スプリント開催数拡大にFIAが同意せず。F1側に追加支払いを要求か – autosport web

スプリント開催数拡大にFIAが同意せず。F1側に追加支払いを要求か – autosport web

F1スプリントに関して、F1とチームは2023年には合計6戦に増やすことで合意したものの、FIAがこの動きにブレーキをかけた。 4月26日にF1委員会会合が開催 …

スプリント開催数拡大にFIAが同意せず。F1側に追加支払いを要求か | F1 | autosport web
 F1スプリントに関して、F1とチームは2023年には合計6戦に増やすことで合意したものの、FIAがこの動きにブレーキをかけた。 4月26日にF1委員会会合が開催され、その議題と結果について、FIAが公表した。この会合でスプリントに関する話し合いが行われたことが分かっており、これについてFIAの声明には次のように記され...

F1第4戦・7位入賞の角田裕毅、顕著な進化に海外メディアも注目!「冷静さを失いがちな …

F1第4戦のエミリア・ロマーニャ・グランプリで今季自己最高の7位入賞を果たしたアルファタウリの角田裕毅については、各国のメディアから賛辞が贈られて …

F1第4戦・7位入賞の角田裕毅、顕著な進化に海外メディアも注目!「冷静さを失いがちなドライバー」の評価から「成長の好例」へ(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 F1第4戦のエミリア・ロマーニャ・グランプリで今季自己最高の7位入賞を果たしたアルファタウリの角田裕毅については、各国のメディアから賛辞が贈られている。

フェルスタッペン父、マックスによるハミルトンの周回遅れを楽しむ。一方メルセデス代表は …

ヨス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPで息子マックスがルイス・ハミルトン(メルセデス)を周回遅れにしたことを「楽しむことができた」と …

フェルスタッペン父、マックスによるハミルトンの周回遅れを楽しむ。一方メルセデス代表はNetflixによる“劇場化”を危惧
ヨス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPで息子マックスがルイス・ハミルトン(メルセデス)を周回遅れにしたことを「楽しむことができた」と語った。

F1:レッドブル vs フェラーリ、開発レースがヒートアップ – F1-Gate.com

F1の新しい“グラウンドエフェクトカー”時代の最初のタイトルをかけてレッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリの開発レースが始まっている。

F1:レッドブル vs フェラーリ、開発レースがヒートアップ
F1の新しい“グラウンドエフェクトカー”時代の最初のタイトルをかけてレッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリの開発レースが始まっている。スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、すぐに競争力を発揮した堅実なF1-75で序盤戦でリードを築いた一方で、マックス・フェルスタッペンはオーバーウエイトで信頼性に問...

F1:ルイス・ハミルトンはチームメイトに敗北の現状を受け入れられるのか?

W13がポーパシングの問題に苦しんでいることを抜きにしても、スムーズなドライビングが要求さ新世代F1マシンを乗りこなせていない。 F1エミリア・ロマーニャGP …

F1:ルイス・ハミルトンはチームメイトに敗北の現状を受け入れられるのか?
ルイス・ハミルトンは、2022年のF1世界選手権で予想以上の苦境に陥っている。勝利を争えないだけでなく、トップ5以内でのフィニッシュを続けている新しいチームメイトのジョージ・ラッセルに敗北を続けている。2022年F1マシンに最も苦労しているのはルイス・ハミルトンであることは間違いない。W13がポーパシングの問題に苦しん...

F1、2026年の次世代F1パワーユニットに対応したシャシー計画を発表

FIA(国際自動車連盟)は、F1コミッションの会議に続いて、次世代F1パワーユニットと一緒に導入される2026年F1マシンのシャシー規制の目標を公表した。

F1、2026年の次世代F1パワーユニットに対応したシャシー計画を発表
FIA(国際自動車連盟)は、F1コミッションの会議に続いて、次世代F1パワーユニットと一緒に導入される2026年F1マシンのシャシー規制の目標を公表した。昨年12月、MGU-Kを廃止し、ハイブリッドの出力を350kwに増加する2026年F1パワーユニットのいわゆる「4本の柱」を発表。「スペクタクルの維持」、「環境の持続...

スプリント開催数拡大にFIAが同意せず。F1側に追加支払いを要求か(オートスポーツweb)

F1スプリントに関して、F1とチームは2023年には合計6戦に増やすことで合意したものの、FIAがこの動きにブレーキをかけた。

スプリント開催数拡大にFIAが同意せず。F1側に追加支払いを要求か(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 F1スプリントに関して、F1とチームは2023年には合計6戦に増やすことで合意したものの、FIAがこの動きにブレーキをかけた。

今季のF1開発競争に自信を見せるレッドブル「フェラーリは我々の開発スピードにはついてこられ …

だが、先週末にイモラ・サーキットで行われた第4戦エミリア・ロマーニャGPでは改良が施されたレッドブルF1マシンが強さを発揮。フェルスタッペンが予選、 …

今季のF1開発競争に自信を見せるレッドブル「フェラーリは我々の開発スピードにはついてこられない」(TopNews) - Yahoo!ニュース
2022年のF1タイトル獲得に向け、これからレッドブルとフェラーリの開発競争が激化していくことになりそうだ。 これまでとは大きく異なる新たな技術レギュレーションが導入された2022年のF1だが、シ

「簡単な芸当ではない」F1第4戦、7位入賞の角田裕毅に各国メディアも高採点! スタートから5 …

F1第4戦のエミリア・ロマーニャ・グランプリ、アルファタウリの角田裕毅は12番グリッドからスタートした決勝で安定したレースを展開、多くのオーバーテイク …

「簡単な芸当ではない」F1第4戦、7位入賞の角田裕毅に各国メディアも高採点! スタートから5ランクアップに称賛の声(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 F1第4戦のエミリア・ロマーニャ・グランプリ、アルファタウリの角田裕毅は12番グリッドからスタートした決勝で安定したレースを展開、多くのオーバーテイクを披露して7位入賞という今季最高の成績を残した

アストンマーチンF1代表、ベッテル引退説浮上も残留を熱望「そう望まないなんて、馬鹿げている」

エミリア・ロマーニャGPでF1キャリアの展望を聞かれたベッテルは、まだ判断は下していないものの、引退は遠い未来ではないと認めていた。

アストンマーチンF1代表、ベッテル引退説浮上も残留を熱望「そう望まないなんて、馬鹿げている」
アストンマーチンのマイク・クラック代表は...
タイトルとURLをコピーしました