スズキ、2022年でモトGP撤退!? レース界に衝撃走る!!【青木宣篤が見たスズキユーザ ーの熱さ】

スズキ、2022年でモトGP撤退!? レース界に衝撃走る!!【青木宣篤が見たスズキユーザーの熱さ】

彼らが背負っているのは「SUZUKI」の看板. まっさきに頭に浮かんだのは、クエスチョンマークだった。 スズキは2011年、モトGPへの参戦を一時休止。

スズキ、2022年でモトGP撤退!? レース界に衝撃走る!!【青木宣篤が見たスズキユーザーの熱さ】
第6戦スペインGP終了直後から、不穏なニュースが駆け巡り始めた。スズキがモトGPから撤退──!? ゴールデンウィーク中に動きはなく、憶測だけが飛び交ったが、5月12日、ついにスズキからリリースが発表。そこには「参戦終了を協議している」と明記

2022年でモトGP撤退!? レース界に衝撃走る!!【青木宣篤が見たスズキユーザーの熱さ】

まっさきに頭に浮かんだのは、クエスチョンマークだった。 スズキは2011年、モトGPへの参戦を一時休止。2015年に復帰を果たして以降、1チーム2台という …

スズキ、2022年でモトGP撤退!? レース界に衝撃走る!!【青木宣篤が見たスズキユーザーの熱さ】(WEBヤングマシン) - Yahoo!ニュース
レースに対して情熱を持って取り組んでいるチームスタッフ、そしてライダーたちのことを思うと、撤退は本当に残念。レースにはさまざまな効果があると思うのだが……。 第6戦スペインGP終了直後から、不穏なニ

海洋マイクロプラスチックを回収する船外機「DF140BG」を「人とくるまのテクノロジー展2022 …

スズキは、5月25日~27日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」にブースを出展している。

スズキ、「アルト」「GSX-S1000GT」や、海洋マイクロプラスチックを回収する船外機「DF140BG」を「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」で展示
 スズキは、5月25日~27日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」にブースを出展している。小間番号は265。

スイフトベースの3列シート!! このSUV日本でも売れる!? マルチスズキの新型SUVが凄い – ベストカー

スズキのインド法人を務めるマルチスズキは、2022年4月21日(木)にSUVのキャラクターも備えるコンパクトミニバンであるXL6のマイナーチェンジし発売した。

スイフトベースの3列シート マルチスズキの新型SUVが凄い!! 日本でも売れる!?   - 自動車情報誌「ベストカー」
スズキのインド法人を務めるマルチスズキがXL6のマイナーチェンジし発売。インド市場に特化したコンパクトSUVになっている。もちろん日本では手に入れることができない。スズキのDNAが流れる高級SUVをとくとご覧あれ!! 大きなワゴンRなども紹介しよう。

スズキ、小型リチウムイオン電池を街灯に二次利用 – 日本経済新聞

スズキは同社のハイブリッド車に搭載されていた小型リチウムイオン電池を、太陽光発電で稼働する街灯の電源に二次利用する技術を開発した。

スズキ、小型リチウムイオン電池を街灯に二次利用
スズキは同社のハイブリッド車に搭載されていた小型リチウムイオン電池を、太陽光発電で稼働する街灯の電源に二次利用する技術を開発した。将来的に増加する使用済み小型リチウムイオン電池の有効利用につなげる。廃車から電池を回収し、10台分で1基の街灯の電源とする。豊田通商、太陽

軽い速い快適! 3拍子揃ったGSX-Rツアラーだ! 【スズキGSX-S1000GT】丸山浩の試乗 …

’21モデルで近未来フォルム+数々の電子制御機能で生まれ変わったスズキのスーパーネイキッド、GSX-S1000。GSX-R1000譲りのエキサイティングエンジンと軽快な …

軽い速い快適! 3拍子揃ったGSX-Rツアラーだ! 【スズキGSX-S1000GT】丸山浩の試乗インプレッション
’21モデルで近未来フォルム+数々の電子制御機能で生まれ変わったスズキのスーパーネイキッド、GSX-S1000。GSX-R1000譲りのエキサイティングエンジンと軽快なハンドリングはそのままに、負けず劣らずのシャープなフルカウル

スズキ、小型リチウムイオン電池をソーラー街灯にリユースする技術を開発 – マイナビニュース

スズキは5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池(LIB)をソーラー街灯用 …

スズキ、小型リチウムイオン電池をソーラー街灯にリユースする技術を開発
スズキは、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池(LIB)をソーラー街灯用電源に二次利用(リユース)する技術を開発したことを発表した。

スズキ、廃車の小型リチウムイオン電池を「ソーラー街灯用電源」に活用 – 環境ビジネスオンライン

スズキ(静岡県浜松市)は5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池を、 …

スズキ、廃車の小型リチウムイオン電池を「ソーラー街灯用電源」に活用
スズキ(静岡県浜松市)は5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池を、ソーラー街灯用電源に二次利用する技術を開発したと発表した。 これまで使用済みとなった小型リチウムイオン電池は余寿命を残したまま処分さ

スズキおよび遠州鉄道と共同で実施した第三回目の自動運転の実証実験で「Dispatcher」を提供

BOLDLY株式会社のプレスリリース(2022年5月25日 14時00分)浜松市、スズキおよび遠州鉄道と共同で実施した第三回目の自動運転の実証実験で[Dispatcher]を …

浜松市、スズキおよび遠州鉄道と共同で実施した第三回目の自動運転の実証実験で「Dispatcher」を提供
BOLDLY株式会社のプレスリリース(2022年5月25日 14時00分)浜松市、スズキおよび遠州鉄道と共同で実施した第三回目の自動運転の実証実験でを提供

ルーミーに販売台数で大負けのソリオ……それでも評価されるワケ – 自動車情報誌「ベストカー」

プチバン市場を開拓したスズキ ソリオ。軽より大きく、かといってミニバンより小さいほど良いサイズ。そのうえスライドドアを備えりゃ売れないワケがない、 …

ルーミーに販売台数で大負けのソリオ……それでも評価されるワケ - 自動車情報誌「ベストカー」
プチバン市場を開拓したスズキ ソリオ。ほど良いサイズにスライドドアを備える見事なパッケージングが評価されている。ライバル「ルーミー」には販売台数で大きく差をつけられているソリオだが、それでも支持され続けているその理由を探った。
タイトルとURLをコピーしました