発表から3年 あの軽量スーパーカーはどうなった? ジネッタ・アクーラ開発状況 が明らかに

発表から3年 あの軽量スーパーカーはどうなった? ジネッタ・アクーラ開発状況が明らかに

英国のジネッタは2019年に新型スーパーカー「アクーラ」を公開し、わずか1150kgの軽量ボディで注目を集めました。あれから3年、市販化に向けた開発はまだ …

発表から3年 あの軽量スーパーカーはどうなった? ジネッタ・アクーラ開発状況が明らかに - AUTOCAR JAPAN
英国のジネッタは2019年に新型スーパーカー「アクーラ」を公開し、わずか1150kgの軽量ボディで注目を集めました。あれから3年、市販化に向けた開発はまだ続けられているとのことです。

発表から3年 あの軽量スーパーカーはどうなった? ジネッタ・アクーラ開発状況が明らかに

英国の自動車メーカー、ジネッタ(Ginetta)は、近日発売予定のG56 GTアカデミーと並んで、新型スーパーカー「アクーラ」の開発を進めている。

発表から3年 あの軽量スーパーカーはどうなった? ジネッタ・アクーラ開発状況が明らかに(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
英国の自動車メーカー、ジネッタ(Ginetta)は、近日発売予定のG56 GTアカデミーと並んで、新型スーパーカー「アクーラ」の開発を進めている。

ガルウイング開け駐車はサービスだった!? スーパーカー乗りの心理をオーナーが激白 – エキサイト

ちなみにママたちはスーパーカーにはあまり興味ないが、お子さまたちが「ママー!すごいクルマがいるー!」と、近くに行きたがるのだ。 近寄ってきた老人からは …

ガルウイング開け駐車はサービスだった!? スーパーカー乗りの心理をオーナーが激白 (2022年6月15日) - エキサイトニュース
この記事をまとめると■走っていても停まっていても目立つスーパーカー■スーパーカーに乗るオーナーは自分のクルマのことをどう思っているのか?■カウンタックの「ドア開け駐車」はオーナーのサービス精神だったス...

2965万円の新型アルトゥーラは思わず笑顔になるスーパーカーだった!マクラーレンの“第2章”とは?

そして「ウィーン」という軽いうなり音を奏でながら、真っ白なボディのスーパースポーツカーは南スペインの開放的な街並みを静かに走り抜けていったのである …

2965万円の新型アルトゥーラは思わず笑顔になるスーパーカーだった!マクラーレンの“第2章”とは?(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース
リード/ マクラーレンのPHV(プラグイン・ハイブリッド)モデル「アルトゥーラ」に、大谷達也がスペインで乗った!

1000馬力のハイパーカーがコンパクトカーと同額という謎! 自動車税が爆安すぎて笑えるクルマ4選

ダウンサイジングターボや電動化はスーパーカーにも旨味あり … プラグインハイブリッドのスーパースポーツのエンジンは1.5リッターの3気筒ターボだった。

1000馬力のハイパーカーがコンパクトカーと同額という謎! 自動車税が爆安すぎて笑えるクルマ4選(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 最近の自動車業界は「カーボンニュートラル」や「ゼロエミッション」がトレンドだが、少し前までは「ダウンサイジング」がバズワードとなっていた。大排気量エンジンを小排気量の過給エンジンに置き換えることで

「マクラーレン初の量産PHVは、思わず笑顔になる乗り味とハンドリング!」 新型アルトゥーラ …

マクラーレン アルトゥーラ 新型マクラーレン 新型アルトゥーラ PHV HV スーパーカー ハイパーカー 高級車. patrick@beadyeye.tv …

「マクラーレン初の量産PHVは、思わず笑顔になる乗り味とハンドリング!」──新型アルトゥーラ試乗記
マクラーレンのPHV(プラグイン・ハイブリッド)モデル「アルトゥーラ」に、大谷達也がスペインで乗った!

究極のハイパフォーマンストラック、ヘネシー・パフォーマンス ヴェロキラプター 600が灼熱の …

No SUPERCAR, No LIFE! … 年間500台の市販ベース・ハイパフォーマンスカーを製造するヘネシー・パフォーマンスは、性能と信頼性を高レベルで両立すべく、 …

究極のハイパフォーマンストラック、ヘネシー・パフォーマンス ヴェロキラプター 600が灼熱の砂漠でテストを敢行。900Nmで砂丘の斜面をドリフト 【動画】
アメリカ・テキサス州を拠点とするヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング(Hennessey Performance Engineering)は、フォード F150 ラプターをベースに開発されたモンスタートラック「ヘネシー ヴェロキラプター 600」の開発を続けている。今回、摂氏40度を超えるカリフォルニアの砂漠地帯...

思わず笑顔になる乗り味とハンドリング!」 新型アルトゥーラ試乗記 | GQ JAPAN

マクラーレン アルトゥーラ 新型マクラーレン 新型アルトゥーラ PHV HV スーパーカー ハイパーカー 高級車. patrick@beadyeye.tv.

ギャラリー:「マクラーレン初の量産PHVは、思わず笑顔になる乗り味とハンドリング!」──新型アルトゥーラ試乗記
【新型マクラーレン・アルトゥーラの詳細】マクラーレンのPHV(プラグイン・ハイブリッド)モデル「アルトゥーラ」に、大谷達也がスペインで乗った!

一度見たら忘れないインパクト強めの「ブガッティ チェントディエチ」生産1号車、EB110を所有 …

No SUPERCAR, No LIFE! … ブガッティ シロン スーパースポーツ、スペックを上回る最高出力1618psを発揮してしまうテスト風景 【動画】 …

一度見たら忘れないインパクト強めの「ブガッティ チェントディエチ」生産1号車、EB110を所有するオーナーの元へデリバリー 【動画】
ブガッティは、5万kmに及ぶ徹底的な走行テスト、風洞実験によるエアロダイナミクスの微調整、マイナス20度の極寒地から45度に達する灼熱のアリゾナテストなどを経て、スペシャルモデル「チェントディエチ」を完成させた。このたび限定10台のうち、最初の1台をデリバリーした。

マクラーレン 初のクロスオーバー、2030年頃の発売目指し開発中 全固体電池搭載の完全EVか

これまでスーパーカーやハイパーカーしか作らないと宣言してきた同社の方針と相反するものだ。 この新型クロスオーバーは、ハイブリッドではなく完全EVと …

マクラーレン 初のクロスオーバー、2030年頃の発売目指し開発中 全固体電池搭載の完全EVか - AUTOCAR JAPAN
マクラーレンは同社初のクロスオーバーを開発中で、2020年代後半に発売する見込みです。急激な方針転換の理由とは。
タイトルとURLをコピーしました