日産、最新の電動化・運転支援技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2022

日産、最新の電動化・運転支援技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2022

ニッサン インテリジェント インテグレーションでは、アリア/サクラなどに搭載される先進コックピット技術「統合型インターフェイスディスプレイ」、アリア搭載 …

日産、新型軽EVの サクラ を展示へ…人とくるまのテクノロジー2022 | レスポンス(Response.jp)
日産自動車は、5月25日から27日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展、最新の電動化技術や運転支援技術を紹介する。新型軽EVの 『サクラ』を展示予定だ。

日産自動車、「人とくるまのテクノロジー展 2022」出展概要を発表

日産は、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を通じ、数多くのワクワクするクルマと技術で社会と人々の可能性を広げていきます。 【主な展示内容】 「ニッサン …

日産自動車、「人とくるまのテクノロジー展 2022」出展概要を発表
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は23日、公益社団法人自動車技術会主催の「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2022」への出展概要を発表しました。

日産、新型軽EVの サクラ を展示へ…人とくるまのテクノロジー2022 – Yahoo!ニュース

ニッサン・インテリジェント・パワーでは、『アリア』の「EV専用プラットフォーム」および新開発の電動駆動四輪制御「e-4ORCE」、新型軽EVサクラの「e-パワー …

日産、新型軽EVの サクラ を展示へ…人とくるまのテクノロジー2022(レスポンス) - Yahoo!ニュース
日産自動車は、5月25日から27日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展、最新の電動化技術や運転支援技術を紹介する。新型軽EVの 『サクラ』を展示予定だ。

人とくるまのテクノロジー展2022」出展概要 「アリア」「サクラ」に搭載された最新電動化技術 …

ニッサン インテリジェント インテグレーション アリア、サクラなどに搭載される「統合型インターフェイスディスプレイ」などの先進コックピット技術や、アリア …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

軽EVの理想と現実、日産サクラと三菱ekクロスEVが市場に変革を起こす条件 – JBpress

生産現場のDXを進める日産自動車、次世代のクルマづくりはどう変わったか. デジタルと人の融合を図る「ニッサンインテリジェントファクトリー」の全貌.

軽EVの理想と現実、日産サクラと三菱ekクロスEVが市場に変革を起こす条件 航続距離180kmは必要十分なのか? | JBpress (ジェイビープレス)
社会がこれからEVを上手く受け入れていくために、ユーザーのEVに対する意識変化をもたらすキッカケになることが、サクラとekクロスEVにとっての社会的使命になるのではないか。(1/6)

新型フェアレディZも走ったNAPAC走行会 NAPACの活動について高瀬嶺生会長に聞く – Car Watch

ハセガワ 1/24 ニッサン スカイライン 2000GT-R (KPGC110) プラモデル HC49. ¥2,607 · 製品画像:3位. タミヤ 1/12 ビッグスケールシリーズ No.36 …

新型フェアレディZも走ったNAPAC走行会 NAPACの活動について高瀬嶺生会長に聞く
 5月18日に富士スピードウェイで開催された「第34回 NAPAC走行会」。ナンバー付き車両を対象としたサーキット走行会だ。

ボルボ"2番目のBEV"は既存のベストセラーがベース、最小SUV『XC40リチャージ』登場 | クルマ

クルマ | ニッサン、100%電気自動車の新型軽『サクラ』発表。 … ニッサン、新型『フェアレディZ』の価格を発表。6速MT、9速ATともに524万円から.

ボルボ"2番目のBEV"は既存のベストセラーがベース、最小SUV『XC40リチャージ』登場 | クルマ | autosport web
 日本におけるボルボのベストセラーとして、ブランドのボトムラインを担ってきたコンパクトSUV『XC40』をベースに、史上初のBEVとして誕生した『C40リチャージ』に次ぐ2番目の電気自動車『XC40リチャージ』が登場。ツインモーター仕様とシングルモーター仕様の2モデルを設定し、7月7日よりオンラインでの販売が開始される...
タイトルとURLをコピーしました