スバルの新型EV「ソルテラ」に革新的なタイヤ基盤技術「エンライトン」を採用し たブリヂストン …

スバルの新型EV「ソルテラ」に革新的なタイヤ基盤技術「エンライトン」を採用したブリヂストン …

ブリヂストンはこのほど、スバルが5月12日に受注を開始した新型電動SUV「SOLTERRA(ソルテラ)」の新車装着用タイヤとして、「ALENZA 001(アレンザ …

スバルの新型EV「ソルテラ」に革新的なタイヤ基盤技術「エンライトン」を採用したブリヂストンのプレミアムタイヤ「アレンザ001」と「トランザEL450」が新車装着
ブリヂストンはこのほど、スバルが5月12日に受注を開始した新型電動SUV「SOLTERRA(ソルテラ)」の新車装着用タイヤとして、「ALENZA 001(アレンザ ゼロゼロワン)」と「TURANZA EL450(トランザ イーエルヨンゴーマル)」が採用されたことを発表した。装着サイズはいずれも、235/60R18と23...

2.4Lターボで爆速!? スバル新型「WRXスポーツワゴン tS」は走りがスゴすぎ!セダンと同時に豪で …

スバルオーストラリアは、新型「WRX」と新型「WRXスポーツワゴン」を発売しました。両車はどのような特徴があるのでしょうか。

2.4Lターボで爆速!? スバル新型「WRXスポーツワゴン tS」は走りがスゴすぎ!セダンと同時に豪で発売
スバルオーストラリアは、新型「WRX」と新型「WRXスポーツワゴン」を発売しました。両車はどのような特徴があるのでしょうか。

衝突安全性能や走行性能の品質向上に向け「オラクル クラウド インフラストラクチャ(OCI)」導入

スバルは5月18日、衝突安全性能や走行性能に関する品質向上のための大規模シミュレーションの実行環境に、日本オラクルのクラウドサービスである「Oracle …

スバル、衝突安全性能や走行性能の品質向上に向け「オラクル クラウド インフラストラクチャ(OCI)」導入
 スバルは5月18日、衝突安全性能や走行性能に関する品質向上のための大規模シミュレーションの実行環境に、日本オラクルのクラウドサービスである「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を導入したと発表した。2022年5月から稼働を開始。シミュレーションにかかる計算時間を約20%短縮し、開発効率の...

ブリヂストン ALENZA 001 / TURANZA EL450、スバル『ソルテラ』の新車装着用タイヤに

ブリヂストンは、SUBARU(スバル)が2021年11月11日に発表したSUVタイプの新型EV『ソルテラ』の新車装着用タイヤとして、「ALENZA001」と「TURANZAEL450」が …

ブリヂストン ALENZA 001 / TURANZA EL450、スバル『ソルテラ』の新車装着用タイヤに - 価格.com
ブリヂストンは、SUBARU(スバル)が2021年11月11日に発表したSUVタイプの新型EV『ソルテラ』の新車装着用タイヤとして、「ALENZA001」と「TURANZAEL450」が採用されたと発表した。タイヤサイズは235/60R1...

スバル、7年ぶり再参入 SUV投入、5年で10都市展開へ – NNA ASIA・インドネシア・自動車 …

SUBARU(スバル)がおよそ7年ぶりにインドネシア市場で販売を再開した。正規代理店プラザ・オート・メガ(スバル・インドネシア)が18日、スポーツ …

スバル、7年ぶり再参入 SUV投入、5年で10都市展開へ インドネシア・自動車・二輪車
SUBARU(スバル)がおよそ7年ぶりにインドネシア市場で販売を再開した。正規代理店プラザ・オート・メガ(スバル・インドネシア)が18日、スポーツタイプ多目的車(SUV)の新型「フォレスター」の投入を発…

「チョコット」じゃない スバルEV工場新設の真意 – 日本経済新聞

SUBARU(スバル)が国内に電気自動車(EV)の専用工場を建設する。日本に8社ある乗用車メーカーの中で最小規模のスバルにとっては大きな決断だ。

スバルEV新工場 「チョコット」じゃない真意
SUBARU(スバル)が国内に電気自動車(EV)の専用工場を建設する。日本に8社ある乗用車メーカーの中で最小規模のスバルにとっては大きな決断だ。日米に1カ所ずつしか工場を持たず、この10年余りは両拠点を少しずつ増強しながら販売を伸ばしてきたが、あえて目先のガソリン車の需要よりEVへの構造転換に備える。背景にあるのが5年...

だいぶ攻めたな!? スバル新型「レガシィ」が巨大グリル装備して米でモーレツ進化! 赤加飾入りも …

スバルの米国法人は、マイナーチェンジした新型「レガシィ」(2023年モデル)を2022年5月12日に発表。北米で2022年秋に発売される予定とアナウンスしてい …

だいぶ攻めたな!? スバル新型「レガシィ」が巨大グリル装備して米でモーレツ進化! 赤加飾入りもカッコいい!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 スバルの米国法人は、マイナーチェンジした新型「レガシィ」(2023年モデル)を2022年5月12日に発表。北米で2022年秋に発売される予定とアナウンスしています。

スバルが北米で新型レガシィを発表!フロント刷新しグリル拡大、アグレッシブさ強調 – MOBY

スバルは2022年5月12日に北米で日本未導入モデルとなるセダンタイプのレガシィの2023年モデルを発表しました。レガシィのセダンタイプは日本では販売を終了 …

スバルが北米で新型レガシィを発表!フロント刷新しグリル拡大、アグレッシブさ強調 | MOBY [モビー]
スバルは2022年5月12日に北米で日本未導入モデルとなるセダンタイプのレガシィの2023年モデルを発表しました。レガシィのセダンタイプは日本では販売を終了していて、現在はクロスオーバーSUVのレガシィアウトバックのみが販売されていますが、北米では2019年2月にフルモデルチェンジした現行モデルがデビュー。今回マイナー...

スバルが北米で新型レガシィを発表!フロント刷新しグリル拡大、アグレッシブさ強調 – エキサイト

北米でスバルレガシィの2023年モデルが発表にスバルレガシィスポーツ2023年モデル(北米)スバルは2022年5月12日に北米で日本未導入モデルとなるセダン …

スバルが北米で新型レガシィを発表!フロント刷新しグリル拡大、アグレッシブさ強調 (2022年5月18日) - エキサイトニュース
北米でスバルレガシィの2023年モデルが発表にスバルレガシィスポーツ2023年モデル(北米)スバルは2022年5月12日に北米で日本未導入モデルとなるセダンタイプのレガシィの2023年モデルを発表しま...

スバルBRZ/フォレスター 2022米国IIHS安全性評価で最高評価獲得 – AUTOCAR JAPAN

2022年モデルのスバルBRZとフォレスターが、米国IIHS安全性評価において最高評価を獲得しました。

スバルBRZ/フォレスター 2022米国IIHS安全性評価で最高評価獲得 - AUTOCAR JAPAN
2022年モデルのスバルBRZとフォレスターが、米国IIHS安全性評価において最高評価を獲得しました。
タイトルとURLをコピーしました