軽量化競争、極まる。ウイリアムズ、塗装“全剥がし”検討「速くなればスポンサ ーの利益になるだ …

軽量化競争、極まる。ウイリアムズ、塗装“全剥がし”検討「速くなればスポンサーの利益になるだ …

2022年のF1は、新テクニカル・レギュレーションの導入により各チームは最低重量に近付けることに苦戦している。 ウイリアムズはメカニカルな部分での軽量化 …

軽量化競争、極まる。ウイリアムズ、塗装“全剥がし”検討「速くなればスポンサーの利益になるだろう?」
ウイリアムズのマシンパフォーマンス・チーフは、マシンのさらなる軽量化を求め、チームのマーケティング部門にマシンの塗装を全て剥がすことができないかと打診したという。

F1ドライバーたちも、マイアミGPに期待大! ガスリー「かなり凄い!」角田裕毅は難しい …

F1マイアミGPのコースをシミュレータで試したドライバーたちは、そのレイアウトに高評価を下している。

F1ドライバーたちも、マイアミGPに期待大! ガスリー「かなり凄い!」角田裕毅は難しいセクター3警戒
F1マイアミGPのコースをシミュレータで試したドライバーたちは、そのレイアウトに高評価を下している。

F1マイアミGP、コースレイアウトで“限界”に挑む「針の穴を通すようなデザインを実現させた」

もうすぐ初開催を迎えるF1第5戦マイアミGP。NFLのマイアミドルフィンズの本拠地ハードロックスタジアムを囲むように新設されたマイアミ・ …

F1マイアミGP、コースレイアウトで“限界”に挑む「針の穴を通すようなデザインを実現させた」
初開催マイアミGPの舞台マイアミ・インターナショナル・オートドローム。設計を担当したエイペックス・サーキット・デザインは、バックストレート手前のシケインで「設計の限界」に挑んだと明らかにした。

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】絶好のタイミングで実力を証明。今後への期待が …

2022年、アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目を戦っている。昨年に続き、エディ・エディントン氏が、グランプリウイークエンドを通して角田の …

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】絶好のタイミングで実力を証明。今後への期待が高まる | F1 | autosport web
 2022年、アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目を戦っている。昨年に続き、エディ・エディントン氏が、グランプリウイークエンドを通して角田の動きをくまなくチェックし、豊富な経験をもとに、彼の成長ぶり、あるいはどこに課題があるのかを忌憚なく指摘する。今回は2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPについて語...

レッドブル最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイ「F1は風洞を禁止するべきだ」

そして、レッドブルはフェラーリのワークスF1チームと同じように、エンジン部門を含む全ての施設をひとつ屋根の下に置くことになるという。 天才F1マシン設計者 …

レッドブル最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイ「F1は風洞を禁止するべきだ」(TopNews) - Yahoo!ニュース
レッドブルのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、F1は風洞を用いたマシン開発を禁止するべきだと考えている。 ■レッドブルも最新式風洞の建設を決定 現在では高度な空力設

メルセデスF1、凍結後もエンジンパフォーマンスの向上を模索

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリューショブリンは、パワーユニットからより多くのパフォーマンスを微調整できる …

メルセデスF1、凍結後もエンジンパフォーマンスの向上を模索
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリューショブリンは、パワーユニットからより多くのパフォーマンスを微調整できる部分を模索していると語る。F1は、2022年から2025年の終わりまでエンジン開発を凍結する。最初のホモロゲーションの最終期限2022年3月1日に設定され、ICE(内燃エン...

レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1は風洞を禁止にするべき」

だが、エイドリアン・ニューウェイがF1マシンを設計するレッドブル・レーシングは、マクラーレンやアストンマーティンに加わり、完全に新しい風洞を建設する …

レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1は風洞を禁止にするべき」
レッドブル・レーシングに最高技術責任者を務めるエイドリアン・ニューウェイは、F1は風洞を禁止するべきだと考えている。だが、エイドリアン・ニューウェイがF1マシンを設計するレッドブル・レーシングは、マクラーレンやアストンマーティンに加わり、完全に新しい風洞を建設することを決定している。

「レッドブル・レーシングは今後数年間のF1を支配する」とセルジオ・ペレス

メルセデスは、8年連続でコンストラクターズタイトルを獲得しているが、新世代F1マシンが導入された2022年にトップの座から滑り落ち、オープニング4ラウンドで …

「レッドブル・レーシングは今後数年間のF1を支配する」とセルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングがF1の今後数シーズンを“支配”するだろうという大胆な予測を立てた。レッドブル・レーシングは、2021年にタイトル争いに返り咲き、マックス・フェルスタッペンが、最終戦アブダビGPのファイナルラップでメルセデスのルイス・ハミルトンからドライバーズタイトルを奪い取った。

アウディとポルシェ、F1参戦にむけてエンジンの開発を開始 – F1-Gate.com

「F1を使用すると、フォーミュラ1を使用しない場合よりも、シュトゥットガルト(ポルシェ)とインゴルシュタット(アウディ)からより多くのお金を得ることが …

アウディとポルシェ、F1参戦にむけてエンジンの開発を開始
フォルクスワーゲン・グループのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、アウディとポルシェがF1参戦にむけてエンジンの開発を開始していることを明らかにした。まだ、アウディとポルシェからの正式な発表はないが、フォルクスワーゲン・グループは料ブランドのF1参戦計画を承認しており、2026年のF1エンジンレギュレーションの最終決...

ミック・シューマッハは「F1でのオーバーテイクに慣れていない」とハースのボス(TopNews)

ハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーが、2年目のF1シーズンを迎えているミック・シューマッハは、まだF1マシンでの走りに適応しようとして …

ミック・シューマッハは「F1でのオーバーテイクに慣れていない」とハースのボス(TopNews) - Yahoo!ニュース
ハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーが、2年目のF1シーズンを迎えているミック・シューマッハは、まだF1マシンでの走りに適応しようとしている段階にあると示唆した。 7度F1王座に就い
タイトルとURLをコピーしました