ホンダ新型「シティ」新仕様が印で登場! スポーティでエコなHVセダン 約332万円 で発売

ホンダ新型「シティ」新仕様が印で登場! スポーティでエコなHVセダン 約332万円で発売

ホンダのインド法人(ホンダカーズインディア/HCIL)は、新型「シティ e:HEV」を2022年5月4日に発売しました。

ホンダ新型「シティ」新仕様が印で登場! スポーティでエコなHVセダン 約332万円で発売(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダのインド法人(ホンダカーズインディア/HCIL)は、新型「シティ e:HEV」を2022年5月4日に発売しました。

ホンダが新型SUV「ZR-V」を世界初公開! 北米新型「HR-V」と同じじゃね? 中国仕様はターボ …

中国でホンダ車を販売する広汽ホンダは2022年5月5日、新型「ZR-V」を世界初公開しました。

ホンダが新型SUV「ZR-V」を世界初公開! 北米新型「HR-V」と同じじゃね? 中国仕様はターボエンジン搭載か(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 中国でホンダ車を販売する広汽ホンダは2022年5月5日、新型「ZR-V」を世界初公開しました。

ホンダ新型「シティ」新仕様が印で登場! スポーティでエコなHVセダン 約332万円で発売

ホンダはインドで新型「シティ e:HEV」を発売しました。「e:HEV」や「ホンダセンシング」といった先端技術がインドで初めて導入されます。

ホンダ新型「シティ」新仕様が印で登場! スポーティでエコなHVセダン 約332万円で発売
ホンダはインドで新型「シティ e:HEV」を発売しました。「e:HEV」や「ホンダセンシング」といった先端技術がインドで初めて導入されます。

苛立つペレス…レッドブル、トラブルを受けホンダと再発防止へ / F1マイアミGP

… レーシングのクリスチャン・ホーナー代表はF1マイアミGPの決勝レース中に発生したセンサートラブルについて、テクニカルパートナーのHRC(ホンダ)の協.

苛立つセルジオ・ペレス…レッドブル、トラブルを受けホンダと再発防止へ / F1マイアミGP | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表はF1マイアミGPの決勝レース中に発生したセンサートラブルについて、テクニカルパートナーのHRC(ホンダ)の協

アルファードよりも売れていない!? フィット失速の理由と課題 – 自動車情報誌「ベストカー」

文:立花義人、エムスリープロダクション写真:HONDA、ベストカー編集部 … ホンダのコンパクトハッチバック「ロゴ」の後継車として、2001年6月に誕生した …

アルファードよりも売れていない!? フィット失速の理由と課題 - 自動車情報誌「ベストカー」
コンパクトカーカテゴリーにおいて、安定した人気を保ってきたホンダ「フィット」。しかし、ここ最近は苦戦を強いられている。かつてトヨタ「カローラ」を王座から引きずり下ろしたほどの人気を誇ったフィットの失速の理由を考察し、今後の展望について考える。

「2輪車」ライダー守る…カワサキ・ホンダ、先進装備の搭載・安全技術の開発を活発化

ホンダの研究開発子会社、本田技術研究所の大津啓司社長はこう強調する。ホンダは「50年に世界でホンダの2輪車、4輪車が関与する交通事故死者ゼロ」を目標に …

「2輪車」ライダー守る…カワサキ・ホンダ、先進装備の搭載・安全技術の開発を活発化|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、「2輪車」ライダー守る…カワサキ・ホンダ、先進装備の搭載・安全技術の開発を活発化のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

エンジン回転数とバッテリーの状況からEV走行を分析してみた! – モーターファン

ホンダ・フィットe:HEV(i-MMD)をジャーナリスト、世良耕太が試乗。ホンダ独自の2モーターハイブリッドは、通常はモーターで走行、エンジンの効率が良い …

「ホンダ・フィットe:HEV」と「日産ノートe-POWER」、エンジン回転数とバッテリーの状況からEV走行を分析してみた!
ホンダ・フィットe:HEV(i-MMD)をジャーナリスト、世良耕太が試乗。ホンダ独自の2モーターハイブリッドは、通常はモーターで走行、エンジンの効率が良い領域はエンジン直結モードで走行する。シリーズハイブリッドの日産e-POWERと比べた場合、実際はどうなのか? 工学博士の畑村耕一氏とともに実験試乗した。 TEXT &...

21世紀ホンダ破天荒伝説 「Nプロジェクト、その全貌」第1章:21世紀に出遅れたホンダ | モーサイ

ホンダは時に途方もないような数々の挑戦によって、成長してきたブランドである。言い換えればそれは、いわゆる技術との戦いや画期的な商品開発における作り手の …

21世紀ホンダ破天荒伝説 「Nプロジェクト、その全貌」第1章:21世紀に出遅れたホンダ
チャレンジして失敗するよりも、何もしないで失敗することを恐れろ失敗を恐れて何もしない人間は最低なのである 序 ホンダは時に途方もないような数々の挑戦によって、成長してきたブランドである。それは、いわゆ

ホンダNEWダックス125完全解説【新旧スタイリング比較編】 – ヤングマシン

モンキー125/スーパーカブC125/CT125ハンターカブに続く復刻シリーズ第4弾で、モチーフは当然、’69年登場の「ダックスホンダ」だ。ダックスは’95年にも …

ホンダ新生ダックス125・新旧徹底比較!【スタイリング編|新型は力強く骨太に】
ホンダ ダックス125の完全解説。本記事では特にその独創的なスタイリングに注目し、旧型ダックスと比較しながら、変わった点/変わらない点を解説しています。

【GT500車両技術詳細・ホンダ編】タイプSへのベースモデル変更で各部の最適化を狙う

エンジン開発においても、「燃費の良いエンジンがパワー競争も制する」先進的環境のもと、日夜の進化が続く。2022年シーズン、トヨタ、ホンダ、ニッサンの …

【GT500車両技術詳細・ホンダ編】タイプSへのベースモデル変更で各部の最適化を狙う | スーパーGT | autosport web
 GT-RからZへ、NSXはタイプSへ。新規車種の参戦にともない、空力開発の一部が解禁された。エンジン開発においても、「燃費の良いエンジンがパワー競争も制する」先進的環境のもと、日夜の進化が続く。2022年シーズン、トヨタ、ホンダ、ニッサンの勢力図は大きく動くことが予想される。
タイトルとURLをコピーしました