トヨタ、「ポータブル水素カートリッジ」開発 – Impress Watch

トヨタ、「ポータブル水素カートリッジ」開発 – Impress Watch

トヨタとその子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングスは、手軽に水素を持ち運びできる「ポータブル水素カートリッジ」のプロトタイプを開発した …

トヨタ、「ポータブル水素カートリッジ」開発
トヨタとその子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングスは、手軽に水素を持ち運びできる「ポータブル水素カートリッジ」のプロトタイプを開発した。静岡県裾野市で建設を進めるWoven City等での実証を通じて実用化に向けた検討を進める。

トヨタ、ミニバン2車種1.8万台リコール(時事通信) – Yahoo!ニュース

トヨタ自動車 <7203> は3日、ブレーキ過熱により火災の恐れがあるとして、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の2車種計1万8784台(2021年12月~22年5月製造)の …

トヨタ、ミニバン2車種1.8万台リコール(時事通信) - Yahoo!ニュース
 トヨタ自動車 は3日、ブレーキ過熱により火災の恐れがあるとして、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の2車種計1万8784台(2021年12月~22年5月製造)のリコール(回収・無償修理)

トヨタが新型「カローラ」初公開! 新顔デザイン採用&新ハイブリッド搭載! 刷新モデルを米国で …

2022年6月1日、米国トヨタは新型「カローラ」(2023年モデル)を発表しました。 デザインの刷新や新開発ハイブリッドシステムが採用されましたが、具台的に …

トヨタが新型「カローラ」初公開! 新顔デザイン採用&新ハイブリッド搭載! 刷新モデルを米国で発表(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2022年6月1日、米国トヨタは新型「カローラ」(2023年モデル)を発表しました。    デザインの刷新や新開発ハイブリッドシステムが採用されましたが、具台的にはどのような特徴があるのでしょうか

トヨタ、マイナス253℃の液体水素を用いて走る「液体水素カローラ」を世界初公開 圧縮気体水素 …

6月3日、トヨタ自動車は24時間レースを開催中の富士スピードウェイで液体水素を搭載する液体水素カローラを世界初公開した。これまでの水素燃焼カローラ …

トヨタ、マイナス253℃の液体水素を用いて走る「液体水素カローラ」を世界初公開 圧縮気体水素燃焼カローラの進化形で航続距離は2倍に
 6月3日、トヨタ自動車は24時間レースを開催中の富士スピードウェイで液体水素を搭載する液体水素カローラを世界初公開した。これまでの水素燃焼カローラは、70MPaの圧縮気体水素を用いるものだったが、この液体水素カローラは、文字どおりマイナス253℃の液体水素を用いるものになる。そもそも気体水素を燃やして走るクルマ自体が...

トヨタ1.8万台リコール ブレーキ過熱、火災の恐れ(時事通信) – Yahoo!ニュース

トヨタ自動車は3日、ブレーキ過熱により火災の恐れがあるとして、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の2車種計1万8784台(2021年12月~22年5月製造)の …

トヨタ1.8万台リコール ブレーキ過熱、火災の恐れ(時事通信) - Yahoo!ニュース
 トヨタ自動車は3日、ブレーキ過熱により火災の恐れがあるとして、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の2車種計1万8784台(2021年12月~22年5月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届

【トヨタ GRカローラ】「モリゾウエディション」誕生のきっかけは豊田社長の「野性味事件 …

トヨタ自動車が6月1日に公開したグローバルコンパクト『カローラ』のスポーティ仕様、『GRカローラ』。仕様はストリートタイプの「RZ」と後席なしの2 …

【トヨタ GRカローラ】「モリゾウエディション」誕生のきっかけは豊田社長の「野性味事件」だった | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車が6月1日に公開したグローバルコンパクト『カローラ』のスポーティ仕様、『GRカローラ』。仕様はストリートタイプの「RZ」と後席なしの2シーター、トラック特化型の「モリゾウエディション」の2グレード構成。

トヨタ・ノア/ヴォクシーリコール届出 ブレーキ過熱で火災にいたるおそれ 約1.9万台対象

トヨタは、2022年6月3日付で、ミニバンのノア、ヴォクシー(2021年12月1日~2022年5月25日製造)計1万8784台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に …

トヨタ・ノア/ヴォクシーリコール届出 ブレーキ過熱で火災にいたるおそれ 約1.9万台対象(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
トヨタは、2022年6月3日付で、ミニバンのノア、ヴォクシー(2021年12月1日~2022年5月25日製造)計1万8784台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

トヨタ新型「シエンタ」2022年夏発表!? 7年ぶり全面刷新? 人気ミニバンの最新情報を聞いてみた!

コンパクトミニバンといえば、トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」が挙げられます。そのなかで、7年ぶりにシエンタがフルモデルチェンジするという噂が …

トヨタ新型「シエンタ」2022年夏発表!? 7年ぶり全面刷新? 人気ミニバンの最新情報を聞いてみた!
コンパクトミニバンといえば、トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」が挙げられます。そのなかで、7年ぶりにシエンタがフルモデルチェンジするという噂が出ているようです。

トヨタ、ノア&ヴォクシー新型 1万8000台をリコール…ブレーキ加熱 | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車は6月3日、『ノア』『ヴォクシー』のブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

トヨタ、ノア&ヴォクシー新型 1万8000台をリコール…ブレーキ加熱 | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車は6月3日、『ノア』『ヴォクシー』のブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2021年12月1日~2022年5月25日に製造された1万8784台となる。

高圧水素タンクをポータブルサイズに、トヨタが「水素カートリッジ」を開発:燃料電池車

トヨタ自動車とウーブン・プラネット・ホールディングスは2022年6月2日、手軽に水素を持ち運びできるポータブル水素カートリッジ(高圧水素タンク)の …

高圧水素タンクをポータブルサイズに、トヨタが「水素カートリッジ」を開発
トヨタ自動車とウーブン・プラネット・ホールディングスは2022年6月2日、手軽に水素を持ち運びできるポータブル水素カートリッジ(高圧水素タンク)のプロトタイプを開発したと発表した。実用化に向けて、静岡県裾野市で建設中のウーブンシティーの他さまざまな場所で実証を行う。
タイトルとURLをコピーしました