マツダ、独自車体色第3弾「ロジウムホワイト」 今秋発売のCX-60などで使用 – Yahoo!ニ ュース

マツダ、独自車体色第3弾「ロジウムホワイト」 今秋発売のCX-60などで使用 – Yahoo!ニュース

マツダは「ソウルレッド」など独自の塗装技術を使った車体色の第3弾となる「ロジウムホワイト」を開発した。従来の白系と比べ、発色や光の反射の美しさを …

マツダ、独自車体色第3弾「ロジウムホワイト」 今秋発売のCX-60などで使用(中国新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 マツダは「ソウルレッド」など独自の塗装技術を使った車体色の第3弾となる「ロジウムホワイト」を開発した。従来の白系と比べ、発色や光の反射の美しさを向上させた。今秋初めに発売する新型スポーツタイプ多目

マツダの新型SUV「CX―60」に導入、塗膜3割薄くなるスゴい塗料色の中身 – ニュースイッチ

マツダは、塗装膜の厚さを同社比で約30%削減し、省資源化や二酸化炭素(CO2)削減につながる塗料色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック= …

マツダの新型SUV「CX―60」に導入、塗膜3割薄くなるスゴい塗料色の中身|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、マツダの新型SUV「CX―60」に導入、塗膜3割薄くなるスゴい塗料色の中身のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

マツダ、新型「CX-60」に採用の新色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を発表 “ピュアな …

マツダは、2022年初秋に日本で発売予定の新型SUV「CX-60」などに順次採用予定の特別塗装色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を発表しました。

マツダ、新型「CX-60」に採用の新色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を発表 “ピュアな白さ”と“金属質感”を両立
ボディーカラーにもこだわり!

カタログの最高速80km/hを超えた「クーペちゃん」|マツダ R360 クーペ|珍車秘宝館

今回は、マツダ初の乗用車となったR360クーペとトルコン式ATミッションに注目! … 【マツダ R360 クーペ】 エンジンに続き、気がかりなATの整備にも着手。

カタログの最高速80km/hを超えた「クーペちゃん」|マツダ R360 クーペ|珍車秘宝館(Nosweb.jp) - Yahoo!ニュース
「珍車秘宝館」は、国産車や輸入車はもちろん、クルマにまつわる激レア品や珍品、摩訶不思議なパーツなどにもスポットを当てるマニアックなコーナーで、館長の貴重な体験やコレクションなども合わせて紹介していく

マツダ「MX-30EVモデル」で1000kmのロングドライブ、そこに待ち受けていた多くの困難とは …

ことの始まりは外出不自由なころに出会った音声SNSのClubhouse。 Clubhouse内に数多ある部屋(ルームという)の中で特にEVとお茶関係の部屋で聴く新しい …

マツダ「MX-30EVモデル」で1000kmのロングドライブ、そこに待ち受けていた多くの困難とは?(前編)(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ことの始まりは外出不自由なころに出会った音声SNSのClubhouse。 Clubhouse内に数多ある部屋(ルームという)の中で特にEVとお茶関係の部屋で聴く新しいあれこれが楽しくて、気がつけばもう1年以上楽しんでいます。 そんなある...

甲信マツダ、飯田インター店を竣工|首都圏 – 日刊自動車新聞 電子版

マツダブランドのけん引役として独自の顧客体験と価値を提供 【長野】甲信マツダ(的場智英社長)は、「飯田インター店」を竣工した。同社「飯田店」が …

甲信マツダ、飯田インター店を竣工|首都圏|首都圏
マツダブランドのけん引役として独自の顧客体験と価値を提供 【長野】甲信マツダ(的場智英社長)は、「飯田インター店」を竣工した。同社「飯田店」がリニア中央新幹線の新駅計画で土地・建物の収容対象となったため。新店は国道153号沿い中央自動車道飯田インターチェン…

ロータリーエンジンは「マツダ」だけじゃなかった! とある独メーカーが社運を賭けた「奇跡の1 …

昭和30年代、独メーカーNSUが試作機フロリダ州の博物館に収蔵されていたNSU Ro80後期型。ボディシルエット、ディテール、パッケージング、その全てが1960 …

ロータリーエンジンは「マツダ」だけじゃなかった! とある独メーカーが社運を賭けた「奇跡の1台」とは|au Webポータル
au Webポータル

スズキやダイハツはどうなる? 各社の意外なフラッグシップモデル – webCG

マツダには中型セダンの「マツダ6」(289万3000円~429万5500円)があるが、時代を考えると「MX-30 EVモデル」(451万円~495万円。ホンダeとピタリと同じ) …

スズキやダイハツはどうなる? 各社の意外なフラッグシップモデル - webCG
国産自動車メーカーのフラッグシップモデルを調査。堂々たる車格を誇るセダンという昔ながらのスタイルばかりではなく、コンパクトなEVが価格的な頂点に立ってしまっているケースもある。そして軽が主力のスズキやダイハツの場合は……?

トヨタ、ホンダ、日産以外の販売台数最上位はどのクルマ?【5月の新車販売 … – モーターファン

5月の新車販売ランキング、トヨタ、ホンダ、日産に次ぐ上位ランカーは、スバルでもマツダでもない、あのメーカー、あの車種だ!

トヨタ、ホンダ、日産以外の販売台数最上位はどのクルマ?【5月の新車販売台数ランキング・スズキ/スバル編】
(社)日本自動車販売協会連合会から、5月の新車販売台数が発表された。第1位はトヨタ・ヤリスで相変わらずトップ10の8台をトヨタが占める強さを見せたが、トヨタ以外のメーカーの奮闘ぶりにも注目したい。ホンダ、日産に続いて、スズキ/スバル編をお届けする。

デビュー前のホンダ CR-V や ZR-V がノミネート…北米SUVオブザイヤー2023

マツダからは『CX-50』、レクサスからは『RX』新型と『LX』新型が名前を連ねる。 欧州勢では、アウディ『Q4 eトロン』、BMW 『iX』の「xDrive M50i」、ボルボ『 …

デビュー前のホンダ CR-V や ZR-V がノミネート…北米SUVオブザイヤー2023 | レスポンス(Response.jp)
北米カーオブザイヤー主催団体は6月9日、「2023北米SUVオブザイヤー」(2023 North American Utility of the Year)のノミネート30車種を発表した。
タイトルとURLをコピーしました