ホンダ、営業益32%増…四輪販売台数減もコストダウンや円安効果で 2022年3月期決 算

ホンダ、営業益32%増…四輪販売台数減もコストダウンや円安効果で 2022年3月期決算

ホンダは5月13日、2022年3月期(2021年4月~2022年3月)の連結決算を発表。コストダウン効果や為替影響などで営業利益は前年同期比32.0%増の8712億円を確保 …

ホンダ、営業益32%増…四輪販売台数減もコストダウンや円安効果で 2022年3月期決算 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは5月13日、2022年3月期(2021年4月~2022年3月)の連結決算を発表。コストダウン効果や為替影響などで営業利益は前年同期比32.0%増の8712億円を確保した。

北米仕様ホンダ・オデッセイ 新たにスポーツモデル追加 2023年モデル – Yahoo!ニュース

このオデッセイはホンダのアラバマ州リンカーン工場にて、パイロット、パスポート、リッジラインなどとともに生産される。 発売予定日は5月23日で、その価格は3 …

北米仕様ホンダ・オデッセイ 新たにスポーツモデル追加 2023年モデル(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
北米仕様の2023年型オデッセイに、スポーティな新グレードが追加される。内外装にユニークなスタイリングが与えられ、スポーティでエモーショナルな印象を表現しているとのことだ。

ホンダ新型「オデッセイスポーツ」5月下旬に発売! 黒グリルで精悍さMAX 米に投入へ

米国ホンダは、2022年5月23日に「オデッセイ」に新グレード「スポーツ」を追加し、現地で発売します。

ホンダ新型「オデッセイスポーツ」5月下旬に発売! 黒グリルで精悍さMAX 米に投入へ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 米国ホンダは、2022年5月23日に「オデッセイ」に新グレード「スポーツ」を追加し、現地で発売します。

「気持ちいい!?」 ホンダ新型「超快適ミニバン」発表へ 歴代オーナーも感激の凄さは? 新型 …

2022年5月26日にデビューが予定されているホンダの新型「ステップワゴン」。歴代オーナーはひと足早く体感した様子が公式YouTubeで公開されました。

「気持ちいい!?」 ホンダ新型「超快適ミニバン」発表へ 歴代オーナーも感激の凄さは? 新型ステップワゴンを体感した感想はいかに
2022年5月26日にデビューが予定されているホンダの新型「ステップワゴン」。歴代オーナーはひと足早く体感した様子が公式YouTubeで公開されました。

ホンダ新型SUVを2022年中に国内発売予定! 車名は「ZR-V」か? – モーターファン

ホンダは、すでに北米・中国・欧州で情報が公開されている新型SUVを2022年中に日本国内でも発売予定であることを明らかにした。詳しい情報は、5月19日に …

ホンダ新型SUVを2022年中に国内発売予定! 車名は「ZR-V」か?
ホンダは、すでに北米・中国・欧州で情報が公開されている新型SUVを2022年中に日本国内でも発売予定であることを明らかにした。詳しい情報は、5月19日にホンダのオフィシャルWEBサイトにて公開予定とアナウンスされている。

ホンダさん「N-BOX一強」で大丈夫? 2024年以降の話はするものの…直近はどうなの? 心配し …

ホンダ最短で200万台の販売を達成した軽自動車「N-BOX」。その勢いは初代デビューから10年が過ぎた今も変わりません。順調な売れ行きに死角はないのでしょ …

ホンダさん「N-BOX一強」で大丈夫? 2024年以降の話はするものの…直近はどうなの? 心配したくなる事情とは
ホンダ最短で200万台の販売を達成した軽自動車「N-BOX」。その勢いは初代デビューから10年が過ぎた今も変わりません。順調な売れ行きに死角はないのでしょうか。唯一心配されるのが電動化対策でした。

ホンダの今期、営業利益予想は7%減 原材料高など響く | ロイター

ホンダは13日、2023年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比7.0%減の8100億円となる見通しと発表した。円安効果や販売面での改善は …

ホンダの今期、営業利益予想は7%減 原材料高など響く
ホンダは13日、2023年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比7.0%減の8100億円となる見通しと発表した。円安効果や販売面での改善はあるものの、原材料高などコスト増加が響く。

UPDATE 1-ホンダの今期、7%の営業減益予想 原材料などコスト増響く – ロイター

ホンダは13日、2023年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比7.0%減の8100億円となる見通しと発表した。円安による追い風や販売増、 …

再送ホンダの今期、7%の営業減益予想 原材料などコスト増響く
ホンダは13日、2023年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比7.0%減の8100億円となる見通しと発表した。円安による追い風や販売増、値引き抑制による採算改善を見込むものの、前期から3000億円近く原材料費が上がるなどコストの増加が響く。

2021年度決算は営業利益32%増の8712億円で増収増益 2022年度は4輪車販売420万台を計画

ホンダ、2021年度決算は営業利益32%増の8712億円で増収増益 2022年度は4輪車 … 説明会では、最初に本田技研工業 取締役 代表執行役副社長 竹内弘平氏 …

ホンダ、2021年度決算は営業利益32%増の8712億円で増収増益 2022年度は4輪車販売420万台を計画
 本田技研工業は5月13日、2021年度通期(2021年4月1日~2022年3月31日)の決算説明会をYouTube LIVEでオンライン配信した。

人気のホンダ原付二種、絶賛増産中! 新型ダックスも普通に買えそう?【ホンダNEWダックス125 …

’22年7月21日に発売となるホンダの新型ダックス125。価格は44万円とのことだが、バイク不足の昨今普通に手に入れることはできるのだろうか。人気の原付二種 …

人気のホンダ原付二種、絶賛増産中! 新型ダックスも普通に買えそう?【ホンダNEWダックス125完全解説】
'22年7月21日に発売となるホンダの新型ダックス125。価格は44万円とのことだが、バイク不足の昨今普通に手に入れることはできるのだろうか。人気の原付二種他モデルとともに考察する。
タイトルとURLをコピーしました