トヨタ、マイナス253℃の液体水素を用いて走る「液体水素カローラ」を世界初公開 圧縮気体水素 …

トヨタ、マイナス253℃の液体水素を用いて走る「液体水素カローラ」を世界初公開 圧縮気体水素 …

液体水素カローラ世界初公開 6月3日、トヨタ自動車は24時間レースを開催中の富士スピードウェイで液体水素を搭載する液体水素カローラを世界初公開した。

トヨタ、マイナス253℃の液体水素を用いて走る「液体水素カローラ」を世界初公開 圧縮気体水素燃焼カローラの進化形で航続距離は2倍に(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
■ 液体水素カローラ世界初公開  6月3日、トヨタ自動車は24時間レースを開催中の富士スピードウェイで液体水素を搭載する液体水素カローラを世界初公開した。これまでの水素燃焼カローラは、70MPaの

トヨタモビリティパーツでキーパーの新コーティングサービス「ECOプラス … – Car Watch

KeePer技研は6月3日、今年の1月に発売を開始した新サービス「ECOプラスダイヤモンドキーパー」が、トヨタグループの自動車部品専門の卸売会社である「トヨタ …

トヨタモビリティパーツでキーパーの新コーティングサービス「ECOプラスダイヤモンドキーパー」取り扱い開始
 KeePer技研は6月3日、今年の1月に発売を開始した新サービス「ECOプラスダイヤモンドキーパー」が、トヨタグループの自動車部品専門の卸売会社である「トヨタモビリティパーツ」にて6月1日から発売が開始されたと発表した。

リーマンショック前は「経済的/お買い得」の印象しか・・・トヨタのイマイチだった車が抜群に …

「決算書」は企業の成績表とも呼ばれ、誰もが企業の業績を客観的に判断できる資料だ。5月11日、トヨタは2022年3月期の決算を発表した。

リーマンショック前は「経済的/お買い得」の印象しか・・・トヨタのイマイチだった車が抜群に変わった訳(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
 「決算書」は企業の成績表とも呼ばれ、誰もが企業の業績を客観的に判断できる資料だ。5月11日、トヨタは2022年3月期の決算を発表した。その実績はと言うと「増収増益」、つまり「売り上げ」と「利益」が

【トヨタ GRカローラ】「MTしかない」ことが強み、いずれは2ペダルも?

トヨタ自動車が6月1日に公表したスポーティモデル『GRカローラ』の日本仕様。やる気仕様の「モリゾウエディション」が富士スピードウェイのタイムアタック …

【トヨタ GRカローラ】「MTしかない」ことが強み、いずれは2ペダルも? | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車が6月1日に公表したスポーティモデル『GRカローラ』の日本仕様。やる気仕様の「モリゾウエディション」が富士スピードウェイのタイムアタックで1分59秒433を記録するなど、開発陣の並々ならぬ意気込みが伝わってくる。

トヨタ次期新型クラウン最新情報!GLCクーペのようなSUVテイスト&FR廃止か | MOBY [モビー]

近くフルモデルチェンジを予定しているトヨタ「クラウン」の次期型に関する情報が、トヨタディーラーの販売店へと徐々に共有され始めているようです。

トヨタ次期新型クラウン最新情報!GLCクーペのようなSUVテイスト&FR廃止か | MOBY [モビー]
近くフルモデルチェンジを予定しているトヨタ「クラウン」の次期型に関する情報が、トヨタディーラーの販売店へと徐々に共有され始めているようです。詳細は来週にお伝えできる予定ですが、まずは今回の取材によって新たに判明した情報をいち早くお伝えします。

トヨタ初の量産EV「bZ4X」のサブスク月額料金は8万8220円! 賢く乗る方法とは?

トヨタ初の量産EV「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」について、サブスクリプション(定額制)サービス「KINTO」での販売価格を月額8 …

トヨタ初の量産EV「bZ4X」のサブスク月額料金は8万8220円! 賢く乗る方法とは?(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース
トヨタ初の量産EV「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」について、サブスクリプション(定額制)サービス「KINTO」での販売価格を月額8万8220円(税込)からと発表した。この料金はお得なのか? 

トヨタで今季3戦目のラッピ、デイ2を終えて首位浮上。エバンスは無念のリタイア/WRC第5戦 …

6月3日、2022年シーズンのWRC世界ラリー選手権第5戦イタリアの競技2日目デイ2が、イタリアのサルディニア島北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTは …

トヨタで今季3戦目のラッピ、デイ2を終えて首位浮上。エバンスは無念のリタイア/WRC第5戦イタリア | ラリー/WRC | autosport web
 6月3日、2022年シーズンのWRC世界ラリー選手権第5戦イタリアの競技2日目デイ2が、イタリアのサルディニア島北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTはエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合首位に浮上した。

WEC第2戦でトヨタ8号車を襲ったトラブルの真因判明「走行距離50km程度の新品だった」と技術 …

WEC世界耐久選手権のハイパーカークラスに参戦しているトヨタGAZOO Racingのテクニカル・ディレクター、パスカル・バセロンは、5月の第2戦スパ・フランコ …

WEC第2戦でトヨタ8号車を襲ったトラブルの真因判明「走行距離50km程度の新品だった」と技術首脳 | ル・マン/WEC | autosport web
 WEC世界耐久選手権のハイパーカークラスに参戦しているトヨタGAZOO Racingのテクニカル・ディレクター、パスカル・バセロンは、5月の第2戦スパ・フランコルシャン6時間レースで8号車GR010ハイブリッドを襲ったトラブルについて、その原因を説明した。

BoP緩和は「何もないよりはマシ」とアルピーヌ。1スティントは「トヨタより1周は少ない」

WEC世界耐久選手権のハイパーカークラスに、ノンハイブリッドLMP1マシン、アルピーヌA480・ギブソンを送り込んでいる同チームは、6月1日付で発表された最新のBoP …

BoP緩和は「何もないよりはマシ」とアルピーヌ。1スティントは「トヨタより1周は少ない」/ル・マン24時間 | ル・マン/WEC | autosport web
 アルピーヌ・エルフ・チームは、ル・マン24時間レースのテストデー前に変更されたBoP(性能調整)により、最大出力の引き上げを受けたことについて「何もないよりはマシ」と考えていると、チーム代表のフィリップ・シノーは語っている。

トヨタが新型「カローラ」を発表! 全車ハイブリッド性能を刷新し年内にはSUVも改良! 欧州で …

トヨタは、2023年初旬発売予定の新型「カローラ」2023年モデルを欧州で初公開しました。マイナーチェンジを実施し、内外装の変更やパワートレインの進化など …

トヨタが新型「カローラ」を発表! 全車ハイブリッド性能を刷新し年内にはSUVも改良! 欧州でお披露目
トヨタは、2023年初旬発売予定の新型「カローラ」2023年モデルを欧州で初公開しました。マイナーチェンジを実施し、内外装の変更やパワートレインの進化など広範囲な改良が実施されます。
タイトルとURLをコピーしました