ニッサン、100%電気自動車の新型軽『サクラ』発表。補助金活用で実質178万円から

ニッサン、100%電気自動車の新型軽『サクラ』発表。補助金活用で実質178万円から

日産自動車は5月20日、電気自動車(EV)の新型軽モデル『ニッサン・サクラ』を発表し、2022年夏に発売することを明らかにした。

ニッサン、100%電気自動車の新型軽『サクラ』発表。補助金活用で実質178万円から(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 日産自動車は5月20日、電気自動車(EV)の新型軽モデル『ニッサン・サクラ』を発表し、2022年夏に発売することを明らかにした。

メタバース上で新型軽電気自動車「日産サクラ」をお披露目

日産はメタバース上のバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」の公開をはじめ、地球温暖化の影響を体感し考える「日産アリアとめぐる …

日産自動車、メタバース上で新型軽電気自動車「日産サクラ」をお披露目
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:内田 誠)は、20日、同日発表した新型軽電気自動車「日産サクラ」のVR(Virtual Reality)メタバース上でのお披露目会を開催します。併せて、メタバース空間で「日産サクラ」に最も早く試乗できるワールド「NISSAN SAKURA Driving Island...

【中継】新型軽電気自動車 VRお披露目会 – YouTube

https://twitter.com/nissanjp/ □日産公式Instagram https://www.instagram.com/nissanjapan/ □日産公式WEBサイト http://www.nissan.co.jp/.

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

ニッサン、100%電気自動車の新型軽『サクラ』発表。補助金活用で実質178万円から

日産自動車は5月20日、電気自動車(EV)の新型軽『ニッサン・サクラ』を発表し、2020年夏に発売することを明らかにした。100%電気で走行するバッテリーEVで …

ニッサン、100%電気自動車の新型軽『サクラ』発表。補助金活用で実質178万円から(2022年5月20日)|BIGLOBEニュース
日産自動車は5月20日、電気自動車(EV)の新型軽『ニッサン・サクラ』を発表し、2020年夏に発売することを明らかにした。100%電気で走行するバッテリーEVである『サクラ』…|BIGLOBEニュース

日産、新型軽バッテリEV「サクラ」を5月21日から銀座と横浜で先行展示 – Car Watch

… 電気自動車)「サクラ」を神奈川県横浜市にある「日産グローバル本社ギャラリー」と、東京銀座にある「NISSAN CROSSING」で、5月21日より先行展示する。

日産、新型軽バッテリEV「サクラ」を5月21日から銀座と横浜で先行展示
 日産自動車は、5月20日に発表した新型軽バッテリEV(電気自動車)「サクラ」を神奈川県横浜市にある「日産グローバル本社ギャラリー」と、東京銀座にある「NISSAN CROSSING」で、5月21日より先行展示する。それぞれ展示期間は7月31日まで。

新型「軽EV」のオフライン式を実施 日産モデルは「サクラ」三菱自動車モデルは「eKクロスEV …

写真は軽EVのコンセプトカーとして公開された「ニッサン IMk」. 日産自動車と三菱自動車工業とNMKVは5月20日、新型「軽EV(電気自動車)」のオフライン式 …

日産と三菱自動車、新型「軽EV」のオフライン式を実施 日産モデルは「サクラ」三菱自動車モデルは「eKクロスEV」として発売
 日産自動車と三菱自動車工業とNMKVは5月20日、新型「軽EV(電気自動車)」のオフライン式を、生産工場である三菱自動車の水島製作所で実施した。

日産、新型軽バッテリEV「サクラ」 233万3100円からで今夏発売 航続距離は最大180km – Car Watch

また、Nissan Connectナビゲーションシステムでは、充電を考慮したルート設定機能や緊急事のSOSコール、Apple CarPlayワイヤレス接続など、カーライフを快適 …

日産、新型軽バッテリEV「サクラ」 233万3100円からで今夏発売 航続距離は最大180km
 日産自動車は5月20日、軽自動車タイプのBEV(バッテリ電気自動車)「サクラ(SAKURA)」を2022年夏に発売すると発表した。3グレードが設定され、価格は233万3100円~294万300円で、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の実質購入価格は約178万円からとなる。

日産、メタバース上で新型軽電気自動車「日産サクラ」を5/20にお披露目 試乗ワールドも一般公開に

日産はバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」(ニッサン クロッシング)や、地球温暖化の影響を体感し考える「日産アリアとめぐる環境ツアー」など、VRChat上 …

日産、メタバース上で新型軽電気自動車「日産サクラ」を5/20にお披露目 試乗ワールドも一般公開に | PANORA

2022年スーパー耐久第2戦富士24時間のエントリーリストが発表。過去最多の全56台が参戦

助っ人ドライバーを含めた9クラス全56台のマシンが参戦を予定し、注目の新型ニッサンZの車名も明らかになっている。 全文を読む …

2022年スーパー耐久第2戦富士24時間のエントリーリストが発表。過去最多の全56台が参戦 | 国内レース他 | autosport web
 5月20日、ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankookを運営するスーパー耐久機構(S.T.O.)は、6月3〜5日に富士スピードウェイで開催されるシリーズ第2戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』のエントリーリストを発表した。助っ人ドライバーを含めた9クラス全56台の...

日産サクラ(FWD)【試乗記】 リベンジが始まる – webCG

世界初の量産EVとしてリーフを発売したのは2010年だった。パイオニアを自任して鼻息は荒く、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2016」では、ルノー …

日産サクラ(FWD)【試乗記】 リベンジが始まる - webCG
「リーフ」で電気自動車(EV)の技術を培ってきた日産自動車が、2022年は「アリア」に続いて軽EVの「サクラ」をリリースする。「日本の自動車市場の常識を変える」と強気な姿勢だが、果たしてその仕上がりは?
タイトルとURLをコピーしました