スズキ2・1万台リコール – 産経ニュース

スズキ2・1万台リコール – 産経ニュース

スズキは19日、衝突時にフロントドアが開く恐れがあるとして、軽自動車「ワゴンR」2万1630台(平成29年1月~令和4年3月生産)をリコールすると …

スズキ2・1万台リコール
スズキは19日、衝突時にフロントドアが開く恐れがあるとして、軽自動車「ワゴンR」2万1630台(平成29年1月~令和4年3月生産)をリコールすると国土交通省に…

スズキ「Vストローム1050」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】

総排気量1036ccのV型2気筒エンジンを搭載するスズキのアドベンチャーモデル。上級バージョンであるVストローム1050XTに対して、スタンダードモデルという …

スズキ「Vストローム1050」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】(webオートバイ) - Yahoo!ニュース
総排気量1036ccのV型2気筒エンジンを搭載するスズキのアドベンチャーモデル。上級バージョンであるVストローム1050XTに対して、スタンダードモデルという位置付けになるのがVストローム1050だ

ロンブー亮の新相棒!スズキの名車カルタス GT-iに「よいものを買った」と感動 | MOBY [モビー]

トヨタ スターレット ターボに乗る前はボルボ XC70に乗っていた田村亮さんは、スズキ カルタス GT-iを運転しながら「つい一年前までボルボ乗って、オートマ乗っ …

ロンブー亮の新相棒!スズキの名車カルタス GT-iに「よいものを買った」と感動 | MOBY [モビー]
お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが自身のYouTubeチャンネル「田村亮のYouTube」で、トヨタ スターレット ターボから乗り換えた次の愛車、スズキ カルタス GT-iが納車されたことを報告する動画を公開しました。テンション高く販売店へ引き取りに向かう様子から、カルタスでの初めてドライブを楽しむ様...

国産新車が「75万円」で買える! もっとも安価な軽自動車はスズキ? 最安値車 3選

最安値モデルは、スズキ「キャリイトラック KC」(2WD・5速MT)で、消費税込価格は75万2400円です。 ダイハツの最安値が「ハイゼットトラック スタンダード( …

国産新車が「75万円」で買える! もっとも安価な軽自動車はスズキ? 最安値車 3選
価格が安い軽自動車やコンパクトカーでも、新車価格は100万円台中盤から200万円台ということも珍しくない昨今。100万円を切る新車はあるのでしょうか。いまだ100万円以下で買える、新車最安値 3選をお届けします。

スズキ、天竜浜名湖鉄道「KATANA ラッピング列車」、新色にリニューアル | Motor-Fan BIKES …

スズキ・KATANAラッピング列車/静岡県 天竜浜名湖鉄道・掛川駅から新所原駅間で運行. 片面には、ミステイックシルバーのKATANAを、反対面には、マット …

スズキ、天竜浜名湖鉄道「KATANA ラッピング列車」、新色にリニューアル
天竜浜名湖鉄道株式会社とのタイアップにより、2019年9月15日から天浜線(新所原駅~掛川駅)を運行している大型二輪車「KATANA」のラッピング列車が、新色となってリニューアルした。

スズキ ワゴンR、エアバッグ展開時にドアが開いてしまうおそれ…2万1000台をリコール

スズキは5月19日、軽自動車『ワゴンR』についてサイドエアバッグ展開時にドアが開くおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た …

スズキ ワゴンR、エアバッグ展開時にドアが開いてしまうおそれ…2万1000台をリコール | レスポンス(Response.jp)
スズキは5月19日、軽自動車『ワゴンR』についてサイドエアバッグ展開時にドアが開くおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年1月27日~2022年3月10日に製造された2万1630台。

スズキ クロスビー 全高値が認証届出と異なる – エキサイト

スズキ クロスビー 全高値が認証届出と異なる. リコールプラス. 2022年5月19日 09:27. 「クロスビー」のルーフアンテナに不具合があり、車両の全高値が認証 …

スズキ クロスビー 全高値が認証届出と異なる (2022年5月19日) - エキサイトニュース
「クロスビー」のルーフアンテナに不具合があり、車両の全高値が認証届出と異なるとして、国交省にリコールを届け出た。ルーフアンテナの車両への組付指示が不適切なため、異なる形状のルーフアンテナが組み付けられ...

空飛ぶクルマ、車大手が参画 スズキはスカイドライブと – 日本経済新聞

「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた動きが活発だ。国内で先行するスカイドライブ(愛知県豊田市)はスズキと提携し、機体の開発や量産の仕組みを構築する。

空飛ぶクルマ、車大手が参画 スズキはスカイドライブと
「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた動きが活発だ。国内で先行するスカイドライブ(愛知県豊田市)はスズキと提携し、機体の開発や量産の仕組みを構築する。ホンダも開発を始めるほか、トヨタ自動車は米国のスタートアップへ出資を決めた。クルマそのものを再定義する可能性のある新たな存在に、自動車大手も食指を動かし始めた。「コンパクトな機...

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催 – NNA ASIA・インド・自動車・二輪車

インド北部ハリヤナ州政府は19日、同国の乗用車最大手マルチ・スズキによる同州ソニパット地区カルコダでの新工場建設に当たって、土地割り当てに関する売買 …

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催 インド・自動車・二輪車
インド北部ハリヤナ州政府は19日、同国の乗用車最大手マルチ・スズキによる同州ソニパット地区カルコダでの新工場建設に当たって、土地割り当てに関する売買契約書を交わした。また今年は、スズキ本社が当時国営企業…

歴代スズキ「GSX1300R Hayabusa」(隼)で一番好きなモデルはどれ?【人気投票実施中】

スズキが1999年から販売しているオートバイ「GSX1300R Hayabusa」(隼)。量産市販車でありながら時速312キロのスピードを誇るなど、圧倒的な速度や動力性能 …

歴代スズキ「GSX1300R Hayabusa」(隼)で一番好きなモデルはどれ?【人気投票実施中】 | ねとらぼ調査隊
 スズキが1999年から販売しているオートバイ「GSX1300R Hayabusa」(隼)。量産市販車でありながら時速312キロのスピードを誇るなど、圧倒的な速度や動力性能をそなえながらも、その扱いやすさは実は扱いやすいメガスポーツバイクとしても有名です。 今回ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな歴代スズキ…
タイトルとURLをコピーしました