【動画付き】サダム フセインの息子が所有したフェラーリF40 車庫の隅で見つかる – Yahoo!ニュース

【動画付き】サダム フセインの息子が所有したフェラーリF40 車庫の隅で見つかる – Yahoo!ニュース

数週間前、イギリス在住のフェラーリオーナーで、YouTuberの「ラタロッサ(Ratarossa)」が呼びかけを開始した。彼は詳細な動画とともに、絶対的な夢の車を、 …

【動画付き】サダム フセインの息子が所有したフェラーリF40 車庫の隅で見つかる(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
バーンファインディング(納屋の隅で発見)、その2。サダムフセインの長男、ウダイ フセインの所有したF40が再び姿をあらわした。30年近くも経て、そのF40は、まだイラクに存在していた。

RB18のポテンシャルを存分に発揮できたレッドブル。アドバンテージがありながらフェラーリが …

が、ここにきてイモラでは信頼性がアップして、フェラーリを凌駕する速さを発揮した。前レースまでは速いが脆い……というRB18を、レッドブルはどう立て直し …

RB18のポテンシャルを存分に発揮できたレッドブル。アドバンテージがありながらフェラーリが堕ちた理由とは - 自動車情報誌「ベストカー」
フェラーリのお膝元イモラで開催されたエミリア・ロマーニャGP。後塵を拝してきたレッドブルが1-2ゴール、対してフェラーリは苦戦の結果に。信頼性に難のあったRB18をどう立て直してきたのか、元F1メカニック津川哲夫が私的解説する。

2023年用F1タイヤテスト2日目:フェラーリ、アルファロメオ – autosport web

イタリア・イモラでの2023年用F1タイヤテストが2日目を迎え、前日に引き続きアルファタウリとアルファロメオが走行、新たにフェラーリも加わった。

2023年用F1タイヤテスト2日目:フェラーリ、アルファロメオ、アルファタウリが参加。角田裕毅が103周を走行 | F1 | autosport web
 イタリア・イモラでの2023年用F1タイヤテストが2日目を迎え、前日に引き続きアルファタウリとアルファロメオが走行、新たにフェラーリも加わった。 ピレリの来シーズン用F1タイヤテストが、4月26日にスタートした。初日はアルファタウリ、アルファロメオ、アルピーヌが参加、2日目の27日にはアルファタウリの角田裕毅、アルフ...

F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キール …

フェラーリとレッドブルが勝利を巡って激しく争っている2022年シーズンのF1。しかし彼らも、他のチームのコンセプトに目を向け、優れたアイデアをいち早く …

F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キールウイング”
F1の歴史において、トップチームだけが優れ&#1238...

フェラーリ、F1マイアミGPで直線速度アップの新型リアウイングを投入 – F1-Gate.com

スクーデリア・フェラーリは、史上初のF1マイアイGPでレッドブル・レーシングの直線スピードに対抗するために新しいリアウイングを導入する。2022年のF1世界 …

フェラーリ、F1マイアミGPで直線速度アップの新型リアウイングを投入
スクーデリア・フェラーリは、史上初のF1マイアイGPでレッドブル・レーシングの直線スピードに対抗するために新しいリアウイングを導入する。2022年のF1世界選手権は4レースが終了。オープニング3レースでは、フェラーリが優位に立っているように見えたが、フェラーリの本拠地であるイモダではレッドブルが再び競争力をみせた。

サインツの契約延長を喜ぶルクレール「長期にわたって仕事ができれば常に利点がある」と"継続"の …

シャルル・ルクレールは、フェラーリがカルロス・サインツとの契約を2024年末まで延長したことを「とても重要なこと」とし、フェラーリに安定と信頼が …

サインツの契約延長を喜ぶルクレール「長期にわたって仕事ができれば常に利点がある」と"継続"の重要性を主張 | F1 | autosport web
 シャルル・ルクレールは、フェラーリがカルロス・サインツとの契約を2024年末まで延長したことを「とても重要なこと」とし、フェラーリに安定と信頼がもたらされるだろうと述べている。 フェラーリは4月21日にサインツとの契約延長を発表した。何よりもサインツが恩恵を受けることになるが、チームのドライバーラインアップがさらに強...

TILTA、フェラーリを使ったカーリギングマウントのデモに熱視線。Tilta mirageも人気 – PRONEWS

TILTA、フェラーリを使ったカーリギングマウントのデモに熱視線。Tilta mirageも人気[NAB2022 Booth] | TILTAブースで視線を集めていたのが、フェラーリを …

TILTA、フェラーリを使ったカーリギングマウントのデモに熱視線。Tilta mirageも人気[NAB2022 Booth] - PRONEWS : デジタル映像制作Webマガジン
TILTAブースで視線を集めていたのが、フェラーリを使った新しいカーリギングマウントのデモだった。スピードレールに接続されたマウントは新製品のひとつ。同システムはDJIRS2専用に設計された非常に小さなアームが使用されている。新しい油圧アームは、以前のTILTAアームの1つを改良したもの。5,000USドル前後の価格帯...

マクラーレン、フェラーリの最高技術責任者を新CEOに抜てき

ライターズはフェラーリでも自然吸気V12を強力にバックアップしており、2019年に行われた812 GTSの発表会では、この象徴的なエンジンのために戦うとトップ …

マクラーレン、フェラーリの最高技術責任者を新CEOに抜てき | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
マクラーレンは、新CEOにドイツ出身のマイケル ライターズ(50)を任命し、彼は今年7月から新職務に就く予定だ マクラーレンは、新CEOにドイツ出身のマイケル ライターズ(50)を任命し、彼は今年7月から新職務に就く予定だ。

フェラーリ・エンジンの優雅なサルーン マセラティ・クアトロポルテ 英国版中古車ガイド

美しいボディに、フェラーリ譲りのエンジンを載せた5代目クアトロポルテ。英国編集部がその魅力をご紹介します。

フェラーリ・エンジンの優雅なサルーン マセラティ・クアトロポルテ 英国版中古車ガイド - AUTOCAR JAPAN
美しいボディに、フェラーリ譲りのエンジンを載せた5代目クアトロポルテ。英国編集部がその魅力をご紹介します。

電撃移籍 !? 元フェラーリの技術部門トップ、ミハエル・ライタス氏がマクラーレンの新CEOに就任!

工学の博士号を持ち、ポルシェAGで要職を歴任したあと、近年はフェラーリのチーフ・テクニカル・オフィサーを務めていた人物である。 ライタス氏は、イギリスの …

電撃移籍 !? 元フェラーリの技術部門トップ、ミハエル・ライタス氏がマクラーレンの新CEOに就任! (2022年4月28日) - エキサイトニュース
マクラーレン・オートモーティブが、ミハエル・ライタス氏が2022年7月1日より新たなチーフ・エグゼクティブ・オフィサーに就任することを発表した。ドイツ出身のライタス氏は50歳。工学の博士号を持ち、ポル...
タイトルとURLをコピーしました