新しいスバル・アセントがカッコいい! | GQ JAPAN

新しいスバル・アセントがカッコいい! | GQ JAPAN

6月14日、スバルの北米法人は「アセント」の2023年モデルを発表した。「トライベッカ」の後継モデルとして2018年に登場したアセントは、全長4.9m強の日本未 …

新しいスバル・アセントがカッコいい!
日本でも乗りたいスバルの3列シートSUVの進化とは?

スバル3列SUV 新型「アセント」米で登場! 5m級巨体にデカグリルがイカす! 今秋発売へ

米国スバルから、大型SUV「アセント」の2023年モデルが発表されました。迫力あるフロントフェイスも特徴ですが、どのようなモデルなのでしょうか。

スバル3列SUV 新型「アセント」米で登場! 5m級巨体にデカグリルがイカす! 今秋発売へ
米国スバルから、大型SUV「アセント」の2023年モデルが発表されました。迫力あるフロントフェイスも特徴ですが、どのようなモデルなのでしょうか。

【懐かしの名車カタロググラフィティ】スバル 初代レオーネ(WEBヤングマシン) – Yahoo!ニュース

そこでスバルスピリットを分かりやすく伝えるために、ファッション性を加味した新ブランドを立ち上げた。それが1971年10月に、市場に放ったレオーネクーペ1400だ …

【懐かしの名車カタロググラフィティ】スバル 初代レオーネ(WEBヤングマシン) - Yahoo!ニュース
※寄稿元:月刊自家用車編集部(内外出版社)

スバルXV | これがオーナーの本音レビュー !(リベイクver.)「燃費は? 長所は? 短所は?」

スバルXVは、インプレッサの派生モデルとして生まれたコンパクトクロスオーバーだ。いまはスバルXV、北米ではクロストレック(Crosstrek)と呼ばれて高い人気 …

スバルXV | これがオーナーの本音レビュー !(リベイクver.)「燃費は? 長所は? 短所は?」
スバルXVは、インプレッサの派生モデルとして生まれたコンパクトクロスオーバーだ。いまはスバルXV、北米ではクロストレック(Crosstrek)と呼ばれて高い人気を誇っている。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみ...

スバル クロストレック に2023年型、2種類のボクサーエンジン搭載…今夏米国発売へ – 価格.com

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは6月9日、『クロストレック』(日本名:『XV』に相当)の2023年モデルを発表した。今夏、米国市場で発売 …

価格.com - スバル クロストレック に2023年型、2種類のボクサーエンジン搭載…今夏米国発売へ
SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは6月9日、『クロストレック』(日本名:『XV』に相当)の2023年モデルを発表した。今夏、米国市場で発売される予定だ。◆「スペシャルエディション」は2.0リットルボクサー搭載2023年...

スバルのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」が国交省中部地方整備局より受注。緊急災害 …

スバルはこのほど、ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を国交省中部地方整備局から受注したことを発表した。この機体は、風水害・地震等の災害発生時 …

スバルのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」が国交省中部地方整備局より受注。緊急災害対策派遣隊の活動などに活用
スバルはこのほど、ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を国交省中部地方整備局から受注したことを発表した。この機体は、風水害・地震等の災害発生時における情報収集やTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)の活動、平常時における各種調査に活用される見込みで、2024年に納入を予定している。

RCカー新製品「軽トラ スバル サンバー」初公開 「ファーストミニッツ」からRR仕様の6代目登場

京商エッグは、1/28スケールRC(ラジオコントロール)モデルの新製品「軽トラ スバル サンバー」(6代目)を「東京おもちゃショー2022 」で公開した。9月 …

京商エッグ、RCカー新製品「軽トラ スバル サンバー」初公開 「ファーストミニッツ」からRR仕様の6代目登場
 京商エッグは、1/28スケールRC(ラジオコントロール)モデルの新製品「軽トラ スバル サンバー」(6代目)を「東京おもちゃショー2022 」で公開した。9月発売予定で、価格は5478円。

スバル・クロストレックを知っているか? 北米でどれくらい売れている? ライバルHR-Vとの攻防 …

2023年モデルの価格が発表されたことで話題のスバル・クロストレック。アメリカでは人気モデルと言われても、日本人にはあまりピンとこないのも事実。

スバル・クロストレックを知っているか? 北米でどれくらい売れている? ライバルHR-Vとの攻防は?
2023年モデルの価格が発表されたことで話題のスバル・クロストレック。アメリカでは人気モデルと言われても、日本人にはあまりピンとこないのも事実。そこでアメリカでの販売統計を調べてみたところ、想像以上の売り上げをスバルにもたらす超優等生であることがわかったぞ! REPORT:小林秀雄

トヨタとスバルの新型EV、完成度は高いが細部に熟成不足も | 日経クロステック(xTECH)

トヨタ自動車とSUBARU(スバル)から、電気自動車(EV)が発売された。トヨタの「bZ4X」とスバルの「ソルテラ」である。両社が共同開発した車両だが、 …

トヨタとスバルの新型EV、完成度は高いが細部に熟成不足も
 トヨタ自動車とSUBARU(スバル)から、電気自動車(EV)が発売された。トヨタの「bZ4X」とスバルの「ソルテラ」である。両社が共同開発した車両だが、フロントグリルやリアコンビネーションランプなど外観の一部と、装備に若干の違いがある。競合と考えられるのは、日産自動車の「アリア」や、韓国Hyundai Motor(現...

顧客の大半がZ世代のスバル「中古車サブスク」 クルマもLTV戦略 – 日経クロストレンド

SUBARU(スバル)が2021年3月に開始した、月額制で中古車を借りられるサービス「SUBARU サブスクプラン(スバスク)」は、契約者の大半をZ世代が占める …

顧客の大半がZ世代のスバル「中古車サブスク」 クルマもLTV戦略
SUBARU(スバル)が2021年3月に開始した、月額制で中古車を借りられるサービス「SUBARU サブスクプラン(スバスク)」は、契約者の大半をZ世代が占めるという。スバスク契約者は将来のSUBARU車オーナーの有望株だ。SUBARUはさまざまなサービスを「SUBARU ID」という共通IDで利用可能にする基盤を21...
タイトルとURLをコピーしました