今夏いよいよ登場!ホンダが新型シビック タイプRのニュルテスト動画を公開 – MOBY

今夏いよいよ登場!ホンダが新型シビック タイプRのニュルテスト動画を公開 – MOBY

ホンダは、2022年6月16日にYouTubeで『【シビック TYPE R】新型CIVIC TYPE R ニュルブルクリンク 走行テスト動画』を公開しました。この動画では、2022年5月 …

今夏いよいよ登場!ホンダが新型シビック タイプRのニュルテスト動画を公開 | MOBY [モビー]
ホンダは、2022年6月16日にYouTubeで『【シビック TYPE R】新型CIVIC TYPE R ニュルブルクリンク 走行テスト動画』を公開しました。この動画では、2022年5月に行われた、新型シビック タイプRのニュルブルクリンクでのテスト走行の様子が映し出されています。

新車から約13年、48万kmを走り続けた、EP3シビックタイプR

本誌「ハチマルヒーロー」でおなじみのプロカメラマンである神村聖さんの愛車シビックタイプRは、職業柄高い稼働率を誇る。約13年という所有期間で48万kmを …

新車から約13年、48万kmを走り続けた、EP3シビックタイプR|2002年式 ホンダ シビック タイプR Vol.1
本誌「ハチマルヒーロー」でおなじみのプロカメラマンである神村聖さんの愛車シビックタイプRは、職業柄高い稼働率を誇る。約13年という所有期間で48万kmを記録した、彼と彼のタイプRの物語を語っていこう。【2002年式 ホンダ シビック タイプ・・・

小さなクルマが起こした奇跡 ホンダ・シビックの50年を振り返る 後編 8代目からe:HEVまで

新型シビックのタイプRが遅かれ早かれ登場することは、もう避けられなかった。日本では4ドア・セダン(FD2型)、欧州では3ドア・ハッチバック(FN2型)と2 …

小さなクルマが起こした奇跡 ホンダ・シビックの50年を振り返る 後編 8代目からe:HEVまで - AUTOCAR JAPAN
世界で最も人気のあるコンパクトカーの1つ、ホンダ・シビック。今年で初代誕生から50年を迎えたシビックの栄光と挫折を振り返ります。

小さなクルマが起こした奇跡 ホンダ・シビックの50年を振り返る 後編 8代目からe:HEVまで

世界で最も人気のあるコンパクトカーの1つ、ホンダ・シビック。 … 【英国生まれの2代目】ホンダ・シビック・タイプR 英国版中古車ガイド 名機のK20 VTEC …

小さなクルマが起こした奇跡 ホンダ・シビックの50年を振り返る 後編 8代目からe:HEVまで - AUTOCAR JAPAN
世界で最も人気のあるコンパクトカーの1つ、ホンダ・シビック。今年で初代誕生から50年を迎えたシビックの栄光と挫折を振り返ります。

小さなクルマが起こした奇跡 ホンダ・シビックの50年を振り返る 前編 誕生からディーゼル導入まで

ホンダ・シビックは、50年にわたり世界の道路を走り続けてきた。1972年の … の2代目】ホンダ・シビック・タイプR 英国版中古車ガイド 名機のK20 VTEC.

小さなクルマが起こした奇跡 ホンダ・シビックの50年を振り返る 前編 誕生からディーゼル導入まで(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
ホンダ・シビックは、50年にわたり世界の道路を走り続けてきた。1972年のデビュー以来、世界中で2400万台が製造・販売されている。

「ホンダ党ならコンプリートすべし」歴代名車のエンブレムがメタルキーホルダーに!

EK9シビックタイプRエンブレム DOHC VTECエンブレム DC2インテグラタイプRエンブレム EK4シビックSiRエンブレム BA5プレリュードPRロゴ PP1ビート20周年記念 …

「ホンダ党ならコンプリートすべし」歴代名車のエンブレムがメタルキーホルダーに!
定番VTECスポーツからバブリーなプレリュードまで ガチャポン展開は9月からだ! カプセルトイを中心にマニアックな製品群を展開する玩具メーカー“トイズキャビン”から、ホンダの歴代名車エンブレムをメタルキーホルダー化した製品「Hondaカーエンブレムメタルキーホルダーコレクション」が発売される。 EK9シビックタイプRエ...

「チョロ Q」新モデル全8種 ゼンマイからモーター搭載に – J-CAST ニュース

… ホンダ シビック タイプR(FK8)」、「e-06 ホンダ シビック タイプR(EK9)」、「e-07 マツダ RX-7(FD3S)」、「e-08 マツダ RX-7(SA22C)」全8種。

「チョロ Q」新モデル全8種 ゼンマイからモーター搭載に
タカラトミーは、デフォルメミニカー「チョロQ」新モデル全8種を、2022年夏に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。プルバック回数で走り方が変化1979年に誕生した「チョロQ」が、サイズやデザインなどはほぼそのまま、昨今の自動車EV化に着想を得て、従来のゼンマイからモーターを使用したプルバック遊びが楽しめ...

ド迫力ウイング採用のホンダ「インテグラWRX」 異色カスタムをSNSに投稿!? レベル高い …

中国市場では11代目「シビック」の姉妹車として登場した中国版インテグラ。 … 存在した2ドアの「インテグラタイプR」を熱望する声も聞こえてきます。

ド迫力ウイング採用のホンダ「インテグラWRX」 異色カスタムをSNSに投稿!? レベル高いレンダリングとは
SNSにはさまざまなレンダリングが投稿されていますが、そのなかでホンダ「インテグラ」とスバル「インプレッサWRX」をコラボさせたモデルが発見されました。
タイトルとURLをコピーしました