F1分析|マイアミGPのシケインのレイアウト修正が困難なワケとは – Motorsport

F1分析|マイアミGPのシケインのレイアウト修正が困難なワケとは – Motorsport

初開催となったF1マイアミGP。サーキットレイアウトは概ね好評だったものの、シケインについては改善を求める声も上げっている。しかしシケインの変更は容易 …

F1分析|マイアミGPのシケインのレイアウト修正が困難なワケとは
初開催となったF1マイアミGP。サーキットレイアウトは概ね好評だったものの、シケインについては改善を求める声も上げっている。しかしシケインの変更は容易ではないのだ。

フェラーリF1、スペインの大型アップグレードで0.3秒以上の向上か。ウイング、フロアに加え …

フェラーリはF1スペインGPで、シーズン初の大型アップグレードをF1-75に施す予定であり、その内容は、新しいリヤウイング、フロア、そして修正版のサイド …

フェラーリF1、スペインの大型アップグレードで0.3秒以上の向上か。ウイング、フロアに加えサイドポッドも変更へ | F1 | autosport web
 フェラーリはF1スペインGPで、シーズン初の大型アップグレードをF1-75に施す予定であり、その内容は、新しいリヤウイング、フロア、そして修正版のサイドポッドであると考えられている。 5月13日にイタリア・モンツァサーキットで、フェラーリはフィルミングデー走行を行った。周囲の道路を封鎖して、マシンが見られないよう対策...

"ゼロ・サイドポッド"コンセプトを追求か断念か。岐路に立つメルセデスF1、フィルミングデーで …

メルセデスF1チームが、F1第6戦スペインGPを前にした5月18日、フランスのポール・リカールでフィルミングデー走行を実施した。メルセデスは、スペインでW13 …

"ゼロ・サイドポッド"コンセプトを追求か断念か。岐路に立つメルセデスF1、フィルミングデーでアップデートの確認 | F1 | autosport web
 メルセデスF1チームが、F1第6戦スペインGPを前にした5月18日、フランスのポール・リカールでフィルミングデー走行を実施した。メルセデスは、スペインでW13に導入する予定のアップデートの確認を行い、データ収集をしたものと考えられている。 今回の走行についてメルセデスは詳細は明かしていないが、当日はジョージ・ラッセル...

F1アゼルバイジャンGPに向け、FIAがバクー市街地コースのピットエントリー改修を要請。安全性 …

バクー市街地サーキットは、来月開催されるF1第8戦アゼルバイジャンGPに向けてピットレーンを改修し、昨年のレースで起きたドラマを踏まえて、安全性を向上 …

F1アゼルバイジャンGPに向け、FIAがバクー市街地コースのピットエントリー改修を要請。安全性の向上を図る | F1 | autosport web
 バクー市街地サーキットは、来月開催されるF1第8戦アゼルバイジャンGPに向けてピットレーンを改修し、昨年のレースで起きたドラマを踏まえて、安全性を向上するつもりだ。 ドライバーは、コンクリートバリアでコースと区切られているピットエントリーをフルスピードで通りすぎるが、エントリーの一部はコースに対し非常にオープンな角度...

「直線のレッドブルvsコーナーのフェラーリ」この構図は長くは続かない? – Motorsport

今季のF1の主役となっているフェラーリとレッドブル。ここまで5戦を終えて、フェラーリ2勝、レッドブル3勝と星を分け合っている形だ。

「直線のレッドブルvsコーナーのフェラーリ」この構図は長くは続かない?
今季のレッドブルとフェラーリのラップタイム差は非常に小さい。彼らのセットアップに対するアプローチは対照的となっているが、それらが収束していく可能性もある。

F1マシン解説:レッドブルとフェラーリで分岐する重要なエリア

元F1デザイナーのゲイリー・アンダーソンが、2022年のレッドブルとフェラーリのF1マシンを分岐させる重要なエリアとしてフロントサスペンションに着目した。

F1マシン解説:レッドブルとフェラーリで分岐する重要なエリア
元F1デザイナーのゲイリー・アンダーソンが、2022年のレッドブルとフェラーリのF1マシンを分岐させる重要なエリアとしてフロントサスペンションに着目した。レッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリは、2022年のF1を先導しており、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールがこれまでのところ勝利を分け合って...

レッドブルF1代表 「クセが強くないRB18がペレスの助けになっている」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、あまりクセが強くないマシンに仕上がった2022年F1マシン『RB18』の特性が …

レッドブルF1代表 「クセが強くないRB18がペレスの助けになっている」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、あまりクセが強くないマシンに仕上がった2022年F1マシン『RB18』の特性がセルジオ・ペレスが強力なパフォーマンスを維持する助けになっていると考えている。昨年、レッドブル・レーシングに加入したセルジオ・ペレスは、アゼルバイジャングランプリで優勝し...

ベテラン感漂う”新人”ラッセル。メルセデス代表「彼はずっとチームにいたみたい」と評価

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、今季新加入のジョージ・ラッセルは「ずっとチームで走っているように感じる」と語った。

ベテラン感漂う”新人”ラッセル。メルセデス代表「彼はずっとチームにいたみたい」と評価
メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、今季新加入のジョージ・ラッセルは「ずっとチームで走っているように感じる」と語った。

「バルセロナはよく知っているけど、簡単なレースにはならない」角田裕毅、スペインGP大接戦を …

角田裕毅(アルファタウリ)がF1スペインGPを前にチームのプレスリリースにコメントを発表。各チームがよく知っているコースであるため、大接戦のレースに …

「バルセロナはよく知っているけど、簡単なレースにはならない」角田裕毅、スペインGP大接戦を覚悟
角田裕毅(アルファタウリ)がF1スペインGPを前にチームのプレスリリースにコメントを発表。各チームがよく知っているコースであるため、大接戦のレースになると語った。

ラスベガスGPはF1とリバティ・メディアが主催者。彼らが巨額投資をする理由 – Motorsport

F1は来季から開催予定のラスベガスGPのピットとパドックエリアの敷地を確保するため、約310億円を投資した。これまで、レースのプロモーターからの開催権料 …

ラスベガスGPはF1とリバティ・メディアが主催者。彼らが巨額投資をする理由
F1は来季から開催予定のラスベガスGPのピットとパドックエリアの敷地を確保するため、約310億円を投資した。これまで、レースのプロモーターからの開催権料が、F1の主な収入源だったが、ラスベガスGPの実現を契機にこれが変わるのかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました