ランボルギーニがエンツォの心に恐れを産み付けた! フェラーリ「V12ミッドシッ プ車」の誕生秘話

ランボルギーニがエンツォの心に恐れを産み付けた! フェラーリ「V12ミッドシップ車」の誕生秘話

それまで12気筒のロードカーにおいては、頑なにフロントエンジンの基本設計を貫き通してきたフェラーリ。そのフェラーリが一転、365GT4BBでミッドシップへと …

ランボルギーニがエンツォの心に恐れを産み付けた! フェラーリ「V12ミッドシップ車」の誕生秘話(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 それまで12気筒のロードカーにおいては、頑なにフロントエンジンの基本設計を貫き通してきたフェラーリ。そのフェラーリが一転、365GT4BBでミッドシップへと大幅な意識改革を行った理由。それを遡って

フェラーリが富裕層向けレース用の新型モデル計画!?「ローマXX」大予想 | clicccar.com

前後デザインを完全新設計、レースカー用に大幅に軽量化 フェラーリ『ローマ』をベースとする新型レーサー「ローマXX」を大予想しました。

フェラーリが富裕層向けレース用の新型モデル計画!?「ローマXX」大予想 | clicccar.com
■前後デザインを完全新設計、レースカー用に大幅に軽量化 フェラーリ『ローマ』をベースとする新型レーサー「ローマXX」を大予想しました。

“ハマのフェラーリ”DeNA・森の実戦復帰、大幅遅れ…最短でも6月上旬か – スポニチ Sponichi Annex

“ハマのフェラーリ”DeNA・森の実戦復帰、大幅遅れ…最短でも6月上旬か … DeNAの高卒3年目、森敬斗内野手の実戦復帰と1軍昇格が大幅に遅れることになった。

“ハマのフェラーリ”DeNA・森の実戦復帰、大幅遅れ…最短でも6月上旬か - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAの高卒3年目、森敬斗内野手の実戦復帰と1軍昇格が大幅に遅れることになった。

ランボルギーニがエンツォの心に恐れを産み付けた! フェラーリ「V12ミッドシップ車」の誕生秘話

… □フェラーリが365GT4 BBでV12をミッドマウントしたのはランボルギーニ・ミウラへの対抗心から. □365GT4 BB用に開発されたエンジンは180度のバンク角を …

ランボルギーニがエンツォの心に恐れを産み付けた! フェラーリ「V12ミッドシップ車」の誕生秘話
この記事をまとめると■フェラーリが365GT4 BBでV12をミッドマウントしたのはランボルギーニ・ミウラへの対抗心から■365GT4 BB用に開発されたエンジンは180度のバンク角を持つV12エンジンだった■V12のミッドシップはF512…

マクラーレンに新CEO、前フェラーリの技術部門トップを起用…7月就任へ

マクラーレンオートモーティブのトップを務めて8年で同社を去った。 後任となるマイケル・ライターズ氏は、ドイツ出身。これまで、フェラーリのチーフ・ …

マクラーレンに新CEO、前フェラーリの技術部門トップを起用…7月就任へ | レスポンス(Response.jp)
マクラーレンオートモーティブ(McLaren Automotive)は4月27日、マイケル・ライターズ氏を7月1日付けで新CEOに任命すると発表した。

フェラーリが富裕層向けレース用の新型モデル計画!?「ローマXX」大予想 – エキサイト

前後デザインを完全新設計、レースカー用に大幅に軽量化フェラーリ『ローマ』をベースとする新型レーサー「ローマXX」を大予想しました。

フェラーリが富裕層向けレース用の新型モデル計画!?「ローマXX」大予想 (2022年4月30日) - エキサイトニュース
■前後デザインを完全新設計、レースカー用に大幅に軽量化フェラーリ『ローマ』をベースとする新型レーサー「ローマXX」を大予想しました。フェラーリローマXX予想CG同社には、「フェラーリXXプログラム」と...

覚えたぞ……! ルクレール、失意のクラッシュから学習「もう二度と、あんなミスはしない」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、エミリア・ロマーニャGPで表彰台を逃したようなミスは二度と繰り返さないと誓った。

覚えたぞ……! ルクレール、失意のクラッシュから学習「もう二度と、あんなミスはしない」
フェラーリのシャルル・ルクレールは、エミリア・ロマーニャGPで表彰台を逃したようなミスは二度と繰り返さないと誓った。

【松田次生のF1目線】追われる立場のルクレール。プレッシャーにどこまで耐えられるかが鍵に

フェラーリとレッドブルが、ここへきて対等のレベルになってきている印象ですね。 ここから先はautosport web Premium 会員限定コンテンツとなります ログインし …

【松田次生のF1目線】追われる立場のルクレール。プレッシャーにどこまで耐えられるかが鍵に | F1 | autosport web
 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、2022年シーズンはMOTUL AUTECH ZでスーパーGT GT500クラスを戦い、全日本スーパーフォーミュラ選手権ではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生が、F1について語る連載企画『松田次生のF1目線』。今回は第3戦オーストラリアGP、第4戦エミリア・ロマーニャG...

サインツ、予選でのミスはプレッシャーのせいではないと語る「ただ走って違うラインやバランス …

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1第3戦オーストラリアGPと第4戦エミリア・ロ…

サインツ、予選でのミスはプレッシャーのせいではないと語る「ただ走って違うラインやバランスを試していた」/F1第4戦|au Webポータル
au Webポータル

『MotoE™ World Cup』~エリック・グラナドが通算6勝目 – MotoGP

ドミニケ・エガーターとマッテオ・フェラーリが表彰台、大久保光は2.3秒差の6位.

『MotoE™ World Cup』~エリック・グラナドが通算6勝目
ドミニケ・エガーターとマッテオ・フェラーリが表彰台、大久保光は2.3秒差の6位
タイトルとURLをコピーしました