幻のポルシェ『911ST』が50年ぶりの復活か!? これが次なるヘリテージモデルだ

幻のポルシェ『911ST』が50年ぶりの復活か!? これが次なるヘリテージモデルだ

ポルシェが『911』の新たなヘリテージモデル『911ST』を発売することが判明した。約50年ぶりの復活となる新型「ST」のプロトタイプ車両を、スクープ …

幻のポルシェ『911ST』が50年ぶりの復活か!? これが次なるヘリテージモデルだ | レスポンス(Response.jp)
ポルシェが『911』の新たなヘリテージモデル『911ST』を発売することが判明した。約50年ぶりの復活となる新型「ST」のプロトタイプ車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ポルシェの次世代EVレーサー、「ケイマン」ベースで1088馬力…テスト開始

ポルシェは5月16日、『718ケイマンGT4』をEV化したコンセプトカー『718ケイマンGT4 eパフォーマンス』(Porsche 718 Cayman GT4 ePerformance)を欧州で発表 …

ポルシェの次世代EVレーサー、「ケイマン」ベースで1088馬力…テスト開始 | レスポンス(Response.jp)
◆現行の『911GT3カップ』とパフォーマンスは同等 ◆『ミッションR』のEVパワートレインがベース ◆レーシングEVを使用した将来のワンメイクカップを想定

【実際に購入レポート】ポルシェ・タイカンの長期テスト(5) 軽井沢への勉強旅行

5月の連休中は、ボルボC40リチャージ・ツインの長期試乗を行っていたため、ポルシェ・タイカンはガレージで惰眠を貪っていた。

【実際に購入レポート】ポルシェ・タイカンの長期テスト(5) 軽井沢への勉強旅行(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
5月の連休中は、ボルボC40リチャージ・ツインの長期試乗を行っていたため、ポルシェ・タイカンはガレージで惰眠を貪っていた。

ケン・ブロック 過激なピンクのポルシェ912でパイクスピーク参戦 最高出力1400ps

米国のレーシングドライバー、ケン・ブロックは、ポルシェをベースにした最高出力1400psの「フーニペガサス(Hoonipigasus)」を公開した。6月に開催される …

ケン・ブロック 過激なピンクのポルシェ912でパイクスピーク参戦 最高出力1400ps(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
米国のレーシングドライバー、ケン・ブロックは、ポルシェをベースにした最高出力1400psの「フーニペガサス(Hoonipigasus)」を公開した。6月に開催されるヒルクライムレース、パイクスピーク

ケン・ブロック 過激なピンクのポルシェ912でパイクスピーク参戦 最高出力1400ps

レーシングドライバーのケン・ブロックは、レストモッドされたポルシェで6月のパイクスピークに参戦します。

ケン・ブロック 過激なピンクのポルシェ912でパイクスピーク参戦 最高出力1400ps - AUTOCAR JAPAN
レーシングドライバーのケン・ブロックは、レストモッドされたポルシェで6月のパイクスピークに参戦します。

【実際に購入レポート】ポルシェ・タイカンの長期テスト(5) 軽井沢への勉強旅行

AUTOCAR JAPANの笹本健次編集長のポルシェ・タイカン購入レポート。軽井沢への旅行で施設による充電設備への姿勢が明らかになりました。

【実際に購入レポート】ポルシェ・タイカンの長期テスト(5) 軽井沢への勉強旅行 - AUTOCAR JAPAN
AUTOCAR JAPANの笹本健次編集長のポルシェ・タイカン購入レポート。軽井沢への旅行で施設による充電設備への姿勢が明らかになりました。

ブラバス、ポルシェ「タイカン ターボS」に22インチホイールとライムグリーンインテリアを装着 …

ブラバスは通常のポルシェのチューナーではないが、それでも完全な電気自動車であるポルシェTaycan Turbo Sのために、22インチホイール、特注インテリア、 …

ブラバス、ポルシェ「タイカン ターボS」に22インチホイールとライムグリーンインテリアを装着してアップグレード
ブラバスは通常のポルシェのチューナーではないが、それでも完全な電気自動車であるポルシェTaycan Turbo Sのために、22インチホイール、特注インテリア、ローダウンサスペンションとともに、スタイリングキットを提供することを止めなかった。

現代自やポルシェコリア、6.5万台リコール – NNA ASIA・韓国・自動車・二輪車

韓国国土交通省は19日、現代自動車と起亜、 ポルシェコリア、フォルクスワーゲン(VW)グループコリアなどが製造・販売または輸入販売した計48車種・6 …

現代自やポルシェコリア、6.5万台リコール 韓国・自動車・二輪車
韓国国土交通省は19日、現代自動車と起亜、 ポルシェコリア、フォルクスワーゲン(VW)グループコリアなどが製造・販売または輸入販売した計48車種・6万4,754台について、各社がリコール(回収・無償修理)を実施…

どうしてパトカーからディズニーミュージック? 迷惑系YouTuber対策に取ったアメリカ警官の …

ポルシェ「カイエン」が乗り捨てられた現場は、アメリカ・カリフォルニア州オレンジ郡のサンタアナの住宅地だった。サイレンこそ鳴らしていなかったが、多数 …

どうしてパトカーからディズニーミュージック? 迷惑系YouTuber対策に取ったアメリカ警官の対応とは | VAGUE(ヴァーグ)
どうして警察がディズニーアニメの主題歌をパトカーから流したのか? ポルシェ「カイエン」が乗り捨てられた現場は、

ランボルギーニ 「F1は将来の我々のアイデアの一部ではない」

同じフォルクスワーゲン・グループのポルシェとアウディは、新しいエンジン形式が導入される2026年からF1に参戦することを取締役会に承認されている。

ランボルギーニ 「F1は将来の我々のアイデアの一部ではない」
ランボルギーニのCEOを務めるステファン・ウィンケルマンは、F1は同社のロードマップにはないと主張する。「F1は将来の我々のアイデアの一部ではないと思う。モータースポーツについて話すときは常に公道仕様の車との関連性がなければならない」とステファン・ウィンケルマンはTopGear.comに語った。
タイトルとURLをコピーしました