…今夏米国発売へ – Carview

SUBARU(スバル)の米国部門は4月25日、新型EV『ソルテラ』(Subaru Solterra)を今夏、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、4万4995 …

スバルの新型EV『ソルテラ』、航続は367km…今夏米国発売へ(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
SUBARU(スバル)の米国部門は4月25日、新型EV『ソルテラ』(Subaru Solterra)を今夏、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、4万4995ドル(約575万円)に設定している。◆スバルとトヨタが共同開発したEV専...

「スバルソルテラ プロトタイプ」(岡崎五朗レポート) – 試乗記 – 定額カルモくん

スバル初の電気自動車(EV)として登場したソルテラ。トヨタのbZ4Xと兄弟車となるソルテラのプロトタイプ試乗会の舞台に選ばれたのはなんと雪上。

「スバルソルテラ プロトタイプ」(岡崎五朗レポート) |スバル車の試乗記ならカルモマガジン
スバル初の電気自動車(EV)として登場したソルテラ。トヨタのbZ4Xと兄弟車となるソルテラのプロトタイプ試乗会の舞台に選ばれたのはなんと雪上。スバル初のEVの出来栄え、そしてEVとスノードライブの相性はどうなのか。岡崎五朗さんのレポートです。

訂正-スバル、国内工場で操業を2日間停止 部品調達に支障 執筆: Reuters – Investing.com

[東京 26日 ロイター] – SUBARU(スバル)は26日、取引先からの部品調達に支障が出る見込みとなったため、群馬製作所本工場など国内生産拠点の操業 …

訂正-スバル、国内工場で操業を2日間停止 部品調達に支障 執筆: Reuters
訂正-スバル、国内工場で操業を2日間停止 部品調達に支障
タイトルとURLをコピーしました