最新F1マシン、フェルスタッペンにとっては”制限”アリ……レッドブル、オーバ ーステア傾向求め …

最新F1マシン、フェルスタッペンにとっては”制限”アリ……レッドブル、オーバーステア傾向求め …

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2022年シーズンのF1マシンに対して、よりフロントエンドの自信を持てるように改善を求めているようだ。

最新F1マシン、フェルスタッペンにとっては”制限”アリ……レッドブル、オーバーステア傾向求めて改善中
レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2022年シーズンのF1マシンに対して、よりフロントエンドの自信を持てるように改善を求めているようだ。

FIAがポーパシング軽減のための対策導入を決定。F1ドライバーの安全&健康に強い懸念

2022年にF1技術レギュレーションが大幅に変更され、グラウンドエフェクトカーが導入されると、各チームは程度の差はあるものの、ポーパシング現象に悩ま …

FIAがポーパシング軽減のための対策導入を決定。F1ドライバーの安全&健康に強い懸念 | F1 | autosport web
 FIAは、6月16日、ドライバーの安全を考慮し、マシンのポーパシング(ダウンフォース量の変化によってマシンが激しく上下に振動する現象)を減らすための対策を導入することを発表した。 2022年にF1技術レギュレーションが大幅に変更され、グラウンドエフェクトカーが導入されると、各チームは程度の差はあるものの、ポーパシング...

今年は“候補者”4人……誰かが餌食に? カナダGPの名所『チャンピオンズ・ウォール』の由来とは

コロナ禍の影響でしばらく開催されていなかったF1カナダGPが、2019年以来3年ぶりの開催を迎える。舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットと言えば、最終 …

今年は“候補者”4人……誰かが餌食に? カナダGPの名所『チャンピオンズ・ウォール』の由来とは
開催が迫る2022年のカナダGP。ジル・ビルヌーブ・サーキットの最終コーナーのウォールは『The Wall of Champions(チャンピオンの壁)』とも呼ばれるが、そのきっかけとなったのは1999年のレースだった。

ホンダ製F1エンジンにはフェラーリのような深刻な問題は何もないとレッドブル首脳

今年は15年ぶりのF1ドライバーズタイトル、14年ぶりのF1コンストラクターズタイトル獲得を目指すフェラーリだが、その最大の障害となるのは2022年型マシンの …

ホンダ製F1エンジンにはフェラーリのような深刻な問題は何もないとレッドブル首脳(TopNews) - Yahoo!ニュース
今年は15年ぶりのF1ドライバーズタイトル、14年ぶりのF1コンストラクターズタイトル獲得を目指すフェラーリだが、その最大の障害となるのは2022年型マシンの信頼性問題のようだ。

大阪市がF1誘致「断念」でわかった「F1開催にかかるカネ」 鈴鹿GP撤退なら「今後の日本レース …

《F1大阪グランプリ、公道レース、夢物語だとは思わない。モナコ、シンガポールができるなら大阪もできる。ハードルは認識してる。夢洲には世界最高水準のIRが …

大阪市がF1誘致「断念」でわかった「F1開催にかかるカネ」 鈴鹿GP撤退なら「今後の日本レース開催は無理」の現実(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
 大阪市が此花区にある大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)にて検討していた、4輪自動車レースの最高峰「F1世界選手権」のグランプリ(GP)招致を断念していたことがわかった。6月16日に「読売新聞オンライ

メルセデスF1にとってポーポイズ現象へのFIAの介入は悪影響? – F1-Gate.com

すなわり、F1マシンの車高を上げるなどの対策をチームに求めている。 簡単に言えば、グラウンドエフェクトカーは、車が地面から離れるほど、パフォーマンスは …

メルセデスF1にとってポーポイズ現象へのFIAの介入は悪影響?
メルセデスF1にとって、FIA(国際自動車連盟)がポーポイズ現象(ポーパシング)を排除するために発表した技術指令は悪影響を与える可能性がある。全チームのなかで特にストレートでのバウンシングに苦しんでいたメルセデスF1は、チームが走らせなければならない最低地上高を導入することによって、競争の場を平常化する可能性のあるルー...

F1ポーパシング介入がチームに与える影響…レッドブルに朗報、メルセデスにとっては皮肉?

国際自動車連盟(FIA)は第9戦F1カナダGPを前にポーパシング対策を打ち出した。興味深いことにその内容は、空力的上下動に苦しむチームに有利に働くものでは …

F1ポーパシング介入がチームに与える影響…レッドブルに朗報、メルセデスにとっては皮肉? | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
国際自動車連盟(FIA)は第9戦F1カナダGPを前にポーパシング対策を打ち出した。興味深いことにその内容は、空力的上下動に苦しむチームに有利に働くものではなく、

レッドブルF1代表 「フェラーリは問題を解決して必ず反撃してくる」

レッドブル・レーシングは、フェラーリが2022年のF1チャンピオンシップ争いを狂わせた現在のぐらつきから反撃することを「疑いの余地はない」と語る。

レッドブルF1代表 「フェラーリは問題を解決して必ず反撃してくる」
レッドブル・レーシングは、フェラーリが2022年のF1チャンピオンシップ争いを狂わせた現在のぐらつきから反撃することを「疑いの余地はない」と語る。シャルル・ルクレールは過去4戦連続でポールポジションを獲得したが、第3戦オーストラリア以来レースに勝っていない。さらに悪いことに、スペインとアゼルバイジャンで2つのエンジン故...

F1カナダGP:木曜日は大雨に見舞われる 予選はウェットの可能性

F1は、3年振りにカナダグランプリを開催するが、木曜日のモントリオールは大雨に見舞われている。新型コロナウイルスの影響によって過去2年間は中止となっ …

F1カナダGP:木曜日は大雨に見舞われる 予選はウェットの可能性
F1は、3年振りにカナダグランプリを開催するが、木曜日のモントリオールは大雨に見舞われている。新型コロナウイルスの影響によって過去2年間は中止となっていたカナダグランプリ。3年ぶりにモントロオールを訪れたF1チームは大雨で迎えられた。アルピーヌF1チームが投稿した動画ではピットレーンは大洪水。「結局、モントリオールでボ...

FIA、F1で問題の「ポーポイズ」現象の軽減措置に動く(AFP=時事) – Yahoo!ニュース

【AFP=時事】国際自動車連盟(FIA)は16日、今季のフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)で多くの選手を苦しめ続けている「ポーポイズ」現象を軽減するため …

FIA、F1で問題の「ポーポイズ」現象の軽減措置に動く(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】国際自動車連盟(FIA)は16日、今季のフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)で多くの選手を苦しめ続けている「ポーポイズ」現象を軽減するための「措置」として、医師からの忠告を受け、
タイトルとURLをコピーしました