走りに全振りした原点! 最初で最後の「テンロクエンジン」を搭載した「シビック タイプR」とは

走りに全振りした原点! 最初で最後の「テンロクエンジン」を搭載した「シビックタイプR」とは

すでにプロトタイプがお披露目され、2022年中の正式発表が待たれるホンダ新型「シビックタイプR」。次世代型は通算で6代目にあたるモデルで、2022年4月には …

走りに全振りした原点! 最初で最後の「テンロクエンジン」を搭載した「シビックタイプR」とは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 すでにプロトタイプがお披露目され、2022年中の正式発表が待たれるホンダ新型「シビックタイプR」。次世代型は通算で6代目にあたるモデルで、2022年4月には三重県・鈴鹿サーキットのテスト走行におい

走りに全振りした原点! 最初で最後の「テンロクエンジン」を搭載した「シビックタイプR」とは

ホンダは2022年中に、新型「シビックタイプR」の正式発表を予定しています。究極といえるほど走行性能を高めた「タイプR」シリーズの最新モデルですが、その …

走りに全振りした原点! 最初で最後の「テンロクエンジン」を搭載した「シビックタイプR」とは
ホンダは2022年中に、新型「シビックタイプR」の正式発表を予定しています。究極といえるほど走行性能を高めた「タイプR」シリーズの最新モデルですが、その黎明期に誕生した初代シビックタイプRとはどんなクルマだったのか、振り返ります。

シビック タイプR次期型プロトタイプが本気モード。鈴鹿の次は再びニュル最速へ | clicccar.com

電動化は見送りで2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載か ホンダの主力モデル「シビック」のハードコアモデル「シビック タイプR」次期型の最新 …

シビック タイプR次期型プロトタイプが本気モード。鈴鹿の次は再びニュル最速へ | clicccar.com
■電動化は見送りで2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載か ホンダの主力モデル「シビック」のハードコアモデル「シビック タイプR」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

シビック タイプR次期型プロトタイプが本気モード。鈴鹿の次は再びニュル最速へ – エキサイト

電動化は見送りで2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載かホンダの主力モデル「シビック」のハードコアモデル「シビックタイプR」次期型の最新 …

シビック タイプR次期型プロトタイプが本気モード。鈴鹿の次は再びニュル最速へ (2022年5月16日) - エキサイトニュース
■電動化は見送りで2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載かホンダの主力モデル「シビック」のハードコアモデル「シビックタイプR」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。ホンダシビックタイプR次...

「ハイカム&ハイコンプで弾けるVTEC!」レース屋が作り上げたFD2シビックタイプRに迫る

豊富なレース経験を持つマックスレーシングらしい作品. 鈴鹿、岡山国際、セントラルなど西日本のサーキットを主戦場に戦うカリカリのFD2シビックタイプR。排気量 …

「ハイカム&ハイコンプで弾けるVTEC!」レース屋が作り上げたFD2シビックタイプRに迫る
ハイカム領域を使い切る高回転型の270馬力仕様! 豊富なレース経験を持つマックスレーシングらしい作品 鈴鹿、岡山国際、セントラルなど西日本のサーキットを主戦場に戦うカリカリのFD2シビックタイプR。排気量アップはあえて行わず、2.0Lのままメカチューンを突き詰めた“マックスレーシング”の作品だ。 高回転仕様も一つのテー...

『718ボクスター』最後のボクサーエンジンか、最強の「スパイダーRS」をスクープ

初のPHEVモデルも登場か? ホンダ シビックタイプR、いよいよニュルへ…FF最速記録奪還なるか · F1由来の「Sダクトフード」装備!フェラーリ SF90に …

『718ボクスター』最後のボクサーエンジンか、最強の「スパイダーRS」をスクープ(レスポンス) - Yahoo!ニュース
ポルシェ『718ボクスター』最後の内燃機関モデルとして、『718ボクスタースパイダー』に最高峰モデルが登場する。フルエレクトリック化を前に登場する、最強のボクサーエンジンとなりそうだ。
タイトルとURLをコピーしました