アンドレッティのF1参戦、エントリー料の250億円だけじゃ不十分? 既存チーム説 得に必要な …

アンドレッティのF1参戦、エントリー料の250億円だけじゃ不十分? 既存チーム説得に必要な …

マイアミGPの成功は、F1がアメリカでどれだけ躍進しているかを示す、最も強力な証拠のひとつだが、アンドレッティのF1参入はいまだ受け入れられていないよう …

アンドレッティのF1参戦、エントリー料の250億円だけじゃ不十分? 既存チーム説得に必要な”プラスα”
マイアミGPの成功は、F1がアメリカでどれだけ躍進しているかを示す、最も強力な証拠のひとつだが、アンドレッティのF1参入はいまだ受け入れられていないようだ。

市街地レースがF1の進むべき道。ハミルトン「歴史的なサーキットが大好きだけど – Yahoo!ニュース

現在F1のオーナーを務めるリバティ・メディアは、人里離れた常設サーキットではなく、積極的に人口の多い市街地にレース会場を設けてF1を開催していくという …

市街地レースがF1の進むべき道。ハミルトン「歴史的なサーキットが大好きだけど、多くのファンがいてこそ」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 現在F1のオーナーを務めるリバティ・メディアは、人里離れた常設サーキットではなく、積極的に人口の多い市街地にレース会場を設けてF1を開催していくという路線を採っている。

ロス・ブラウン 「ミハエル・シューマッハはF1新時代に魅力されただろう」 – F1-Gate.com

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、今年から導入された新世代F1マシンは、ミハエル・シューマッハを“魅了”しただろうと信じて …

ロス・ブラウン 「ミハエル・シューマッハはF1新時代に魅力されただろう」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、今年から導入された新世代F1マシンは、ミハエル・シューマッハを“魅了”しただろうと信じている。1991年にF1に参戦したミハエル・シューマッハは、18シーズンをグリッドで過ごして7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したが、今日のF1マシンは彼が経験したものとは大き...

ウイリアムズF1、今週末の第6戦スペインGPのFP1でニック・デ・フリースを起用へ – autosport web

5月16日(月)、ウイリアムズ・レーシングは、今週末にバルセロナ-カタロニア・サーキットで開催されるF1第6戦スペインGPのフリー走行1回目において、 …

ウイリアムズF1、今週末の第6戦スペインGPのFP1でニック・デ・フリースを起用へ | F1 | autosport web
 5月16日(月)、ウイリアムズ・レーシングは、今週末にバルセロナ-カタロニア・サーキットで開催されるF1第6戦スペインGPのフリー走行1回目において、ニック・デ・フリースを起用すると発表した。 現在27歳でオランダ出身のデ・フリースは、2012年よりシングルシーターでのキャリアをスタートし、2014年にはユーロカップ...

マックス・フェルスタッペン 「米国のF1レースがモナコのステータスを奪うことはない」

レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、F1がマイアミやラスベガスなどの新しいイベントにシフトしたとしても、F1 …

マックス・フェルスタッペン 「米国のF1レースがモナコのステータスを奪うことはない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、F1がマイアミやラスベガスなどの新しいイベントにシフトしたとしても、F1カレンダーにおけるモナコのステータスが失われることはないと考えている。F1は先週末、マイアミGPを初開催し、ソールドアウトのとなった新しいイベントは、観客と多くの有名人を魅了...

【F1】英専門メディアが角田裕毅を「今季株を上げたドライバー」に選出! 2年目の進化に注目 …

2022年F1世界選手権はここまで5戦が終わり、様々なレースが見られたのと同じように、各ドライバーもそれぞれ異なるパフォーマンスを発揮し、その中で明暗 …

【F1】英専門メディアが角田裕毅を「今季株を上げたドライバー」に選出! 2年目の進化に注目度上昇「同僚ガスリーを時に上回る」(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 2022年F1世界選手権はここまで5戦が終わり、様々なレースが見られたのと同じように、各ドライバーもそれぞれ異なるパフォーマンスを発揮し、その中で明暗も分かれることとなった。  まだ序盤戦の途中

メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「W13は運転するのが本当に難しい」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1の2022年マシンW13は、ポーパシングによって“運転するのが本当に難しい”と語る。ジョージ・ラッセルと彼のチームメイト …

メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「W13は運転するのが本当に難しい」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1の2022年マシンW13は、ポーパシングによって“運転するのが本当に難しい”と語る。ジョージ・ラッセルと彼のチームメイトであるルイス・ハミルトンは、前戦マイアミGPを5位と6位でフィニッシュしたが、レッドブルとフェラーリのペースから大きく後れをとっていた。

シャルル・ルクレール、ニキ・ラウダのフェラーリ312B3でクラッシュ – F1-Gate.com

スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、日曜日に2022年のモナコ・ヒストリックGPでのデモ走行中にニキ・ラウダのフェラーリ …

F1:シャルル・ルクレール、ニキ・ラウダのフェラーリ312B3でクラッシュ / モナコ・ヒストリックGP
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、日曜日に2022年のモナコ・ヒストリックGPでのデモ走行中にニキ・ラウダのフェラーリ 312B3をクラッシュさせた。シャルル・ルクレールは、元フェラーリのF1ドライバーで6回のル・マン ウィナーであるジャッキー・イクスと一緒にパレードの一環として、1...

レッドブルF1首脳 「RB18はまだ2022年の最低重量に到達していない」

昨年のメルセデスF1とは異なり、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールはコース上でのバトルに専念し、コース外では比較的平和な戦いとなっていた。

レッドブルF1首脳 「RB18はまだ2022年の最低重量に到達していない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、RB18がまだ2022年の最低重量に到達していないと認める。今年、レッドブル・レーシングのライバルはスクーデリア・フェラーリに代わった。昨年のメルセデスF1とは異なり、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールはコース上でのバトルに専念し、...

【中野信治のF1分析/第5戦】初開催マイアミGPで見えたフェルスタッペンの真骨頂とフェラーリ …

2022年シーズンのF1は新規定によるマシンの導入で昨年までとは勢力図もレース展開も大きく変更。その世界最高峰のトップバトル、そして日本期待の角田裕毅 …

【中野信治のF1分析/第5戦】初開催マイアミGPで見えたフェルスタッペンの真骨頂とフェラーリのふたりの違い。そしてアルファタウリの弱点(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2022年シーズンのF1は新規定によるマシンの導入で昨年までとは勢力図もレース展開も大きく変更。その世界最高峰のトップバトル、そして日本期待の角田裕毅の2年目の活躍を元F1ドライバーでホンダの若手
タイトルとURLをコピーしました