F1モナコGPの将来は未だ決まらず。チーム代表らは「時代の流れについていく … – au tosport web

F1モナコGPの将来は未だ決まらず。チーム代表らは「時代の流れについていく … – autosport web

2022年のモナコGP開催が近づくなか、有名なモナコ公国市街地でのレースの将来については、いまだ何のニュースもない。 モナコ自動車クラブとF1の間の契約は …

F1モナコGPの将来は未だ決まらず。チーム代表らは「時代の流れについていくことが必要」と変化を求める | F1 | autosport web
 2022年のモナコGP開催が近づくなか、有名なモナコ公国市街地でのレースの将来については、いまだ何のニュースもない。モナコ自動車クラブとF1の間の契約は終了するが、すべてのレースのなかでも最も開催権料が低いこの有名なグランプリに対し、2023年カレンダーの枠が保証されていないことが、この数週間ほのめかされている。

アロンソか? ピアストリか? アルピーヌF1、2023年のドライバーラインアップ決定は”7月頃”

アルピーヌF1は、既にエステバン・オコンと長期契約を結んでいるが、彼と2023年シーズンにコンビを組むドライバーが誰になるのかはまだ決定していない。

アロンソか? ピアストリか? アルピーヌF1、2023年のドライバーラインアップ決定は”7月頃”
アルピーヌは、2023年のドライバーラインアップについて決めるのを、7月のイギリスGP頃まで待ちたいと考えているようだ。

【写真】これが全ての引き金に……モナコでクラッシュのルクレール、カメラが捉えたブレーキ破損

F1 ニュース … フェラーリのシャルル・ルクレールは、先日行なわれたモナコ・ヒストリックGPでフェラーリの1974年のF1マシン、『312B3』をドライブ中、 …

【写真】これが全ての引き金に……モナコでクラッシュのルクレール、カメラが捉えたブレーキ破損
モナコでフェラーリ312B3をドライブし、クラッシュを喫したシャルル・ルクレール。本人はブレーキトラブルと主張していたが、motorsport.comはそれを裏付ける写真を入手した。

フェラーリF1、連敗に頭を抱える……強みだった低速域での速さを失った? – Motorsport

フェラーリは、シーズン開幕当初から持っていたはずの低速域でのアドバンテージを、F1マイアミGPで失ってしまった理由を追い求め続けている。

フェラーリF1、連敗に頭を抱える……強みだった低速域での速さを失った?
フェラーリは、シーズン開幕当初から持っていたはずの低速域でのアドバンテージを、F1マイアミGPで失ってしまった理由を追い求め続けている。

マクラーレン、”素直な”新F1レースディレクターを高評価。アクセサリー規制については「他なら …

マクラーレンでチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、今年から新しくなったFIAのF1レースコントロールを高く評価している。

マクラーレン、”素直な”新F1レースディレクターを高評価。アクセサリー規制については「他なら議論にもならない」
マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、FIAの新レースコントロールのレギュレーションに忠実な姿勢を高く評価している。

ルクレール、アレジ、アルヌー……F1ドライバー3人が”やっつけた”フェラーリ312B3とは?

モナコで行なわれたヒストリックGPのデモ走行で、現役フェラーリF1ドライバーのシャルル・ルクレールがクラッシュさせてしまったフェラーリ312B3。

ルクレール、アレジ、アルヌー……F1ドライバー3人が”やっつけた”フェラーリ312B3とは?
今年はルクレール、昨年はアレジとアルヌーがクラッシュさせてしまったフェラーリ312B3。1974年、あの伝説ニキ・ラウダのキャリア初期の愛車である。

2022年のF1日本グランプリのタイトルスポンサーがホンダに決定。『Honda 日本グランプリ』に

5月17日、鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランドはプレスリリースを発行し、2022年10月7〜9日に開催されるFIA F1世界選手権日本グランプリの …

2022年のF1日本グランプリのタイトルスポンサーがホンダに決定。『Honda 日本グランプリ』に | F1 | autosport web
 5月17日、鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランドはプレスリリースを発行し、2022年10月7〜9日に開催されるFIA F1世界選手権日本グランプリのタイトルスポンサーに本田技研工業が決定したと発表した。レースの正式名称は『2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda日本グランプリレース』となる。

レッドブルF1代表 「F1新時代に競争力のあるスタートを切れたのは驚き」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1新時代のスタートにおけるレッドブルの印象的なペースが彼を驚かせたと認める。

レッドブルF1代表 「F1新時代に競争力のあるスタートを切れたのは驚き」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1新時代のスタートにおけるレッドブルの印象的なペースが彼を驚かせたと認める。現役F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、今シーズンこれまで完走した3つのレースのすべてで勝利し、レース後半にマシントラブルによってリタイアした2つ...

レッドブルF1代表 「ポルシェ/アウディと話し合うことは論理的」 – F1-Gate.com

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェやアウディと話し合うことは「論理的」だとしつつも、「まだ非常に初期の …

レッドブルF1代表 「ポルシェ/アウディと話し合うことは論理的」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェやアウディと話し合うことは「論理的」だとしつつも、「まだ非常に初期の段階」だと強調した。2026年のポルシェとアウディのF1参入を巡っては多くの議論がなされているが、主要な議論の1つは、どのチームにF1パワーユニットを供給するかだ。

ホンダ、2022年F1日本GPの冠スポンサーに決定「日本におけるモータースポーツの振興に寄与し …

ホンダが、2022年のF1日本GPの冠スポンサーに決まったことが明らかになった。また観戦チケットは7月下旬に発売が開始される予定だという。

ホンダ、2022年F1日本GPの冠スポンサーに決定「日本におけるモータースポーツの振興に寄与していく」
ホンダが、2022年のF1日本GPの冠スポンサーに決まったことが明らかになった。また観戦チケットは7月下旬に発売が開始される予定だという。
タイトルとURLをコピーしました