フェルスタッペンのF1カナダGP勝利の鍵は”最高速”ではなかった? – Motorsport

フェルスタッペンのF1カナダGP勝利の鍵は”最高速”ではなかった? – Motorsport

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペンのF1カナダGPの勝因は、最高速ではなく、コーナー立ち上がりのトラクションにあっ …

フェルスタッペンのF1カナダGP勝利の鍵は”最高速”ではなかった?
レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペンのF1カナダGPの勝因は、最高速ではなく、コーナー立ち上がりのトラクションにあったと考えている。

レッドブルF1、人種差別的発言を行ったジュニアドライバー、ビップスに対し職務停止処分を決定 …

現在21歳のビップスは2020年半ばからF2に参戦、昨年からハイテックGPに所属し、現在ランキング7位に位置している。今年のF1スペインGPでは、レッドブルは若手 …

レッドブルF1、人種差別的発言を行ったジュニアドライバー、ビップスに対し職務停止処分を決定。ビップスは謝罪 | F1 | autosport web
 レッドブル・レーシングは、ジュニアドライバーであるユーリ・ビップスがTwitchで人種差別的な言葉を使ったといわれる問題についての調査を開始、それに伴い、彼がチームのための仕事を行うことを当面禁止すると発表した。

F1チーム代表、フロアステー追加許可のタイミングに不満「チームが移動中に対応できるわけが …

FIAがポーパシング対策の技術指令を発表について、各F1チーム代表からはカナダGPに向けて対応ができないしたタイミングだったと批判の声が上がっている。

F1チーム代表、フロアステー追加許可のタイミングに不満「チームが移動中に対応できるわけがない!」
FIAがポーパシング対策の技術指令を発表について、各F1チーム代表からはカナダGPに向けて対応ができないしたタイミングだったと批判の声が上がっている。

2022年F1第9戦カナダGP決勝トップ10ドライバーコメント(2) – autosport web

2022年F1第9戦カナダGP決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、 …

2022年F1第9戦カナダGP決勝トップ10ドライバーコメント(2) | F1 | autosport web
 2022年F1第9戦カナダGP決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)だ。 ■スクーデリア・フェラー...

アルファタウリF1代表、FIAのポーパシング問題介入に言及「彼らが指標を作れば … – autosport web

アルファタウリF1のチーム代表であるフランツ・トストは、F1の新世代マシンの乗り心地が悪いと不満を漏らしているドライバーについて、泣き言を止めるか「家 …

アルファタウリF1代表、FIAのポーパシング問題介入に言及「彼らが指標を作れば負担を減らす方法を見つけられるかも」 | F1 | autosport web
 アルファタウリF1のチーム代表であるフランツ・トストは、F1の新世代マシンの乗り心地が悪いと不満を漏らしているドライバーについて、泣き言を止めるか「家にいる」かのどちらかにするべきだと述べている。 マシンのポーパシング、バウンシング、ボトミングや、それらがドライバーの健康に及ぼす長期的な影響についての現在進行中の議論...

メルセデスF1代表「ポーパシングはすでに解決」と主張。今の課題は乗り心地を犠牲にせずに …

2022年に導入されたF1新世代F1マシンは、グラウンドエフェクトの空力特性により、高速走行時に激しい縦揺れを起こす傾向にあり、各チームはこれに対する対処 …

メルセデスF1代表「ポーパシングはすでに解決」と主張。今の課題は乗り心地を犠牲にせずにパフォーマンスを発揮すること | F1 | autosport web
 メルセデスのチーム代表トト・ウォルフは、メルセデスはポーパシングとバウンシングを区別して考えており、前者についてはすでに解決しており、現在、後者への対処に取り組んでいると語った。 2022年に導入されたF1新世代F1マシンは、グラウンドエフェクトの空力特性により、高速走行時に激しい縦揺れを起こす傾向にあり、各チームは...

撤退一転、”レッドブル・ホンダ”電撃F1復帰の可能性…その2つのシナリオとは

2021年シーズンのFIA-F1ドライバーズ・チャンピオンシップを制した「レッドブル・ホンダ」が電撃復帰を果たすかもしれない。22戦が計画される2022年シーズ.

撤退一転、”レッドブル・ホンダ”電撃F1復帰の可能性…その2つのシナリオとは | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
2021年シーズンのFIA-F1ドライバーズ・チャンピオンシップを制した「レッドブル・ホンダ」が電撃復帰を果たすかもしれない。22戦が計画される2022年シーズ

F1チーム、FIAのポーパシング防止策に反抗…メルセデスへの事前通知を疑う – F1-Gate.com

F1チーム代表は、2022年の“ポーパシング(ポーポイズ現象)”に対するFIA(国際自動車連盟)の技術指令に反抗している。その中には、スクーデリア・ …

F1チーム、FIAのポーパシング防止策に反抗…メルセデスへの事前通知を疑う
F1チーム代表は、2022年の“ポーパシング(ポーポイズ現象)”に対するFIA(国際自動車連盟)の技術指令に反抗している。その中には、スクーデリア・フェラーリとレッドブル・レーシングがいる。彼らは、メルセデスF1が技術指令の内容を事前に通知していたのではないかと疑っている。これには、F1チームが2つ目の「ステー」をフロ...

メルセデスF1代表「ポーパシングはすでに解決」と主張。今の課題は乗り心地を犠牲にせずに …

2022年F1第9戦カナダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス) … 2022年に導入されたF1新世代F1マシンは、グラウンドエフェクトの空力特性により、高速走行 …

メルセデスF1代表「ポーパシングはすでに解決」と主張。今の課題は乗り心地を犠牲にせずにパフォーマンスを発揮すること(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 メルセデスのチーム代表トト・ウォルフは、メルセデスはポーパシングとバウンシングを区別して考えており、前者についてはすでに解決しており、現在、後者への対処に取り組んでいると語った。

F1チーム代表、フロアステー追加許可のタイミングに不満「チームが移動中に対応できるわけが …

F1アゼルバイジャンGPで今季開幕から取り沙汰されているポーパシングの問題に再びスポットライトが当たったことを受けて、FIAは1週間後のカナダGPに先立っ …

F1チーム代表、フロアステー追加許可のタイミングに不満「チームが移動中に対応できるわけがない!」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1アゼルバイジャンGPで今季開幕から取り沙汰されているポーパシングの問題に再びスポットライトが当たったことを受けて、FIAは1週間後のカナダGPに先立った6月16日(木)に、解決へ向けた技術指令
タイトルとURLをコピーしました