マツダCX-5 | これがオーナーの本音レビュー !(リベイクver.)「燃費は? 長所は? 短所は ?」

マツダCX-5 | これがオーナーの本音レビュー !(リベイクver.)「燃費は? 長所は? 短所は?」

いまやマツダの中核モデルに成長したCX-5。スタイリッシュで、走りもいい、ということで世界中で人気を集めている。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くの …

マツダCX-5 | これがオーナーの本音レビュー !(リベイクver.)「燃費は? 長所は? 短所は?」
いまやマツダの中核モデルに成長したCX-5。スタイリッシュで、走りもいい、ということで世界中で人気を集めている。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところを見てみよう。

マツダ、2035年にグローバル自社工場でのカーボンニュートラルに挑戦

マツダは、クルマの「つくる・はこぶ・つかう・もどす」それぞれの過程でCO2排出量を削減し、地球温暖化の抑制に貢献することを自動車製造業の中核的責務として …

マツダ、2035年にグローバル自社工場でのカーボンニュートラルに挑戦 | レスポンス(Response.jp)
マツダは6月2日、2050年のサプライチェーン全体でのカーボンニュートラル(CN)に向け、2035年にグローバル自社工場でのCN実現に挑戦すると発表した。

2035年にグローバル自社工場でのカーボンニュートラルに挑戦 CO2排出量削減のロードマップ公開

マツダは6月2日、2035年にグローバル自社工場でのカーボンニュートラル実現に向けたCO2排出量削減のロードマップを公開した。今後、ロードマップで示した …

マツダ、2035年にグローバル自社工場でのカーボンニュートラルに挑戦 CO2排出量削減のロードマップ公開
 マツダは6月2日、2035年にグローバル自社工場でのカーボンニュートラル実現に向けたCO2排出量削減のロードマップを公開した。今後、ロードマップで示した取り組みを通じて、2050年のサプライチェーン全体でのカーボンニュートラル実現に挑戦していくとしている。

マツダ、35年に世界の自社工場でカーボンニュートラル実現を計画 | ロイター

マツダは2日、2035年に世界の自社工場で温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」(CN)の実現を目指すと発表した。

マツダ、35年に世界の自社工場でカーボンニュートラル実現を計画
マツダは2日、2035年に世界の自社工場で温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」(CN)の実現を目指すと発表した。同社は50年に材料・部品・車両製造、物流、販売、リサイクルに至るまで車のライフサイクル全体でのCN実現を目指しており、サプライチェーン(供給網)全体で取り組むことで実現に向けた第一歩とす...

マツダスタジアム大爆笑 新庄ビッグボスが始球式で打席に立ってバント空振り – サンスポ

日本生命セ・パ交流戦、広島-日本ハム、3回戦、2日、マツダ)日本ハム・新庄剛志監督(50)が試合前からスタンドを沸かせた。試合前練習ではグラブを手 …

マツダスタジアム大爆笑 新庄ビッグボスが始球式で打席に立ってバント空振り
(日本生命セ・パ交流戦、広島-日本ハム、3回戦、2日、マツダ)日本ハム・新庄剛志監督(50)が試合前からスタンドを沸かせた。試合前練習ではグラブを手に遊撃のポジ…

富士24時間は1.5リッターから1.8リッターバイオディーゼルに換装した「MAZDA2 Bio concept」で …

マツダはひと足先に岡山国際サーキットで実施された昨年の最終戦で「MAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIO」をデビューさせ、今季からは「MAZDA2 Bio concept …

マツダ、富士24時間は1.5リッターから1.8リッターバイオディーゼルに換装した「MAZDA2 Bio concept」で参戦 ミッションも強化へ
 国内で唯一の24時間レースとなる「NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」がスーパー耐久シリーズの第2戦として6月4日~5日にかけて富士スピードウェイで開催される。24時間走り続ける過酷な耐久レースの実施に先駆けて、5月10日に夜間走行を含めた公式テストが富士スピードウェイで行なわれた。

マツダ、2035年に国内外の工場で「カーボンニュートラル実現」 – 朝日新聞デジタル

マツダは2日、2035年に国内外にある自社工場の温室効果ガス排出量を実質ゼロにすると発表した。 生産の省エネ化のほか、再生可能エネルギーやバイオ燃料の …

マツダ、2035年に国内外の工場で「カーボンニュートラル実現」:朝日新聞デジタル
 マツダは2日、2035年に国内外にある自社工場の温室効果ガス排出量を実質ゼロにすると発表した。 生産の省エネ化のほか、再生可能エネルギーやバイオ燃料の活用によって脱炭素化を実現するという。50年まで…

マツダ工場、CO2排出ゼロへ 35年に、再エネ活用 | | 全国のニュース | 佐賀新聞

マツダは2日、全世界の自社工場で2035年に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標を発表した。再生可能エネルギーを活用したり、工場間で部品 …

マツダ工場、CO2排出ゼロへ 35年に、再エネ活用 | | 全国のニュース | 佐賀新聞
マツダは2日、全世界の自社工場で2035年に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標を発表した。再生可能エネルギーを活用したり、工場間で部品を運ぶトラックや人員を輸送するバスにバイオ燃料を使ったりする。 20年度の工場やオフィスのCO2排出量は52万9千トン。工場では脱炭素化に向けて省エネに取り組むほか、再エネ発...

マツダは果たして生き残ることができるのか? 役員人事改選とラージ戦略で岐路に … – ベストカー

マツダが5月25日に開催された取締役会で、2022年6月24日開催予定の第156回定時株主総会および株主総会直後の取締役会終了後の役員人事を内定した。

マツダは果たして生き残ることができるのか?  役員人事改選とラージ戦略で岐路に立つマツダの命運やいかに!? - 自動車情報誌「ベストカー」
今年6月24日開催予定のマツダの株主総会で、代表取締役副社長執行役員兼COOの藤原清志氏が退任することになった。引き続き舵取りを行う丸本明社長以下、マツダはどんなクルマ作りに方向転換していくのだろうか。今後のマツダについて国沢光宏氏が分析する。

マツダ工場、CO2排出ゼロへ 35年に、再エネ活用 – 中日新聞Web

マツダは2日、全世界の自社工場で2035年に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標を発表した。再生可能エネルギーを活用したり、…

マツダ工場、CO2排出ゼロへ 35年に、再エネ活用:中日新聞Web
マツダは2日、全世界の自社工場で2035年に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標を発表した。再生可能エネルギーを活用したり、...
タイトルとURLをコピーしました