レッドブルF1のペレス、マイアミでのプロモーション撮影時にヘルメットの盗難に あったと明かす

レッドブルF1のペレス、マイアミでのプロモーション撮影時にヘルメットの盗難にあったと明かす

レッドブルF1のペレス、マイアミでのプロモーション撮影時にヘルメットの盗難にあったと明かす. レースを愛してやまないファンの方々へ autosport web Premiumが …

レッドブルF1のペレス、マイアミでのプロモーション撮影時にヘルメットの盗難にあったと明かす | F1 | autosport web
 レッドブルのセルジオ・ペレスは第4戦エミリア・ロマーニャGPで2位を獲得した勢いを持続させることを願ってマイアミに向かうが、ペレスはそのマイアミでヘルメットがなくなってしまったことを明らかにした。 ペレスは最近、レッドブルのプロモーションビデオ撮影の一環で、今週末に初めて開催されるマイアミGPの舞台となるマイアミ・イ...

F1参戦3年目で迎えた正念場。ウイリアムズのラティフィが僚友アルボンの後塵を拝し続ける理由 …

F1ドライバーが、自信のなさが戦略的な意思決定に影響を与えたと認めることは稀であり、チームメイトの方がより良い仕事をしていると認めることもあまりないだ …

F1参戦3年目で迎えた正念場。ウイリアムズのラティフィが僚友アルボンの後塵を拝し続ける理由とは?
ウイリアムズのニコラス・ラティフィはここまで無得点。チームメイトのアレクサンダー・アルボンに後れを取る中で、その苦戦の理由を語った。

F1ドライバーらがシミュレーターでマイアミを走行。ボッタスは「オーバーテイクしやすそうな …

アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、マイアミ・インターナショナル・オードトロームについて、今週末のF1初開催を控えて体験したシミュレーター走行に …

F1ドライバーらがシミュレーターでマイアミを走行。ボッタスは「オーバーテイクしやすそうなコース」と好印象 | F1 | autosport web
 アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、マイアミ・インターナショナル・オードトロームについて、今週末のF1初開催を控えて体験したシミュレーター走行に基づけば、ドライバーにとってはオーバーテイクのチャンスが多いコースだと考えている。

F1技術解説:第4戦(1)なぜレッドブルRB18は格段に速かったのか – autosport web

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点など …

F1技術解説:第4戦(1)なぜレッドブルRB18は格段に速かったのか | F1 | autosport web
 2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。第1回では、レッドブルRB18がフェラーリを圧倒する速さを見せた理由を探る。 ───────────────────────────────...

ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」 – F1-Gate.com

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハは、2021年にそのチャンスがなかったF1のオーバーテイクのコツを学ばなけれ …

ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハは、2021年にそのチャンスがなかったF1のオーバーテイクのコツを学ばなければならないと認める。昨年、ハースF1チームはシーズンを通してバックマーカーであり、他のフィールドに大きく後れを取っていた。そのため、ルーキーシーズンのミック・シューマ...

【インタビュー】F1参戦3年目で迎えた正念場。ウイリアムズのラティフィが僚友アルボンの後塵 …

浜島裕英とF1トーーク!|motorsport.cast #4 今季のラティフィは、新加入のチームメイトであるアレクサンダー・アルボンよりも新マシンに対する適応が …

【インタビュー】F1参戦3年目で迎えた正念場。ウイリアムズのラティフィが僚友アルボンの後塵を拝し続ける理由とは?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 ウイリアムズのニコラス・ラティフィは、2022年シーズン序盤で上手くいっていないことを認めている。それは今季のマシン『FW44』に対する自信のなさが原因だという。

ベッテル、現代F1は「かつて以上にDRSに頼っている」と指摘。ジェッダでのDRSをめぐる …

アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは、F1の新世代マシンのDRSを廃止して“本当のレースがどうなっているのか”を見るのもおもしろいのではないかと …

ベッテル、現代F1は「かつてないほどDRSに頼っている」と指摘。第2戦でのDRSをめぐる駆け引きにも言及(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは、F1の新世代マシンのDRSを廃止して“本当のレースがどうなっているのか”を見るのもおもしろいのではないかと考えている。

F1マイアミGPの「チーム代表パレード」廃案を喜ぶメルセデスのウォルフ

F1初開催のマイアミGPで計画されていた「チーム・プリンシパル・パレード(Team Principals’

F1マイアミGPの「チーム代表パレード」廃案を喜ぶメルセデスのウォルフ | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
F1初開催のマイアミGPで計画されていた「チーム・プリンシパル・パレード(Team Principals'

F1:1億4000万ドルのエンジンコスト上限にF1チーム側が合意せず

F1は、2026年のエンジンコスト上限として1億4000万ドル(約182億円)を提示したが、まだF1チーム側の合意を得られていない。昨年、F1は史上初めてシーズン …

F1:1億4000万ドルのエンジンコスト上限にF1チーム側が合意せず
F1は、2026年のエンジンコスト上限として1億4000万ドル(約182億円)を提示したが、まだF1チーム側の合意を得られていない。昨年、F1は史上初めてシーズンごとに1億4500万ドルの予算上限(ドライバーの給与は除く)を導入。今年は1億4000万ドルに引き下げられ、2023年までに1億3500万ドルまで削減されるよ...

待望のF1マイアミGP、DRSゾーンを初公開…最長1.28kmのロングストレートにも設定

国際自動車連盟(FIA)は初開催を迎える2022年F1第5戦マイアミGPの舞台、マイアミ・インターナショナル・オートドロームに3箇所のDRSゾーンを設定した。

待望のF1マイアミGP、DRSゾーンを初公開…最長1.28kmのロングストレートにも設定 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
国際自動車連盟(FIA)は初開催を迎える2022年F1第5戦マイアミGPの舞台、マイアミ・インターナショナル・オートドロームに3箇所のDRSゾーンを設定した。
タイトルとURLをコピーしました