「構造改革と改善の成果が表れた」(マツダ社長)(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュ ース

「構造改革と改善の成果が表れた」(マツダ社長)(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

100万台とした損益分岐台数の目標を前倒しで達成し、「構造改革と改善の両輪による成果が表れた1年だった」と話すのは、マツダ社長の丸本明さん。2022年3月 …

「構造改革と改善の成果が表れた」(マツダ社長)(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
100万台とした損益分岐台数の目標を前倒しで達成し、「構造改革と改善の両輪による成果が表れた1年だった」と話すのは、マツダ社長の丸本明さん。2022年3月期の決算を振り返る。 一方、コロナ禍や半導

「国産自動車メーカー」人気ランキング! 1位は「マツダ」に決定!【2022年最新投票結果】

第1位は得票数265票のマツダ。得票率は22.7%でした。 1920年に創立され、広島県に本社を置くマツダ。現行車には搭載されていませんが、ハウジング内で …

「国産自動車メーカー」人気ランキング! 1位は「マツダ」に決定!【2022年最新投票結果】(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 5月8日から5月15日まで、ねとらぼ調査隊では「『国産自動車メーカー』で一番好きなのはどこ?」というアンケートを実施していました。

マツダが年初来高値 増配好感、個人が物色買い – 日本経済新聞

18日の東京株式市場でマツダ株が5日続伸し、一時前日比44円(4%)高の1131円と年初来高値を付けた。2023年3月期の営業増益見通しと増配を先週発表したことが …

マツダが年初来高値 増配好感、個人が物色買い
18日の東京株式市場でマツダ株が5日続伸し、一時前日比44円(4%)高の1131円と年初来高値を付けた。2023年3月期の営業増益見通しと増配を先週発表したことが引き続き材料視されている。割安株を物色する個人投資家を中心に買いを集めた。終値は27円(2%)高の1114円。11日に22年3月期の業績を上方修正したことを受...

マツダの新型SUV「CX-60」に対応、プレス部品メーカーが工場拡張 – Yahoo!ニュース

双葉工業(広島市南区、吉田信秀社長)は、桜江工場(島根県江津市)の一部を拡張する。今秋、マツダが発売予定の新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―60」向け …

マツダの新型SUV「CX-60」に対応、プレス部品メーカーが工場拡張(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
双葉工業(広島市南区、吉田信秀社長)は、桜江工場(島根県江津市)の一部を拡張する。今秋、マツダが発売予定の新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―60」向けプレス部品の新規受注に対応する。老朽化した搬

マツダ・キャロル・デラックス 放置された状態から自力チューンで復活 – モーターファン

サブロク倶楽部 MAZDA CAROL DELUXE. マツダ・キャロル・デラックス 放置された状態から自力チューンで復活 ! 公開日 2022/05/18; 更新日 2022/05/18 …

マツダ・キャロル・デラックス 放置された状態から自力チューンで復活 !
毎月掲載しているホットなサブロクを紹介しているコーナー!! 若い頃にクルマ趣味を楽しんでいても結婚子育てなどで一度はやめてしまう。子育てが終わるとクルマ趣味を復活させキャロルを相棒に選んだ人の登場だ!

「マツダミュージアム」一新、5/23オープン “100年のストーリー”体感できる

最新の車と技術を紹介 マツダは、広島本社の「マツダミュージアム」(広島県府中町)を全面的にリニューアルして23日にオープンする。

「マツダミュージアム」一新、5/23オープン “100年のストーリー”体感できる|企画・解説・オピニオン|紙面記事
最新の車と技術を紹介 マツダは、広島本社の「マツダミュージアム」(広島県府中町)を全面的にリニューアルして23日にオープンする。マツダが創業した1920年からの100年の歴史と次の100年に向けた未来への「ストーリー」を…

マツダCX-60のサスペンションを眺めてみる – モーターファン

縦置きプラットフォームに直6エンジンを載せる。話題にならないはずのないマツダCX-60(試作車)に乗る機会があったので、これ幸いと脚周りをこれでもかと …

マツダCX-60のサスペンションを眺めてみる
縦置きプラットフォームに直6エンジンを載せる。話題にならないはずのないマツダCX-60(試作車)に乗る機会があったので、これ幸いと脚周りをこれでもかと眺めてきた。

日本車ならではのお家芸! からくり仕掛けの複雑なシートアレンジはどう進化した? – ベストカー

マツダではプレマシー、MPV、三菱ではグランディス、スバルではエクシーガ……と、激しい生存競争に負けて儚く消えていった。 こうして過去を振り返ってみると、 …

日本車ならではのお家芸! からくり仕掛けの複雑なシートアレンジはどう進化した? - 自動車情報誌「ベストカー」
日本でミニバンが一般化したのは1990年登場の初代エスティマの力が大きい。振り返ると、日本のミニバンは独自の進化を遂げてきた。特にシートアレンジの複雑さは「ガラパゴス的進化」と呼んでもいい。日本のミニバンの歩みを振り返る。

「ゼロコロナ」徹底の中国、上海市の新車販売台数もゼロ[新聞ウォッチ]

「ゼロコロナ」徹底の中国、上海市の新車販売台数もゼロ[新聞ウォッチ] · 上海でのコロナ感染症流行の影響で創業を停止した、マツダ · ロックダウン中の上海(5 …

レスポンス(Response.jp)
自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のクルマにレスポンス!

快適性と高速安定性を両立したSUV向けコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY SUV+」を …

トヨタ · レクサス · 日産 · ホンダ · マツダ · スバル · スズキ · 三菱 · ダイハツ · メルセデス・ベンツ · BMW · フォルクスワーゲン · アウディ · ミニ …

快適性と高速安定性を両立したSUV向けコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY SUV+」をテストコースで性能チェック!|車のカスタムパーツ(カー用品)【MOTA】
「PRIMACY SUV+」の実力を試すべく、従来モデル「ミシュラン プレミア LTX」との比較をテストコースにて行った。今回テストを行った車両は、ミドルサイズSUVの中でも人気のトヨタ RAV4、日産 エクストレイル。当記事では「PRIMACY SUV+」の開発理由やその特徴、従来モデルと比べてどのくらい性能が高まっ...
タイトルとURLをコピーしました