レッドブルF1のニューウェイ「2022年タイトル争いはコストキャップに左右される」 アップデート …

レッドブルF1のニューウェイ「2022年タイトル争いはコストキャップに左右される」アップデート …

2022年F1のタイトルをめぐり、シーズン序盤からレッドブルとフェラーリが熾烈な戦いを繰り広げている。その勝敗を決めるのは、開発競争だけでなく、 …

レッドブルF1のニューウェイ「2022年タイトル争いはコストキャップに左右される」アップデートプランの最適化が重要に | F1 | autosport web
 2022年F1のタイトルをめぐり、シーズン序盤からレッドブルとフェラーリが熾烈な戦いを繰り広げている。その勝敗を決めるのは、開発競争だけでなく、アップグレードのサイクルに関してコストキャップを適切に管理することであると、レッドブルのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは語った。

F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キール …

F1の歴史において、トップチームだけが優れたアイデアを独占しているわけではなく、優勝を争っていないマシンに最高のコンセプトを見出すことができる。

F1メカ解説|大流行の兆し? フェラーリやレッドブルもコピーした、アストンマーチンの”キールウイング”
F1の歴史において、トップチームだけが優れたアイデアを独占しているわけではなく、優勝を争っていないマシンに最高のコンセプトを見出すことができる。

一部ドライバーがDRSの使用タイミングに不満「もっと早く有効にしても安全だった」/F1第4戦

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPでDRSのアクティベーションを遅らせることにしたレースコントロールの判断は、その遅さから不利益を被ったと考える一部 …

一部ドライバーがDRSの使用タイミングに不満「もっと早く有効にしても安全だった」/F1第4戦 | F1 | autosport web
 2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPでDRSのアクティベーションを遅らせることにしたレースコントロールの判断は、その遅さから不利益を被ったと考える一部のドライバーから批判された。 エミリア・ロマーニャGPのレースはダンプコンディションの下でスタートしたため、FIAのオフィシャルたちは規則で許可されているとおり...

メルセデスF1、次戦マイアミGPでのマシンアップグレードを計画。ポーパシング軽減に向けて …

autosport web Premiumが登場。 詳細を見る. Grandprix.com/autosport web. F1 | メルセデスF1 …

メルセデスF1、次戦マイアミGPでのマシンアップグレードを計画。ポーパシング軽減に向けて「明るい兆しが見えている」 | F1 | autosport web
 メルセデスは、W13のアップグレードを行うべく、ブラックリーのファクトリーで準備を進めている。次戦マイアミGP、あるいはその次のスペインGPにアップデートを導入し、その後にチームは大きな決断を行うことになるかもしれない。

【SNS特集】F1エミリア・ロマーニャGP:レッドブル、シャンパンとトロフィーでフルハウス完成 …

絶好調の跳ね馬の活躍を見るために駆け付けた大勢のティフォシの目の前で、レッドブルF1マックス・フェルスタッペンがグランドスラムを達成してみせた。

【SNS特集】F1エミリア・ロマーニャGP:レッドブル、シャンパンとトロフィーでフルハウス完成。「底が気になる」ベッテル | F1 | autosport web
 今季初のスプリントフォーマットとなった第4戦エミリア・ロマーニャGPの舞台はイタリア、アウトドローモ・エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ。絶好調の跳ね馬の活躍を見るために駆け付けた大勢のティフォシの目の前で、レッドブルF1マックス・フェルスタッペンがグランドスラムを達成してみせた。少しずつシーズンの勢力図が見え始めたイ...

レッドブルF1 「RB18の軽量化はまだ完全には達成されていない」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、チームが車に加えた変更が結果に役立ったと信じているが、さらに多くの重量を取り除く …

レッドブルF1 「RB18の軽量化はまだ完全には達成されていない」
レッドブル・レーシングは、RB18を軽量化することによってイモラでスクーデリア・フェラーリを倒すことができたと述べているが、目標を達成するためには、まだ完全な「ウェイトウォッチャーズ(ダイエット)」計画が必要だと感じている。レッドブル・レーシングは、シーズンの早い段階から車が最小重量制限をはるかに超えているため、スクー...

F1メカ解説|今もポーパシング問題に苦しむメルセデスが、イモラで行なったリヤウイングの”実験”

メルセデスは今季、激しいポーパシングに悩まされ、パフォーマンス面でも苦しめられている。これに対処するため、エミリア・ロマーニャGPのフリー走行では、 …

F1メカ解説|今もポーパシング問題に苦しむメルセデスが、イモラで行なったリヤウイングの”実験”
メルセデスは今季、激しいポーパシングに悩まされ、パフォーマンス面でも苦しめられている。これに対処するため、エミリア・ロマーニャGPのフリー走行では、ある実験を行なっていた。

アルファロメオ、ザウバーとのF1パートナーシップの今後を7月に発表 – F1-Gate.com

現時点でコンストラクターズランキングで5位につけており、獲得した25ポイントは2021年全体のほぼ2倍だ。 新たにチームリーダーとしてメルセデスF1から加入した …

アルファロメオ、ザウバーとのF1パートナーシップの今後を7月に発表
アルファロメオは、ザウバーとのF1パートナーシップを継続するかどうかを7月に発表する予定だとしている。アルファロメオとザウバーのF1パートナーシップは今年で4年目を迎えており、彼らにとって最も生産的なシーズンになる可能性がある。過去3シーズンは、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのコンビで、コンストラクターズ...

7位フィニッシュの角田裕毅が5番手評価!F1公式がエミリア・ロマーニャGPのパワーランキング …

2022年の第4戦エミリア・ロマーニャGPの結果を受け『F1』公式は現地時間27日、同レースのパワーランキングを発表した。 イモラで7位フィニッシュを果たし、 …

7位フィニッシュの角田裕毅が5番手評価!F1公式がエミリア・ロマーニャGPのパワーランキングを発表|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
2022年の第4戦エミリア・ロマーニャGPの結果を受け『F1』公式は現地時間27日、同レースのパワーランキングを発表した。 イモラで7位フィニッシュを果たし、今季2度目の入賞を果たした角田裕毅につ

【ルノー】F1参入を目指すアンドレッティと提携 参戦を前提にエンジン供給契約を締結か

フランスを代表する自動車メーカーであるルノーのルカ・デ・メオCEOが、F1新チーム設立を目指すアンドレッティ・オートスポーツと提携したことを明らかに …

【ルノー】F1参入を目指すアンドレッティと提携 参戦を前提にエンジン供給契約を締結か(TopNews) - Yahoo!ニュース
フランスを代表する自動車メーカーであるルノーのルカ・デ・メオCEOが、F1新チーム設立を目指すアンドレッティ・オートスポーツと提携したことを明らかにした。 ■F1参戦を目指すアメリカのアンドレッテ
タイトルとURLをコピーしました