ホンダ5割減・マツダ6割減…米国市場が伸び悩み、日系車メーカーに大打撃(ニュ ースイッチ)

ホンダ5割減・マツダ6割減…米国市場が伸び悩み、日系車メーカーに大打撃(ニュースイッチ)

米国の5月の新車販売は、トヨタ自動車が前年同月比27・3%減、ホンダが同57・3%減と10カ月連続、SUBARU(スバル)は同24・8%減と12カ月連続、マツダは …

ホンダ5割減・マツダ6割減…米国市場が伸び悩み、日系車メーカーに大打撃(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
米国市場で自動車の販売が伸び悩んでいる。日系乗用車メーカー4社合計の5月の米新車販売台数は、前年同月比40・3%減の約31万台と、10カ月連続で減少した。受注残を抱えるなど需要は旺盛だが、半導体など

「伝説のマツダRX-7“254”を自作!?」内外装からプッシュロッドサスまで手作りの超絶SA22Cを捕獲

マツダのル・マン出場マシン“254”フェイスをプライベートで再現 旺盛な好奇心と凝り性の性格がマシンの進化を突き進めていく このSA22C型RX-7は、マツダの …

「伝説のマツダRX-7“254”を自作!?」内外装からプッシュロッドサスまで手作りの超絶SA22Cを捕獲
マツダのル・マン出場マシン“254”フェイスをプライベートで再現 旺盛な好奇心と凝り性の性格がマシンの進化を突き進めていく このSA22C型RX-7は、マツダのル・マン出場マシン“254”(RX-7で初完走を果たした車両)をモチーフにしたフロントカウルを備えるチューンドだ。 細部のクオリティは完全にショップデモカークラ...

操る楽しさを備えたマツダの福祉車両【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】 – グーネット

文○石井昌道 写真○マツダ. 2021年12月に発売されたMAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」( …

操る楽しさを備えたマツダの福祉車両【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】 | 中古車なら【グーネット】
マツダが開発した自分で運転するタイプの福祉車両「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle」を自動車ジャーナリストの石井昌道氏がレポート。

マツダ、白のボディーカラーに新色 上級SUVで展開 – 日本経済新聞

マツダは車体に塗るボディーカラーで白系統の新色を開発した。既存の複数種類の白色に比べて、混じり気の少ない純粋な白さを表現できたという。

マツダ、白のボディーカラーに新色 上級SUVで展開
マツダは車体に塗るボディーカラーで白系統の新色を開発した。既存の複数種類の白色に比べて、混じり気の少ない純粋な白さを表現できたという。きめ細やかな粒子と塗装した面による陰影表現を際立たせる金属の質感も実現した。今秋に国内で第1弾が発売となる中大型上級多目的スポーツ車(SUV)「ラージ商品群」を中心に展開する。新色

マツダ“100年の歴史”を体感 三輪トラック、コスモスポーツ、RX-7など往年の名車が勢ぞろい …

自動車メーカーのマツダは、創業から100年の歴史を振り返るミュージアムを全面リニューアルした。館内は10ブロックに分かれ、コスモスポーツやRX-7など数々 …

マツダ“100年の歴史”を体感 三輪トラック、コスモスポーツ、RX-7など往年の名車が勢ぞろい…博物館全面リニューアル
自動車メーカーのマツダは、創業から100年の歴史を振り返るミュージアムを全面リニューアルした。館内は10ブロックに分かれ、コスモスポーツやRX-7など数々の名車とともにマツダの100年以上にわたる歴史を振り返ることができる。こちらは、1931年に生産を開始した第1号車の三輪トラック「マツダ号」。マツダの前身、東洋工業は...

広島・宇草 マツダ特有の外野飛球を体で覚える日々 – デイリースポーツ

西日を真正面から受けるマツダスタジアムの特性には経験がものをいう。日差しの中から現れるようなノックの打球を、繰り返し追いかけてキャッチしていた。

広島・宇草 マツダ特有の外野飛球を体で覚える日々/デイリースポーツ online
 1軍出場枠を争う若鯉たちはレギュラーをつかみ取ろうと己を磨く。3年目を迎えた広島・宇草もその1人だ。5月24日に1軍再登録されてからはスタメン出場も果たした。厳しい外野争いの中で存在感を示そうとアピールする日々を送る。 西日を真正面から受けるマツダスタジアムの特性には経験がものをいう。日差しの中から現れるようなノック...

登場時は「画期的」と世間が沸いた! なのになぜか一向に広まらなかったクルマの装備3選 (1/2 …

たとえばマツダは、観音開きをクーペらしいスタイリッシュな見た目を実現するために採用していることもあり、実車で見てもリヤドアはかなり小さい。

登場時は「画期的」と世間が沸いた! なのになぜか一向に広まらなかったクルマの装備3選
この記事をまとめると■クルマの装備は日々、進化している■普及するものもあれば、そうでないものもある■登場時に話題になったにもかかわらず、広まらなかった装備を紹介する観音開きドアは使い勝手がイマイチクルマの進化は性能だけでなく、装備についても…

「世界で勝てる車を作る」発売確実なトヨタGR GT3市販モデルはこの姿で登場? – MOBY

マツダとプラットフォームを共有か? 東京オートサロン2022でお披露目した『GR GT3コンセプト』. GR GT3 Concept.

「世界で勝てる車を作る」発売確実なトヨタGR GT3市販モデルはこの姿で登場? | MOBY [モビー]
GR GT3コンセプトの市販モデルとされる『GR GT』の予想CGを海外メディアが公開しています。GR GTは2年で20台の少量生産となる見込みですが、それにより価格はレクサスがかつて販売していたフラッグシップスポーツカー『LFA』の価格3,750万円を超える可能性もあります。

「世界で勝てる車を作る」発売確実なトヨタGR GT3市販モデルはこの姿で登場? – エキサイト

… シップスポーツカー『LFA』の価格3,750万円を超える可能性もあります。 【次のページ】マツダとプラットフォームを共有か?マツダ RX-VISIONGR GT3.

「世界で勝てる車を作る」発売確実なトヨタGR GT3市販モデルはこの姿で登場? (2022年6月13日) - エキサイトニュース
東京オートサロン2022でお披露目した『GRGT3コンセプト』GRGT3Conceptトヨタは2022年1月14日から開催された『東京オートサロン2022』で、GRブランドのモータースポーツ専用モデル...

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第149話:告知 恐れ多くもポルシェ専門誌「911DAYS」に寄稿

練習号(マツダ・ロードスター)でがんばって練習していることなどたくさん書きかけていることがあります。 どれも7割ほど書いて、べつの原稿…

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第149話:告知 恐れ多くもポルシェ専門誌「911DAYS」に寄稿 - AUTOCAR JAPAN
「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。皆さま、たいへんご無沙汰しております。本日は嬉しいご報告があります。
タイトルとURLをコピーしました