「筑波でアテーサET-Sは不要!?」第二世代GT-R最速記録を保持するFR仕様のBNR32に迫る !

「筑波でアテーサET-Sは不要!?」第二世代GT-R最速記録を保持するFR仕様のBNR32に迫る!

元々、ドリフト仕様だったという経緯もあるが、GT-Rの代名詞とも言うべきアテーサE-TS(4WD機構)をキャンセルし、FR駆動で戦い続けているのが大きなポイントだ。

「筑波でアテーサET-Sは不要!?」第二世代GT-R最速記録を保持するFR仕様のBNR32に迫る!
タイムを上げる鍵はコーナリングフォースとトラクション性能 FR化で得られた高い回頭性能が大きな武器に! 筑波サーキットを中心に、激しいチューニング合戦が繰り広げられているタイムアタックウォーズ。ほぼ改造無制限ということもあり、各アタックマシンのメイキングは信じられない速度で進化を続けている。 その中で、第二世代GT-R...

1969年式 いすゞ ベレット 1600 GTR Vol.2 (2022年5月27日) – エキサイト

車歴そのものがベレット人生。40年近く保有したベレットGTRをレストア|1969年式 いすゞ ベレット 1600 GTR Vol.2。【情熱のスポーツユニット】他人とは違う …

車歴そのものがベレット人生。40年近く保有したベレットGTRをレストア|1969年式 いすゞ ベレット 1600 GTR Vol.2 (2022年5月27日) - エキサイトニュース
車歴そのものがベレット人生。40年近く保有したベレットGTRをレストア|1969年式 いすゞ ベレット 1600 GTR Vol.2。【情熱のスポーツユニット】他人とは違うクルマに乗っている、という優越感や満足感は、旧車乗りの自己主張そのもの。その極みとも言えるのが、スポーツ仕様のエンジン搭載車を所有することだろう。高...

「GT-R」「RX-7」から「ウニモグ」「ランクル」も 鉄道博物館で「けいさつ車両展」開催 – Carview

展示予定車両は、パトカーが日産「スカイラインGT-R」、マツダ「RX-7」、トヨタ「クラウン」。白バイがヤマハ「FJR1300AP」、ホンダ「CB1300P」「GL1500( …

「GT-R」「RX-7」から「ウニモグ」「ランクル」も 鉄道博物館で「けいさつ車両展」開催(乗りものニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
埼玉でしか見られないパトカーも 2022年5月28日(土)、さいたま市大宮区にある鉄道博物館で第12回「けいさつ車両展」が開催されます。埼玉県警察本部が主催するもので、パトカーや白バイなど警察車両展示や、防犯・交通安全教室の開催、機動隊・山...(ヘッドライン)

「GT-R」「RX-7」から「ウニモグ」「ランクル」も 鉄道博物館で「けいさつ車両展」開催 – Carview

「GT-R」「RX-7」から「ウニモグ」「ランクル」も 鉄道博物館で「けいさつ車両展」開催. 2022/05/28 14:14 乗りものニュース.

「GT-R」「RX-7」から「ウニモグ」「ランクル」も 鉄道博物館で「けいさつ車両展」開催(乗りものニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
埼玉でしか見られないパトカーも 2022年5月28日(土)、さいたま市大宮区にある鉄道博物館で第12回「けいさつ車両展」が開催されます。埼玉県警察本部が主催するもので、パトカーや白バイなど警察車両展示や、防犯・交通安全教室の開催、機動隊・山...

伊豆長岡の伝説のヒルクライムコースを走るベレット! 本来の魅力を後世に伝えるための …

【1969年式 いすゞ ベレット 1600 GTR Vol.3】. 【2】から続く. オーナー的には元のままを維持してきただけというが、前期型の1600GTRのパーツは入手困難な …

伊豆長岡の伝説のヒルクライムコースを走るベレット! 本来の魅力を後世に伝えるためのオリジナルレストア|1969年式 いすゞ ベレット 1600 GTR Vol.3
【情熱のスポーツユニット】他人とは違うクルマに乗っている、という優越感や満足感は、旧車乗りの自己主張そのもの。その極みとも言えるのが、スポーツ仕様のエンジン搭載車を所有することだろう。高圧縮比、複数キャブレター、ダブルオーバーヘッドカムシャ・・・

【試乗】マクラーレン765LTは765馬力とは思えないほどジェントル! 恐るべきスーパーカーが …

筆者も、マクラーレンF1 GTRのロングテールモデルで1997年にル・マン24時間レースを走り、また全日本GT選手権GT500クラスにも参戦し、貴重な経験を積んだ。

【試乗】マクラーレン765LTは765馬力とは思えないほどジェントル! 恐るべきスーパーカーが誕生
この記事をまとめると■スーパーカーとして高く評価されるマクラーレンのロードカーに中谷明彦さんが試乗■現在のF1マシンで得られた技術のいくつかがロードカーに落とし込まれている■公道でその性能の全てを発揮することは不可能だが、非日常な運転感覚は…
タイトルとURLをコピーしました