新型レクサスRX vs マツダCX-60 GA-K+新ハイブリッドシステムかFR+直6か – モーターフ ァン

新型レクサスRX vs マツダCX-60 GA-K+新ハイブリッドシステムかFR+直6か – モーターファン

国内でその牙城に挑戦するのがマツダCX-60だ。それぞれ、まだ詳細については明らかになっていないが、かたやTNGAで高い評価のあるGA-Kプラットフォームに新 …

新型レクサスRX vs マツダCX-60 GA-K+新ハイブリッドシステムかFR+直6か | 国産プレミアムSUV 対決
全長4.7を超えるラージクラスのプレミアムSUVは、欧州ブランドが強いカテゴリー。そのなかで絶対的な人気を誇るのがレクサスRXだ。いよいよ新型がヴェールを脱いだレクサスRX。国内でその牙城に挑戦するのがマツダCX-60だ。それぞれ、まだ詳細については明らかになっていないが、かたやTNGAで高い評価のあるGA-Kプラット...

新型高級SUVに「銀色みたいな白」誕生!? 2022年秋発売「CX-60」向けにマツダが新色を開発

マツダは、2022年秋に国内発売予定の新型SUV「CX-60」など次世代モデル向けに新しいボディカラー「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を発表しました。

新型高級SUVに「銀色みたいな白」誕生!? 2022年秋発売「CX-60」向けにマツダが新色を開発
マツダは、2022年秋に国内発売予定の新型SUV「CX-60」など次世代モデル向けに新しいボディカラー「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を発表しました。

新型高級SUVに「銀色みたいな白」誕生!? 2022年秋発売「CX-60」向けにマツダが新色を開発

マツダは2022年6月10日、特別塗装色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を開発したと発表しました。 雑味のないピュアな白さと、粒子のきめが細かく、 …

新型高級SUVに「銀色みたいな白」誕生!? 2022年秋発売「CX-60」向けにマツダが新色を開発(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 マツダは2022年6月10日、特別塗装色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を開発したと発表しました。    雑味のないピュアな白さと、粒子のきめが細かく、面による陰影表現を際立たせる金属質感

マツダがCX-60採用の特別塗装色「ロジウムホワイト」を開発 – エキサイト

CX-60から採用の特別塗装「ロジウムホワイト」ロジウムホワイトプレミアムメタリックマツダは2022年6月10日、マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」による …

マツダがCX-60採用の特別塗装色「ロジウムホワイト」を開発 (2022年6月10日) - エキサイトニュース
CX-60から採用の特別塗装「ロジウムホワイト」ロジウムホワイトプレミアムメタリックマツダは2022年6月10日、マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」による特別塗装色「ロジウムホワイトプレ...

マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」に、新色の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック …

近年のマツダは、「魂動デザイン」だけでなく、ボディカラーにもこだわっていて「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアム …

マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」に、新色の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」が加わる | clicccar.com
■新型CX-60から採用される目玉のボディカラーに 近年のマツダは、「魂動デザイン」だけでなく、ボディカラーにもこだわっていて「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」という同社独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」を使ったカラーを送り出してきました。

マツダ「ロードスター」が好調 個性派から根強い支持|自動車メーカー|紙面記事

マツダの2人乗りオープンカー「ロードスター」の販売が好調だ。半導体不足により新車全体の販売が伸び悩む中、同モデルの1~4月の販売台数は前年同期 …

マツダ「ロードスター」が好調 個性派から根強い支持|自動車メーカー|紙面記事
マツダの2人乗りオープンカー「ロードスター」の販売が好調だ。半導体不足により新車全体の販売が伸び悩む中、同モデルの1~4月の販売台数は前年同期比56・7%増の3796台と大幅に増加した。今年に入って…

あなたにとって「シルエットが美しいマツダ車」は?優美な横顔を持つあの車たち【推し車】

全くの主観ですが、今のマツダ車に共通するデザインテーマ、「魂動~SoulofMotion~」とは、真横から見たシルエットより、メディアで紹介される際に多用され …

あなたにとって「シルエットが美しいマツダ車」は?優美な横顔を持つあの車たち【推し車】 (2022年6月11日) - エキサイトニュース
全くの主観ですが、今のマツダ車に共通するデザインテーマ、「魂動~SoulofMotion~」とは、真横から見たシルエットより、メディアで紹介される際に多用される斜め前後や、上から見下ろしたアングルから...

トヨタの介入も取り沙汰…マツダ、次期社長候補が退任で社内に激震 – ビジネスジャーナル

マツダが5月25日に発表した役員人事が波紋を広げている。代表権を持つ副社長兼COO(最高執行責任者)の藤原清志氏が6月24日開催の定時株主総会での退任を …

トヨタの介入も取り沙汰…マツダ、次期社長候補が退任で社内に激震
マツダが5月25日に発表した役員人事が波紋を広げている。代表権を持つ副社長兼COO(最高執行責任者)の藤原清志氏が6月24日開催の定時株主総会での退任を発表した...

マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」に、新色の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック …

新型CX-60から採用される目玉のボディカラーに近年のマツダは、「魂動デザイン」だけでなく、ボディカラーにもこだわっていて「ソウルレッドクリスタル …

マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」に、新色の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」が加わる (2022年6月12日) - エキサイトニュース
■新型CX-60から採用される目玉のボディカラーに近年のマツダは、「魂動デザイン」だけでなく、ボディカラーにもこだわっていて「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」と...

THEスポーツカーの空力ボディ! 初のロータリー搭載ピュアスポーツ「初代RX-7」とは (1/2ページ)

マツダが世界で唯一量販化したロータリー・エンジンを、最初に搭載してリリースされた市販モデルは1967年に登場した2シーターのコスモスポーツでした。

THEスポーツカーの空力ボディ! 初のロータリー搭載ピュアスポーツ「初代RX-7」とは | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1979年にマツダ・サバンナGTの後継モデルとして登場したRX-7。ロータリーエンジンを搭載したピュアライトウェイトスポーツカーだった。空力を意識したボディデザインはいま見ても色褪せていない。のちにターボを搭載したり、ラリーに参戦するなど活躍した。
タイトルとURLをコピーしました