「無音で駆け抜ける600馬力のS2000!?」コンバートEVチューニングの現在地 – モーター ファン

「無音で駆け抜ける600馬力のS2000!?」コンバートEVチューニングの現在地 – モーターファン

その最新作は、なんとテスラのモーターをS2000に移植したEVスワップ。すべての部品を電気で動かすEVはガソリンエンジン車以上に配線の数が多く、ライアン …

「無音で駆け抜ける600馬力のS2000!?」コンバートEVチューニングの現在地
単なるコンバートEVと侮るなかれ! 世界中で市販車のEV化が進む中、今アメリカのチューニング界を席巻しているのがコンバートEVだ。電気配線のノウハウに長けるトップチューナーも、満を持してテスラモーターを掌握! 己がプライドをかけて最大600馬力オーバーの電動S2000を実現してみせたのである。 気鋭ビルダーの最新作はフ...

あえての17インチを選択! ツライチのS2000が圧巻の存在感だった【2022 RAYS FAN MEETING】

この記事をまとめると アルミホイールメーカー「RAYS」が主催したイベント 500台のRAYSホイール装着ユーザーが集結 シンプルながら存在感のあるS2000は …

あえての17インチを選択! ツライチのS2000が圧巻の存在感だった【2022 RAYS FAN MEETING】 | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
アルミホイールメーカーであるRAYSが初めて主催した、装着ユーザーの参加イベント「2022 RAYS FAN MEETING」。全国から500台ものRAYSホイールユーザーが集結。そのなかで、シンプルメイクが光るS2000ユーザーにこだわりを聞いた。

あえての17インチを選択! ツライチのS2000が圧巻の存在感だった【2022 RAYS FAN MEETING】

1999年4月にホンダとしては29年ぶりに販売したFR車のS2000(設立50周年を記念した2シーターオープンスポーツカーでもある)。同年1月には日産のR34型 …

あえての17インチを選択! ツライチのS2000が圧巻の存在感だった【2022 RAYS FAN MEETING】(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
“RAYSホイールが好き! なオーナーたちが富士スピードウェイに集まるお祭りイベント”として初開催された『2022 RAYS FAN MEETING』。旧車から現行モデルまで幅広いクルマがエントリー

トミカ・リミテッド・ヴィンテージ新製品 ホンダS800(イエロー/レッド)発売 – Carview

S2000へと続くホンダスポーツの歴史タカラトミーグループは、ミニカーブランド「トミカ・リミテッド・ヴィンテージ」の新製品として、ホンダS800(イエロー/ …

トミカ・リミテッド・ヴィンテージ新製品 ホンダS800(イエロー/レッド)発売(AUTOCAR JAPAN)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
S2000へと続くホンダスポーツの歴史タカラトミーグループは、ミニカーブランド「トミカ・リミテッド・ヴィンテージ」の新製品として、ホンダS800(イエロー/レッド)を発売する。1962年に試作車が発表され、翌年にS500として発売されたホン...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました