ランボルギーニ 電動化しても「宇宙船のような外観」は変わらず 独自デザインへ こだわり

ランボルギーニ 電動化しても「宇宙船のような外観」は変わらず 独自デザインへこだわり

ランボルギーニが電動化時代に突入しても、「宇宙船のような外観」を保ち続けると、デザイン部門トップのミィティア・ボルケルトは話す。

ランボルギーニ 電動化しても「宇宙船のような外観」は変わらず 独自デザインへこだわり(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
ランボルギーニが電動化時代に突入しても、「宇宙船のような外観」を保ち続けると、デザイン部門トップのミィティア・ボルケルトは話す。

新型ランボルギーニ・ウラカン・テクニカ 伊ミラノで一般公開 獰猛さと落ち着きの共生

毎年6月にイタリアで開催される野外自動車ショー「ミラノ・モンツァ・オープンエア・モーターショー」において、ランボルギーニ・ウラカン・テクニカが一般 …

新型ランボルギーニ・ウラカン・テクニカ 伊ミラノで一般公開 獰猛さと落ち着きの共生(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
毎年6月にイタリアで開催される野外自動車ショー「ミラノ・モンツァ・オープンエア・モーターショー」において、ランボルギーニ・ウラカン・テクニカが一般公開された。このイベントは今年、6月16日から19日

新型ランボルギーニ・ウラカン・テクニカ 伊ミラノで一般公開 獰猛さと落ち着きの共生

イタリアで開催された野外自動車ショーで、ランボルギーニの新型スーパーカー「ウラカン・テクニカ」が一般公開されました。

新型ランボルギーニ・ウラカン・テクニカ 伊ミラノで一般公開 獰猛さと落ち着きの共生 - AUTOCAR JAPAN
イタリアで開催された野外自動車ショーで、ランボルギーニの新型スーパーカー「ウラカン・テクニカ」が一般公開されました。

英国の人気ロックバンド「Muse」のメンバー、サンタアガタでランボルギーニ ウラカンSTOを …

イタリア・フィレンツェでのライブ公演を前に、英国の人気バンド「Muse(ミューズ)」のメンバーが、ランボルギーニの本社、サンタアガタ・ボロネーゼを訪問 …

英国の人気ロックバンド「Muse」のメンバー、サンタアガタでランボルギーニ ウラカンSTOをドライブ 【動画】
イタリア・フィレンツェでのライブ公演を前に、英国の人気バンド「Muse(ミューズ)」のメンバーが、ランボルギーニの本社、サンタアガタ・ボロネーゼを訪問。ウラカン STOのステアリングを握り、モデナ・サーキットを走行した。

レナッゾ、ランボルギーニ最新モデルを発売 – NNA ASIA・タイ・自動車・二輪車

イタリアの高級スポーツカー「ランボルギーニ」をタイで独占販売するレナッゾ・モーター(ランボルギーニ・バンコク)は、今年4月にワールドプレミアされた …

レナッゾ、ランボルギーニ最新モデルを発売 タイ・自動車・二輪車
イタリアの高級スポーツカー「ランボルギーニ」をタイで独占販売するレナッゾ・モーター(ランボルギーニ・バンコク)は、今年4月にワールドプレミアされたランボルギーニの最新モデル「ウラカン・テクニカ」の国内…

ランボの「ウルス」でクルマの聖地へ! 輸入車のプロが試乗、感想は? – マイナビニュース

ランボルギーニの「ウルス」でクルマの聖地「箱根ターンパイク」にドライブに行ったら、某輸入車インポーターが試乗会を開催していた。

ランボの「ウルス」でクルマの聖地へ! 輸入車のプロが試乗、感想は? - 紙ドライバーFのへなちょこ試乗日記(14)
ランボルギーニの「ウルス」でクルマの聖地「箱根ターンパイク」にドライブに行ったら、某輸入車インポーターが試乗会を開催していた。小さなクルマや速いクルマを取り扱っている同社の人たちは、ランボのSUVに興味津々な様子。せっかくなので乗ってもらった。

ランボルギーニ 電動化しても「宇宙船のような外観」は変わらず 独自デザインへこだわり

詳細画像はこちらランボルギーニの個性 EVでも守れるかランボルギーニが電動化時代に突入しても、「宇宙船のような外観」を保ち続けると、デザイン部門 …

ランボルギーニ 電動化しても「宇宙船のような外観」は変わらず 独自デザインへこだわり
詳細画像はこちらランボルギーニの個性 EVでも守れるかランボルギーニが電動化時代に突入しても、「宇宙船のような外観」を保ち続けると、デザイン部門トップのミィティア・ボルケルトは話す。【画像】電動化するランボルギーニの未来像【EVコ…

もはやSFのような見た目もなんと実走可能なクルマだった! マセラティ・ブーメランという衝撃作 …

【関連記事】ランボルギーニやロールス・ロイスなんて「一生触れる機会なし」でもなかった! 意外と簡単な庶民がスーパーカーを運転する方法.

もはやSFのような見た目もなんと実走可能なクルマだった! マセラティ・ブーメランという衝撃作の正体
この記事をまとめると■ジウジアーロがマセラティのためのデザインしたモックアップがブーメランだ■マセラティはブーメランをワンオフモデルとして走行できる状態まで開発を継続■斬新なスタイルのブーメランは世間の目をマセラティに向けさせることに成功さ…

紙ドライバーFのへなちょこ試乗日記 第14回 ランボの「ウルス」でクルマの聖地へ! 輸入車のプロ …

ランボルギーニの「ウルス」でクルマの聖地「箱根ターンパイク」にドライブに行ったら、某輸入車インポーター(欧州の)が試乗会を開催していた。

紙ドライバーFのへなちょこ試乗日記 第14回 ランボの「ウルス」でクルマの聖地へ! 輸入車のプロが試乗、感想は?(2022年6月21日)|BIGLOBEニュース
ランボルギーニの「ウルス」でクルマの聖地「箱根ターンパイク」にドライブに行ったら、某輸入車インポーター(欧州の)が試乗会を開催していた。小さなクルマや速いクルマを取り扱ってい…|BIGLOBEニュース
タイトルとURLをコピーしました