スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ

スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ

SUBARU(スバル)は5月26日、『レヴォーグ』など3車種について、EGR圧力センサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)は5月26日、『レヴォーグ』など3車種について、EGR圧力センサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

スバル、「レヴォーグ」などリコール エンジンに不具合 – 日本経済新聞

SUBARU(スバル)は26日、エンジン部品に不具合があったとして、国内主力3車種の5万2838台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

スバル、「レヴォーグ」などリコール エンジンに不具合
SUBARU(スバル)は26日、エンジン部品に不具合があったとして、国内主力3車種の5万2838台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。部品の手配に時間がかかっており、リコールに伴う改修作業は6月5日から始める予定だ。スバルは対象となるエンジンを搭載していたモデルの出荷と販売を4月6日に停止し、同月下...

スバル、「BRZ」のライティングスイッチの操作性見直しなど一部改良 – Car Watch

スバルは5月26日、「BRZ」のライティングスイッチの操作性を見直すなど一部改良モデルを発表した。価格は308万円〜343万2000円。

スバル、「BRZ」のライティングスイッチの操作性見直しなど一部改良
 スバルは5月26日、「BRZ」のライティングスイッチの操作性を見直すなど一部改良モデルを発表した。価格は308万円〜343万2000円。

スバル「レガシィ アウトバック」が最高評価のファイブスター大賞を受賞 2021年度自動車 …

スバルでは2020年度にも「レヴォーグ」がファイブスター大賞を獲得しており、2年連続の受賞となっている。 ファイブスター賞に続き、SUBARUの村田氏が表彰状と …

スバル「レガシィ アウトバック」が最高評価のファイブスター大賞を受賞 2021年度自動車アセスメント オンライン表彰式開催
 国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は5月25日、2021年度の自動車アセスメントの結果を公表し、オンライン表彰式を開催した。

スバルがFRスポーツカー「スバルBRZ」の一部改良モデルを発表 – webCG

スバルは2022年5月26日、FRスポーツカー「スバルBRZ」の一部改良モデルを発表した。今回の一部改良モデルでは、ライティングスイッチの操作性が改められた。

スバルがFRスポーツカー「スバルBRZ」の一部改良モデルを発表 【ニュース】 - webCG
スバルは2022年5月26日、FRスポーツカー「スバルBRZ」の一部改良モデルを発表した。今回の一部改良モデルでは、ライティングスイッチの操作性が改められた。ラインナップと価格に変更はない。

スバルの3車種、5万台リコール レヴォーグなど – 朝日新聞デジタル

スバルの主力車種のエンジンに不具合が見つかった問題で同社は26日、「レヴォーグ」「フォレスター」「アウトバック」の3車種、計5万2838 …

スバルの3車種、5万台リコール レヴォーグなど:朝日新聞デジタル
 スバルの主力車種のエンジンに不具合が見つかった問題で同社は26日、「レヴォーグ」「フォレスター」「アウトバック」の3車種、計5万2838台(2020年10月~22年4月製造)のリコール(回収・無償修…

3年ぶりのニュル24時間に挑むスバル/STI。「目標はクラス優勝。総合でも上を目指す」と辰巳総 …

そんななか、3年ぶりにSP3Tクラスに参戦する114号車SUBARU WRX STIを率いるスバルテクニカインターナショナル(STI)の辰巳英治総監督に、3年ぶりのニュルブルク …

3年ぶりのニュル24時間に挑むスバル/STI。「目標はクラス優勝。総合でも上を目指す」と辰巳総監督 | 海外レース他 | autosport web
 5月26日から開催される第50回ADAC・トタル24時間レース(ニュルブルクリンク24時間耐久レース)。開催を目前に控え、ドイツ・ニュルブルクリンクでは各チームやオフィシャル関係者が搬入作業や準備作業に勤しんでいる。そんななか、3年ぶりにSP3Tクラスに参戦する114号車SUBARU WRX

車載カメラ「3眼化」で死角減らす スバルは22年秋投入 – 日本経済新聞

車の運転支援技術で、3個のカメラを車両の前側に搭載する「3眼化」が広がっている。米テスラや独BMW、日産自動車などに続き、SUBARU(スバル)が2022年秋に …

車載カメラ「3眼化」で死角減らす スバルは22年秋投入
車の運転支援技術で、3個のカメラを車両の前側に搭載する「3眼化」が広がっている。米テスラや独BMW、日産自動車などに続き、SUBARU(スバル)が2022年秋に発売する車両でカメラを3個に増やす。画角の異なるレンズを搭載したカメラを組み合わせることで障害物の検知範囲を広げ、死角を減らして交通事故を減らす。スバルはかねて...

スバル「レガシィアウトバック」が、JNCAP「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」を受賞!

スバルはこのほど、国交省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP※1) …

スバル「レガシィアウトバック」が、JNCAP「自動車安全性能2021 ファイブスター大賞」を受賞!
スバルはこのほど、国交省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP※1)において、「レガシィアウトバック」が2021年度の衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得し、ファイブスター(※2)賞の対象車種のうち評価年度内での最高得点の...

スバルBRZが一部改良。ライティングシステムの操作性を向上 | clicccar.com

フルLEDヘッドランプやステアリング連動ヘッドランプを標準装備 2代目にスイッチしたSUBARU(スバル)BRZが、2022年5月26日(木)に一部改良を受けました。

スバルBRZが一部改良。ライティングシステムの操作性を向上 | clicccar.com
■フルLEDヘッドランプやステアリング連動ヘッドランプを標準装備 2代目にスイッチしたSUBARU(スバル)BRZが、2022年5月26日(木)に一部改良を受けました。 現行型のBRZは、「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」を掲げ、その名に恥じない本格的なスポーツ走行を堪能できます。
タイトルとURLをコピーしました