【順位結果】2022年F1第9戦カナダGP予選 – autosport web

【順位結果】2022年F1第9戦カナダGP予選 – autosport web

2022年F1第9戦カナダGPの予選がウエットコンディションのなかで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得した。2番手には …

【順位結果】2022年F1第9戦カナダGP予選 | F1 | autosport web
 2022年F1第9戦カナダGPの予選がウエットコンディションのなかで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得した。2番手にはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、3番手にはカルロス・サインツ(フェラーリ)が続き、グリッド降格が決定している角田裕毅(アルファタウリ)は20番手という結果に...

フェルスタッペンが”ブッちぎり”のポールポジション! アロンソが雨を活かしフロントロウ獲得

雨の中、F1第9戦カナダGPの予選セッションが行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得。

フェルスタッペンが”ブッちぎり”のポールポジション! アロンソが雨を活かしフロントロウ獲得|F1第9戦カナダGP
雨の中、F1第9戦カナダGPの予選セッションが行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得。フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がフロントロウに並ぶことになった。

F1メカ解説|カナダに持ち込まれた、様々な”空力レベル”のリヤウイング|ピットレーン直送便

3年ぶりの開催となった2022年のF1カナダGP。このグランプリに持ち込まれたリヤウイングを見てみると、チームによってそのダウンフォースレベルは様々だ。

F1メカ解説|カナダに持ち込まれた、様々な”空力レベル”のリヤウイング|ピットレーン直送便
3年ぶりの開催となった2022年のF1カナダGP。このグランプリに持ち込まれたリヤウイングを見てみると、チームによってそのダウンフォースレベルは様々だ。

フェルスタッペンが後続に大差を築き今季2度目のポール獲得。アロンソが大躍進の2番手で最前列 …

2022年F1第9戦カナダGPの予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得した。2番手はフェルナンド・ …

フェルスタッペンが後続に大差を築き今季2度目のポール獲得。アロンソが大躍進の2番手で最前列に【予選レポート/F1第9戦】 | F1 | autosport web
 2022年F1第9戦カナダGPの予選が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得した。2番手はフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。グリッド降格が決定しているアルファタウリの角田裕毅は20番手だった。

ルクレール、追加で新しいPUコンポーネントを投入。決勝はグリッド最後列からのスタートへ

2022年F1第9戦カナダGPの土曜日、フェラーリは、シャルル・ルクレールのパワーユニット(PU)に追加で新しいコンポーネントを投入した。

ルクレール、追加で新しいPUコンポーネントを投入。決勝はグリッド最後列からのスタートへ/F1第9戦 | F1 | autosport web
 2022年F1第9戦カナダGPの土曜日、フェラーリは、シャルル・ルクレールのパワーユニット(PU)に追加で新しいコンポーネントを投入した。 ルクレールはカナダGP初日のFP1の時点で、3基目のICE、MGU-H、MGU-Kと、2基目のCEを投入。FP2後には3基目のCEも使用したことが明らかになり、10グリッド降格ペ...

【角田裕毅F1第9戦密着】新PU投入でグリッド降格が確定。ドライビング改善にも注力

角田裕毅が(アルファタウリ)、F1第9戦カナダGPのフリー走行1回目に4基目のパワーユニットを投入した。今シーズンのF1は全22戦が予定されており、 …

【角田裕毅F1第9戦密着】新PU投入でグリッド降格が確定。ドライビング改善にも注力、カギは「最終コーナーのシケイン」 | F1 | autosport web
 角田裕毅が(アルファタウリ)、F1第9戦カナダGPのフリー走行1回目に4基目のパワーユニットを投入した。今シーズンのF1は全22戦が予定されており、パワーユニットの主要4コンポーネント(ICE、ターボ、MGU-H、MGU

2022年F1第9戦カナダGP TV放送&タイムスケジュール – autosport web

サーキットデータ ・名称:ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット ・全長:4.361km/レース距離:305.270km ・周回数:70/コーナー数:14 ・ラップレコード:1 …

2022年F1第9戦カナダGP TV放送&タイムスケジュール | F1 | autosport web
■サーキットデータ ・名称:ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット ・全長:4.361km/レース距離:305.270km ・周回数:70/コーナー数:14 ・ラップレコード:1分13秒078(バルテリ・ボッタス/2019) ■タイヤ選択 ・ホワイト・ハードC3(白) ・イエロー・ミディアムC4(黄) ・レッド・ソフトC5(赤...

フェルスタッペン「まだ縮められる」盤石か? 決勝に向けて懸念なし / F1カナダGP《初日》2022

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は6月17日(金)に2回に渡って行われたF1第9戦カナダGPの初日プラクティスで共に最速を刻んだ。

フェルスタッペン「まだ縮められる」盤石か? 決勝に向けて懸念なし / F1カナダGP《初日》2022 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は6月17日(金)に2回に渡って行われたF1第9戦カナダGPの初日プラクティスで共に最速を刻んだ。後続を大差で引き離して

F1メカ解説|メルセデス、規制緩和を受けて早速フロアを微調整。2本目のステーで剛性強化

FIAはF1カナダGPを前に、マシンのポーパシングやバウンシングを抑制するため、介入することを決定。その一環として、フロアのルールに関しても一部緩和され …

F1メカ解説|メルセデス、規制緩和を受けて早速フロアを微調整。2本目のステーで剛性強化
メルセデスは、FIAがフロアの規制を緩和したことを受けて、カナダGPに向けて2本目のステーを追加するなど、フロアを微調整した。

2022年 F1カナダGP フリー走行3回目:順位結果 – F1-Gate.com

角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は17番手でセッションを終えた。 2022年 F1カナダGP FP3 順位・結果 1.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ) – 1分 …

2022年 F1カナダGP フリー走行3回目:順位結果
2022年F1第8戦カナダGP フリー走行3回目の順位結果。2022年のF1世界選手権 第9戦 F1カナダGPのフリー走行3回目が6月18日(土)にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われ、ウェットコンディションの中、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)がトップタイムをマーク。角田裕毅(スクーデリア・アルファタ...
タイトルとURLをコピーしました