マツダ『MX-30』、急速充電を26分に短縮…欧州2022年型 | レスポンス(Response.jp)

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

マツダ『MX-30』、急速充電を26分に短縮…欧州2022年型 | レスポンス(Response.jp)

マツダの欧州部門は5月12日、マツダ初の量産EV、『MX-30』(Mazda MX-30)の2022年モデルの受注を開始した。充電のスピードアップが図られている。

マツダ『MX-30』、急速充電を26分に短縮…欧州2022年型 | レスポンス(Response.jp)
マツダの欧州部門は5月12日、マツダ初の量産EV、『MX-30』(Mazda MX-30)の2022年モデルの受注を開始した。充電のスピードアップが図られている。

同門CX-5にも牙をむく? マツダ新型CX-60 対ライバルSUV比較で驚きの激安ぶり!!? – Yahoo!ニュース

2022年4月25日よりマツダ新型SUV「CX-60」の先行予約が開始された。販売開始は、今年初秋を予定している。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダ丸本社長「構造改革と日々の改善の両輪による成果が表れた」 2022年3月期決算

マツダが5月13日に発表した2022年3月期連結業績は本業の儲けを示す営業利益が1042億円となった。部品供給不足やコロナ影響で販売台数は前年を割り込んだ …

マツダ丸本社長「構造改革と日々の改善の両輪による成果が表れた」 2022年3月期決算 | レスポンス(Response.jp)
マツダが5月13日に発表した2022年3月期連結業績は本業の儲けを示す営業利益が1042億円となった。部品供給不足やコロナ影響で販売台数は前年を割り込んだものの、台あたり単価の改善や販売費の抑制に加え円安も寄与し、前期の88億円から大きく改善した。

マツダ決算 最終損益は2年ぶりの黒字 円安や世界的な新車需要が要因

マツダは、半導体不足は改善しつつあるものの解消時期は見通せないとしながらも、新型車CX-60の投入などで今期は昨年度より8%多い135万台の販売を …

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

マツダ、2年ぶり黒字 – 西日本新聞

マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が815億円の黒字(前期は316億円の赤字)になった。黒字…|西日本新聞meは、九州のニュースを中心に …

マツダ、2年ぶり黒字
マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が815億円の黒字(前期は316億円の赤字)になった。黒字は2年ぶり。販売費用...マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が815億円の黒字(前期は316億円の赤字)になった。黒字は2年ぶり。販売費用...

マツダ 昨年度決算 2年ぶりに黒字に 最終利益815億円 – NHK.JP

【NHK】マツダの昨年度1年間の決算は、アメリカなどで利益率の高い車種の販売を伸ばしたことから最終的な利益は815億円と2年ぶりに…

マツダ 昨年度決算 2年ぶりに黒字に 最終利益815億円 | NHK
【NHK】マツダの昨年度1年間の決算は、アメリカなどで利益率の高い車種の販売を伸ばしたことから最終的な利益は815億円と2年ぶりに…

マツダ、2年ぶり最終黒字…22年3月期連結決算 – 読売新聞オンライン

マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、最終利益が815億円(前期は316億円の赤字)で、2年ぶりに黒字転換した。売上高は前期比8・3% …

マツダ、2年ぶり最終黒字…22年3月期連結決算
マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、最終利益が815億円(前期は316億円の赤字)で、2年ぶりに黒字転換した。売上高は前期比8・3%増の3兆1203億円だった。円安の追い風に加え、米国や豪州などで販売が好

マツダ決算 純利益が2年ぶり黒字に(HOME広島ホームテレビ) – Yahoo!ニュース

マツダが通期決算を発表。純利益が2年ぶりに黒字になったことを明らかにしました。 マツダ丸本明社長「これまで進めてきた構造改革と日々の改善の両輪による …

マツダ決算 純利益が2年ぶり黒字に(HOME広島ホームテレビ) - Yahoo!ニュース
マツダが通期決算を発表。純利益が2年ぶりに黒字になったことを明らかにしました。 マツダ丸本明社長「これまで進めてきた構造改革と日々の改善の両輪による成果が表れた1年と受け止めています」 マツダの

マツダ、2022年3月期通期決算説明会 売上高3兆1203億円、純利益は前年317億円の赤字から …

マツダは5月13日、2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の通期決算説明会を実施した。登壇したのは、代表取締役社長兼CEO 丸本明氏、取締役専務執行 …

マツダ、2022年3月期通期決算説明会 売上高3兆1203億円、純利益は前年317億円の赤字から816億円の黒字へ転換
 マツダは5月13日、2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の通期決算説明会を実施した。登壇したのは、代表取締役社長兼CEO 丸本明氏、取締役専務執行役員 小野満氏、取締役 専務執行役員 青山裕大氏、常務執行役員 川村修氏の4名。

マツダ、2年ぶり黒字 販売費用抑制や円安寄与 – 47NEWS

マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が815億円の黒字(前期は316億円の赤字)になった。黒字は2年ぶり。販売費用の抑制や円安などが寄与した …

マツダ、2年ぶり黒字 販売費用抑制や円安寄与
 マツダが13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が815億円の黒字(前期は316億円の赤字)になった。黒字は2年ぶり。販売費用の抑制や円安などが寄与した。売上高は前期比8.3%増の3兆12 ...
タイトルとURLをコピーしました