シビックタイプRは初代が199万円 最新は550万円と約3倍! 国産スポーツ歴代の新車価 格の推移5選

シビックタイプRは初代が199万円 最新は550万円と約3倍! 国産スポーツ歴代の新車価格の推移5選

インテグラタイプRに次ぐモデルとしてシビックタイプRがデビューしたのは1997年8月。1.6L NAエンジンだったものが、2.0Lターボエンジンを搭載し、いまや最高 …

シビックタイプRは初代が199万円 最新は550万円と約3倍! 国産スポーツ歴代の新車価格の推移5選 - 自動車情報誌「ベストカー」
あの頃、キミは若かった・・・ならぬ安かった?モデルチェンジを繰り返すたびに性能が向上し、それに呼応するかのように価格も上昇していった。モデルチェンジのたびにどれくらい車両本体価格が遷移していったのか?5つのモデルを例に挙げて考察してみた。

新型Zのホットウィールが爆誕! ドリフト界を席巻したHKSシルビア … – レスポンス(Response.jp)

中でも注目は99年の「ホンダ・シビック・タイプR」、いわゆるEK9は、いまや伝説的なFFホットハッチ。自動車コミックなどでもしばしば取り上げられる人気の …

新型Zのホットウィールが爆誕! ドリフト界を席巻したHKSシルビアも登場…ホットウィールの6月新製品に大注目 | レスポンス(Response.jp)
1/64スケールクラスの小さなサイズに込めた、こだわりのディテールと迫力のアレンジ、そして毎月増えるラインナップでファンを魅了し続ける、アメリカ生まれのミニカーブランド「ホットウィール(Hot Wheels)」。

優れたターボエンジンだらけのいまだからこそ注目したい! NAにしかない魅力とは – carview!

英国生まれのシビックタイプRユーロのひと味違う走り · 圧勝の陰に「名エンジン」あり! モータースポーツでえげつないほど「勝ちまくった」国産名機4選 …

優れたターボエンジンだらけのいまだからこそ注目したい! NAにしかない魅力とは(Auto Messe Web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
80年代以降ターボエンジンが台頭する 1980年代初頭、「ターボ VS DOHC」という性能競争があった。発端は1979年、日産が430系セドリックにL20ターボエンジンを積んだこと。一方、トヨタは2T-G、4A-G、5M-G、6M-GとN...(ヘッドライン)

初のナイトレースはヒョンデが制覇。前戦大破のアウディも復活勝利/TCRオーストラリア第4戦

… ウォール・レーシング/FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR)がCOVID-19療養明けの復帰を果たし、会期直前にはTCRの権利所有者であるWSCと2028年までの …

初のナイトレースはヒョンデが制覇。前戦大破のアウディも復活勝利/TCRオーストラリア第4戦(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 5月27~29日にシドニー・モータースポーツパークで開催された2022年TCRオーストラリア・シリーズ第4戦は、初のナイトレースとなったオープニングヒートでジョシュ・バカン(HMOカスタマーレーシ
タイトルとURLをコピーしました