【試乗】マツダの新たな挑戦は成功の匂いしかしない! CX-60プロトの直6ディーゼ ルとPHEVに …

【試乗】マツダの新たな挑戦は成功の匂いしかしない! CX-60プロトの直6ディーゼルとPHEVに …

世界的なメガヒットとなっているCX-5や、国内で大人気のCX-8などがマツダの屋台骨となって「100年に一度」と言われる変革期に備えようとしている。

【試乗】マツダの新たな挑戦は成功の匂いしかしない! CX-60プロトの直6ディーゼルとPHEVに乗った(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 世界的なメガヒットとなっているCX-5や、国内で大人気のCX-8などがマツダの屋台骨となって「100年に一度」と言われる変革期に備えようとしている。

マツダと三菱自、今秋から国内で新車3%値上げ 他社に波及も – ロイター

マツダと三菱自動車は今秋、日本国内で発売する主力車種の販売価格をいずれも約3%引き上げる。資源高や円安で原材料価格が高騰し、コスト削減では追いつか …

マツダと三菱自、今秋から国内で新車3%値上げ 他社に波及も
マツダと三菱自動車は今秋、日本国内で発売する主力車種の販売価格をいずれも約3%引き上げる。資源高や円安で原材料価格が高騰し、コスト削減では追いつかないため。事情を知る複数の関係者が明らかにした。自動車メーカーは国内で価格を引き上げるのはこれまで慎重だったが、最大手のトヨタ自動車も検討しており、値上げの波は広がる可能性が...

マツダCX-60プロトの直6ディーゼルとPHEVに乗った | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

マツダの新たなSUVであるCX-60。これから順次投入していくラージ商品群と呼ばれる上級SUVのなかの1台で、この新戦略のトップバッターとなるモデルだ。

【試乗】マツダの新たな挑戦は成功の匂いしかしない! CX-60プロトの直6ディーゼルとPHEVに乗った
まずは6気筒のディーゼル+マイルドハイブリッドを試す世界的なメガヒットとなっているCX-5や、国内で大人気のCX-8などがマツダの屋台骨となって「100年に一度」と言われる変革期に備えようとしている。MX-30のBEVにロータリーエンジンを…

マツダ RX-7 後継はロータリー発電のBEV?…トヨタが接触か | レスポンス(Response.jp)

さらに興味深い情報は、マツダとの協業だ。スポーツカーの販売台数を増やすための協業は、トヨタではトヨタ『GR 86』/スバル『BRZ』といった例がある。

マツダ RX-7 後継はロータリー発電のBEV?…トヨタが接触か | レスポンス(Response.jp)
『ベストカー』7月10日号巻頭のSuper Spy Scoopは、トヨタのモータースポーツ事業部門で、高性能市販車も手がけるトヨタGAZOOレーシングが、バッテリーEVのピュアスポーツカーの開発を開始したというニュースだ。

マツダのラージ戦略、これが「はじめの一歩」 – 日経ビジネス電子版

マツダの“これから”を担うラージ商品群。その嚆矢(こうし)となるのが今回試乗したCX-60である。

マツダのラージ戦略、これが「はじめの一歩」
マツダの“これから”を担うラージ商品群。その嚆矢(こうし)となるのが今回試乗したCX-60である。

マツダと三菱自、今秋から国内で新車3%値上げ 他社に波及も – エキサイト

[東京 20日 ロイター] – マツダと三菱自動車は今秋、日本国内で発売する主力車種の販売価格をいず…

マツダと三菱自、今秋から国内で新車3%値上げ 他社に波及も (2022年6月20日) - エキサイトニュース
[東京 20日 ロイター] - マツダと三菱自動車は今秋、日本国内で発売する主力車種の販売価格をいず...

国内でも現行モデル値上げへ—マツダと三菱自動車が先陣[新聞ウォッチ]

我慢するのも限界なのか、「背に腹は代えられない」のだろう。マツダと三菱自動車が今秋、新車の価格を3%程度引き上げるという。

国内でも現行モデル値上げへ---マツダと三菱自動車が先陣[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
我慢するのも限界なのか、「背に腹は代えられない」のだろう。マツダと三菱自動車が今秋、新車の価格を3%程度引き上げるという。

マツダと三菱自、今秋から国内で新車3%値上げ 他社に波及も – ロイターニュース – 朝日新聞デジタル

[東京 20日 ロイター] – マツダと三菱自動車は今秋、日本国内で発売する主力車種の販売価格をいずれも約3%引き上げる。資源高や円安で原材料価格が …

マツダと三菱自、今秋から国内で新車3%値上げ 他社に波及も - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル
 [東京 20日 ロイター] - マツダと三菱自動車は今秋、日本国内で発売する主力車種の販売価格をいずれも約3%引き上げる。資源高や円安で原材料価格が高騰し、コスト削減では追いつかないため。事情を知る

テインが純正互換ショック「EnduraPro」にハリアー&マツダ2追加 | レスポンス(Response.jp)

… アブソーバー「EnduraPro PLUS」「Endura Pro」(エンデュラプロ/プラス)にトヨタ『ハリアー』用、『マツダ2』用の新製品を追加、販売が開始された。

テインが純正互換ショック「EnduraPro」にハリアー&マツダ2追加 | レスポンス(Response.jp)
サスペンションの専門メーカー・テインがショックアブソーバー「EnduraPro PLUS」「Endura Pro」(エンデュラプロ/プラス)にトヨタ『ハリアー』用、『マツダ2』用の新製品を追加、販売が開始された。

クルマの「ハンドル」なぜいま太く? ミニバンからスポーツカーまで持ち手が「数ミリ」変化 …

マツダの担当者は、同社のスポーツカー「ロードスター」を例に挙げ、以下のように説明します。 「1989年に発売したロードスター(初代はNA型)は、現在4代目で …

クルマの「ハンドル」なぜいま太く? ミニバンからスポーツカーまで持ち手が「数ミリ」変化? 時代で変わる理由とは
クルマがどんなに進化してもドライバーはハンドル(ステアリング)を通じて運転することには変わりはありません。性能・機能において進化するクルマですが、実はステアリングの径は年々大きくなってるといいます。なぜ太くなる傾向にあるのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました