レッドブルへのアドバンテージを取り戻したいフェラーリF1、マイアミに新パーツ 導入へ。大型 …

レッドブルへのアドバンテージを取り戻したいフェラーリF1、マイアミに新パーツ導入へ。大型 …

フェラーリは、整然とした計画のもとでF1-75の開発を進め、それがシーズン序盤3戦で成果を上げた。シャルル・ルクレールがバーレーンとオーストラリアで …

レッドブルへのアドバンテージを取り戻したいフェラーリF1、マイアミに新パーツ導入へ。大型アップデートはスペインの予定 | F1 | autosport web
 フェラーリは、整然とした計画のもとでF1-75の開発を進め、それがシーズン序盤3戦で成果を上げた。シャルル・ルクレールがバーレーンとオーストラリアで優勝、サウジアラビアで2位に入り、マックス・フェルスタッペンを大きく引き離してランキングトップに立ったのだ。しかし第4戦エミリア・ロマーニャGPで敗北したことで、チーム代...

F1メカ解説|アルファタウリが”母国”イモラに持ち込んだアップデート……角田裕毅の活躍にも …

アルファタウリはF1エミリア・ロマーニャGPに、今季マシンAT03のアップグレードパーツを持ち込んだ。これが角田裕毅の好パフォーマンスに繋がったのかもしれ …

F1メカ解説|アルファタウリが”母国”イモラに持ち込んだアップデート……角田裕毅の活躍にも繋がった?
アルファタウリはF1エミリア・ロマーニャGPに、今季マシンAT03のアップグレードパーツを持ち込んだ。これが角田裕毅の好パフォーマンスに繋がったのかもしれない。

ピークパワーはどうでもいい? アルピーヌF1、パワーユニットは「最高のマシンに合ってこそ」

浜島裕英とF1トーーク!|motorsport.cast #4 2022年シーズンのように勢力図が大きく変動した中では、シャシーとパワーユニットそれぞれのパフォーマンスを …

ピークパワーはどうでもいい? アルピーヌF1、パワーユニットは「最高のマシンに合ってこそ」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 アルピーヌのブルーノ・ファミンは、パワーユニット(PU)開発ではピークパワーのみを追求するのではなく、マシンとの一体感が重要になると語る。

【コラム】第4回「角田裕毅、文句なしの今季ベストレース」|F1解説者ムッシュ柴田のピットイン

文・柴田久仁夫(しばた・くにお) 1956年静岡県生まれ。1980年代よりフランス・パリを拠点とし、TV番組制作の現場で手腕を振るう。1987年よりF1の世界にも …

【コラム】第4回「角田裕毅、文句なしの今季ベストレース」|F1解説者ムッシュ柴田のピットイン(DAZN News) - Yahoo!ニュース
文・柴田久仁夫(しばた・くにお) 1956年静岡県生まれ。1980年代よりフランス・パリを拠点とし、TV番組制作の現場で手腕を振るう。1987年よりF1の世界にも足を踏み入れ、それ以来数々のレース

メルセデスF1、ハミルトンがガスリーを抜けなかった理由を説明

メルセデスF1は、エミリア・ロマーニャGPの決勝で、ルイス・ハミルトンがピエール・ガスリーの後ろで苦戦を強いられたのは、スプリントで経験した問題の継続 …

メルセデスF1、ハミルトンがガスリーを抜けなかった理由を説明
メルセデスF1は、エミリア・ロマーニャGPの決勝で、ルイス・ハミルトンがピエール・ガスリーの後ろで苦戦を強いられたのは、スプリントで経験した問題の継続であったことを確認した。ルイス・ハミルトンにとって、エミリア・ロマーニャGPは苛立たしい午後となった。一斉にスリックタイヤに交換したピットストップでの混乱などもあり、レー...

アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のドライバーを外された日は本当に辛かった」

ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年シーズンの終わりにレッドブル・レーシングのF1ドライバーを外されたことを告げられたF1で夢の仕事を …

アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のドライバーを外された日は本当に辛かった」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年シーズンの終わりにレッドブル・レーシングのF1ドライバーを外されたことを告げられたF1で夢の仕事を失った日の経験について語ったアレクサンダー・アルボンは、2019年のF1オーストラリアGPでトロロッソからF1デビューを果たし、その後、ピエール・ガスリーと交代する形...

セルジオ・ペレス 「レース数が増加し続ければF1引退を考える可能性もある」

セルジオ・ペレスは、F1カレンダーが拡大し続けていけば、引退を検討するときが来る可能性があることを明らかにした。今年のF1カレンダーは、ロシアが …

セルジオ・ペレス 「レース数が増加し続ければF1引退を考える可能性もある」
セルジオ・ペレスは、F1カレンダーが拡大し続けていけば、引退を検討するときが来る可能性があることを明らかにした。今年のF1カレンダーは、ロシアがキャンセルとなって空席となっているが、史上最多の23戦のレースが組まれた。F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、代替開催のためにいくつかの会場と話し合っており、空いてい...

ジャン・アレジ 「レッドブルF1がイモラでセットアップが当てたのは幸運」 – F1-Gate.com

元F1ドライバーのジャン・アレジは、エミリア・ロマーニャGPでのマシンセットアップの決定に関して、レッドブル・レーシングは「少し運が良かった」と語った …

ジャン・アレジ 「レッドブルF1がイモラでセットアップが当てたのは幸運」
元F1ドライバーのジャン・アレジは、エミリア・ロマーニャGPでのマシンセットアップの決定に関して、レッドブル・レーシングは「少し運が良かった」と語った。エミリア・ロマーニャGPでは、マックス・フェルスタッペンがスプリントと決勝の両方で優勝し、ポジションとファステストラップも記録するほぼ完璧な週末を過ごしたが、レッドブル...

マクラーレンF1従業員、ハミルトンに罵倒投稿…チームが調査へ

… がルイス・ハミルトン(メルセデス)に対し、Fワードを含む放送禁止用語を使ってソーシャルメディアに攻撃的な投稿を行ったとして、マクラーレンF1チーム.

マクラーレンF1従業員、ハミルトンに罵倒投稿…チームが調査へ | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
チームスタッフがルイス・ハミルトン(メルセデス)に対し、Fワードを含む放送禁止用語を使ってソーシャルメディアに攻撃的な投稿を行ったとして、マクラーレンF1チーム

車重が重いのは、各F1チームの責任だ! アルファロメオ代表「最低重量は十分達成可能」

2022年シーズンのF1では、各チームがマシンを軽量化するのに苦しんでいるが、唯一最低重量を下回る重さでマシンをデザインしたアルファロメオの …

車重が重いのは、各F1チームの責任だ! アルファロメオ代表「最低重量は十分達成可能」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2022年シーズンのF1では、各チームがマシンを軽量化するのに苦しんでいるが、唯一最低重量を下回る重さでマシンをデザインしたアルファロメオのフレデリック・バスール代表は、現在の最低重量は達成不可能
タイトルとURLをコピーしました