マツダ・三菱自も操業を停止 日系自動車大手全社に ロシアの工場 – 朝日新聞デジ タル

マツダ・三菱自も操業を停止 日系自動車大手全社に ロシアの工場 – 朝日新聞デジタル

マツダと三菱自動車は11日までに、ロシアにあるそれぞれの工場の操業を停止したことを明らかにした。トヨタ自動車や日産自動車、いすゞ自動車はすでに操業 …

マツダ・三菱自も操業を停止 日系自動車大手全社に ロシアの工場:朝日新聞デジタル
 マツダと三菱自動車は11日までに、ロシアにあるそれぞれの工場の操業を停止したことを明らかにした。トヨタ自動車や日産自動車、いすゞ自動車はすでに操業をとめており、これによりロシアに工場を持つ日系の自動…

マツダ、業績が上振れ…新車販売が想定以上 2022年3月期予想 | レスポンス(Response.jp)

マツダは5月11日、円安による為替差益や新車販売台数が想定を上回っていることから2022年3月期の通期連結業績予想を上方修正したと発表した。

マツダ、業績が上振れ…新車販売が想定以上 2022年3月期予想 | レスポンス(Response.jp)
マツダは5月11日、円安による為替差益や新車販売台数が想定を上回っていることから2022年3月期の通期連結業績予想を上方修正したと発表した。

【このクルマなんぼ?】走行距離たった2,100km 二代目マツダ ロードスター(NB)販売中 …

コンバーチブルの季節にぴったりのこの23年前のマツダ ロードスターは、走行距離がわずか2,100kmで、事実上新車同然だ。そんな一台がただいま販売中!

【このクルマなんぼ?】走行距離たった2,100km 二代目マツダ ロードスター(NB)販売中 果たしてその値段は?(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
コンバーチブルの季節にぴったりのこの23年前のマツダ ロードスターは、走行距離がわずか2,100kmで、事実上新車同然だ。そんな一台がただいま販売中! 累計生産台数100万台を突破し、現在は4代目

マツダ、2022年3月期の業績予想を上方修正(日刊自動車新聞) – Yahoo!ニュース

マツダは11日、2022年3月期通期予想を上方修正すると発表した。販売費用の抑制により営業利益が増加した他、経常利益は円安効果による為替差益によって増加 …

マツダ、2022年3月期の業績予想を上方修正(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 マツダは11日、2022年3月期通期予想を上方修正すると発表した。販売費用の抑制により営業利益が増加した他、経常利益は円安効果による為替差益によって増加した。2月10日の前回公表時と比較し、売上高

国内向けへの展開が待ち遠しいマツダMX-30の新色 | MAGX NEWS

マツダが欧州でMX-30の改良モデルを発表した(発売は7月)。ロータリーエンジン搭載のレンジエクステンダーについては言及されていないが、国内で秋に発表 …

国内向けへの展開が待ち遠しいマツダMX-30の新色
マツダが欧州でMX-30の改良モデルを発表した(発売は7月)。ロータリーエンジン搭載のレンジエクステンダーにつ…

新旧マツダ車、100年の物語 広島のミュージアムが新装へ – 朝日新聞デジタル

マツダ(本社・府中町)の歴史やエンジンの仕組みなどが展示される自動車博物館「マツダミュージアム」が改装され、5月23日に一般公開される。

新旧マツダ車、100年の物語 広島のミュージアムが新装へ:朝日新聞デジタル
 マツダ(本社・府中町)の歴史やエンジンの仕組みなどが展示される自動車博物館「マツダミュージアム」が改装され、5月23日に一般公開される。空間デザインが変わり、展示も刷新。マツダを代表する名車の展示も…

マツダの新車販売、4月は65%減 – NNA ASIA・中国・自動車・二輪車

マツダの中国法人、マツダ(中国)企業管理は12日、中国での2022年4月の新車販売台数(小売りベース)が前年同月比65.4%減の5269台だったと発表した。

マツダの新車販売、4月は65%減 中国・自動車・二輪車
マツダの中国法人、マツダ(中国)企業管理は12日、中国での2022年4月の新車販売台数(小売りベース)が前年同月比65.4%減の5,269台だったと発表した。マイナスは13カ月連続。 1~4月の累計販売台数は前年同期比…

クルマ レクサスのEV「RZ」とマツダのPHEV「CX-60」。2種の試作SUVに乗ってみた! – くるくら

いま注目すべき2台のSUVがある。ひとつはレクサス初のピュアEV「RZ」。そしてもうひとつがマツダが「ラージ商品群」の第一弾として販売を予定して …

レクサスのEV「RZ」とマツダのPHEV「CX-60」。2種の試作SUVに乗ってみた!
いま注目すべき2台のSUVがある。ひとつはレクサス初のピュアEV「RZ」。そしてもうひとつがマツダが「ラージ商品群」の第一弾として販売を予定している「CX-60」だ。いったい、どのようなクルマなのだろうか。発売間近のプロトタイプ(試作車)を小川フミオが試乗した。

【材料】マツダは急反発、円安追い風に22年3月期業績と配当予想を大幅増額修正 – 株探

マツダ<7261>が3日ぶりに急反発。11日の取引終了後、22年3月期の連結経常利益を従来予想の790億円から1235億円(前の期比4.4倍)へ …

マツダは急反発、円安追い風に22年3月期業績と配当予想を大幅増額修正 | 個別株 - 株探ニュース
 マツダ<7261>が3日ぶりに急反発。11日の取引終了後、22年3月期の連結経常利益を従来予想の790億円から1235億円(前の期比4.4倍)へ上方修正すると発表しており、これが好感されているようだ・・・。

マツダ、2022年3月期の業績予想を上方修正 – 日刊自動車新聞

マツダは11日、2022年3月期通期予想を上方修正すると発表した。販売費用の抑制により営業利益が増加した他、経常利益は円安効果による為替差益 …

マツダ、2022年3月期の業績予想を上方修正|自動車メーカー|紙面記事
マツダは11日、2022年3月期通期予想を上方修正すると発表した。販売費用の抑制により営業利益が増加した他、経常利益は円安効果による為替差益によって増加した。2月10日の前回公表時と比較し、売上高が…
タイトルとURLをコピーしました