新型ヘリコプター『スバル ベル 412EPX』、海上保安庁より受注 | レスポンス(Respon se.jp)

新型ヘリコプター『スバル ベル 412EPX』、海上保安庁より受注 | レスポンス(Response.jp)

SUBARU(スバル)は6月21日、新型ヘリコプター『スバル ベル 412EPX』を海上保安庁から受注したと発表した。

新型ヘリコプター『スバル ベル 412EPX』、海上保安庁より受注 | レスポンス(Response.jp)
SUBARU(スバル)は6月21日、新型ヘリコプター『スバル ベル 412EPX』を海上保安庁から受注したと発表した。

スバル、海上保安庁からヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を受注 2025年納入予定

スバルは6月21日、米国ベル・ヘリコプター・テキストロンと共同開発を行なった412シリーズのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を海上保安庁から受注したと …

スバル、海上保安庁からヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を受注 2025年納入予定
 スバルは6月21日、米国ベル・ヘリコプター・テキストロンと共同開発を行なった412シリーズのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を海上保安庁から受注したと発表した。

「簡単にはいかない…魔物は夜中にやってくる?」 トヨタ/スバルの富士24時間! 長丁場の末に …

スーパー耐久シリーズ2022(以下、S耐)」にカーボンニュートラル燃料を使った「GR86」「SUBARU BRZ」で参戦しているトヨタとスバル。6月3日から5日にかけ …

「簡単にはいかない…魔物は夜中にやってくる?」 トヨタ/スバルの富士24時間! 長丁場の末に見えたものは?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
「スーパー耐久シリーズ2022(以下、S耐)」にカーボンニュートラル燃料を使った「GR86」「SUBARU BRZ」で参戦しているトヨタとスバル。6月3日から5日にかけ開催された「第2戦 NAPAC

スバル『インプレッサ 22B』、400馬力超にカスタム&レストア…グッドウッド2022

プロドライブ社は1984年、デビッド・リチャーズ氏が設立した。1990年から、SUBARU(スバル)のパートナーとしてWRC(世界ラリー選手権)に参戦 …

スバル『インプレッサ 22B』、400馬力超にカスタム&レストア…グッドウッド2022 | レスポンス(Response.jp)
英国のプロドライブ社は6月20日、プロドライブ『P25』を6月23日、英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初公開すると発表した。スバル『インプレッサ22B』をレストア&カスタマイズし、25台を限定発売する。

7000万円超でも即完売に?スバル インプレッサ 22B-STiの再来『P25』 | MOBY [モビー]

イギリスのレーシングカーコンストラクター『Prodrive(プロドライブ)』は、スバルが1998年3月に発売したスバル インプレッサ 22B-STiからインスピ …

7000万円超でも即完売に?スバル インプレッサ 22B-STiの再来『P25』 | MOBY [モビー]
イギリスのレーシングカーコンストラクター『Prodrive(プロドライブ)』は、スバルが1998年3月に発売したスバル インプレッサ 22B-STiからインスピレーションを得た『P25』を発表しました。

「人生を楽しむ人に」美月絢音×スバル・レガシィ アウトバック【注目モデルでドライブ … – Clicccar

アウトバックは、スバルが日本で販売しているクルマのなかでは、もっとも車体が大きなモデルだ。 「だから車内がゆったりしているんだ…」

「人生を楽しむ人に」美月絢音×スバル・レガシィ アウトバック【注目モデルでドライブデート!? Vol.128】 | clicccar.com
■メインマーケットはアメリカ 「居心地がいいクルマだね」 このクルマでの初めてのドライブデートで、彼女はレガシィ アウトバックをそう感じたらしい。 アウトバックは、スバルが日本で販売しているクルマのなかでは、もっとも車体が大きなモデルだ。 「だから車内がゆったりしているんだ…」

【試乗レポート スバル ソルテラ】スバリストのための電気自動車 | 中古車なら【グーネット】

スバルの電気自動車ソルテラは、どのような電気自動車なのか?トヨタbZ4Xとの違いは?自動車ジャーナリストの工藤貴宏氏がレポートする。

【試乗レポート スバル ソルテラ】スバリストのための電気自動車 | 中古車なら【グーネット】
スバルの電気自動車ソルテラは、どのような電気自動車なのか?トヨタbZ4Xとの違いは?自動車ジャーナリストの工藤貴宏氏がレポートする。

意外と違うトヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」、長距離試乗で検証 | 日経クロステック(xTECH)

既に報道されているのでご存じの読者も多いと思うが、トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2022年5月下旬~6月初旬に、両社にとって初の量産EV(電気自動車)で …

意外と違うトヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」、長距離試乗で検証
 既に報道されているのでご存じの読者も多いと思うが、トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2022年5月下旬~6月初旬に、両社にとって初の量産EV(電気自動車)である「bZ4X」と「ソルテラ」の合同試乗会を開催した。

ついに復活 伝説のインプレッサ22B、レストモッド公開 忠実に再現された外観に最新技術搭載

1997年の世界ラリー選手権(WRC)でマニュファクチャラーズタイトルを獲得したスバル・インプレッサ22Bが、限定生産のレストモッドとして現代に復活した。

ついに復活 伝説のインプレッサ22B、レストモッド公開 忠実に再現された外観に最新技術搭載(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
1997年の世界ラリー選手権(WRC)でマニュファクチャラーズタイトルを獲得したスバル・インプレッサ22Bが、限定生産のレストモッドとして現代に復活した。

どちらが卵でどちらが鶏か? トヨタ bZ4Xとスバル ソルテラをロングツーリングで測る

最新EV、トヨタ bZ4Xとスバル ソルテラを長距離試乗に持ち出し、両モデルのパフォーマンスと、国内のEV環境について確認した。 電動化取り組みへの遅れという、 …

どちらが卵でどちらが鶏か? トヨタ bZ4Xとスバル ソルテラでロングツーリングをしてEVの未来を測る
電動化取り組みへの遅れという、マスコミの論調に押された面もあろうが、日本自動車メーカーから相次いでBEVが登場している。いや、日本メーカーは電動化で遅れてはいないのだが、はたして今の日本で現実的にBEVを走らせたらどうなるのか、名古屋から金沢まで走って検証した。
タイトルとURLをコピーしました